フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西レインボーパレード応援記053●好きな人と歩ける御堂筋に


 
 関西レインボーパレード2009の隊列に、毎年参加しているKO COMPANYフロートでは、ドラァグ・クイーンやGOGO BOYらが派手に着飾り、目を楽しませてくれます。

12●ZUMANITY
 

13●好きな人と歩ける御堂筋に
 

14●しみじみと歩いてる
 

15●道頓堀で、恒例の御堂筋大横断
 
第4回関西レインボーパレード2009 PLAYLIST

 ずっと直線コースでゆっくりと歩いて来た御堂筋を、ここで渡る時だけ、ちょっと走ります(笑)。休日の道頓堀は人通りも多く、最も多くの人の目に触れる場所でもありますね。さあ次回はいよいよゴール地点まで一気にまいります。FC2 同性愛 Blog Ranking


■関西レインボーパレード2009 映像掲載記事
050●中之島公園の朝。まるで当たり前であるかのように。
051●手を繋げば一人じゃない
052●「哀」
053●好きな人と歩ける御堂筋に
054●道頓堀MIX!
055●わざわざアイデンティティを言わなくてもいい空間

関西レインボーパレード応援記052●「哀」



 ポップで明るく笑顔あふれる雰囲気に満ちた関西レインボーパレード2009の隊列の中にあって、ひときわ異彩を放っていたのがこのグループ。黒字にピンクの文字で「哀」と描かれた旗の下、喪服で遺影を掲げて行進していました。その理由は・・・?

11●「哀」
 
第4回関西レインボーパレード2009 PLAYLIST

 ・・・すっげぇ~。「周りが明るく行くならば、私らだけはその裏にある『影』を表現してみせるっ!」と言わんばかりにクリエイターが魂炸裂してますね。ちなみに、このグループは昨年は「日々の生活に自由を!」というコンセプトで、餃子を作っていたあの人たちなんですよ。来年はどんな「尖り方」をしてくるのか、楽しみにしてますよ!

 ちなみに、映像で紹介された人たちを明記しておくと、マシュー・シェパードスーザン・ソンタグハーヴェイ・ミルクフレディ・マーキュリーヴァージニア・ウルフです。ヘイトクライムや自殺等で無くなった「クィアな人たち」というテーマで、イラストに描かれていました。FC2 同性愛 Blog Ranking


■関西レインボーパレード2009 映像掲載記事
050●中之島公園の朝。まるで当たり前であるかのように。
051●手を繋げば一人じゃない
052●「哀」
053●好きな人と歩ける御堂筋に
054●道頓堀MIX!
055●わざわざアイデンティティを言わなくてもいい空間

関西レインボーパレード応援記051●手を繋げば一人じゃない



 前回は中之島公園の朝の光景を紹介しましたが、いよいよ関西レインボーパレード2009が御堂筋を行進する場面です。

 まず、スタート地点の沿道に居た方が着ていた黒い法被の背中に書いてあった言葉が、目に飛び込んで来ました。「手を繋げば一人じゃない」。思い思いの格好や表情で行われた、数百人分の一大パフォーマンスを、ぜひご覧ください。

07●手を繋げば一人じゃない
 

08●何者にもならなくていい
 

09●BrassMIX!
 

10●カップルです。
 
第4回関西レインボーパレード2009 PLAYLIST

 今年は、年配のレズビアンカップルの参加が(目立った所では)2組も見られました。こちらの映像に出て来られる犬を連れたカップルと、もう一組。その、もう一組の方々はNHK教育テレビ「ハートをつなごう」の取材ということで参加されたようです。5月の東京プライドパレードでの収録の際に、「33年間のパートナーシップです。子どもを5人育てました」と手紙が読まれた「あの人たち」が、いよいよ番組に登場!ということになるようで、NHKの撮影クルーは2人の様子を密着して撮影していました。

 隊列の後半の様子は次回、ご紹介します。FC2 同性愛 Blog Ranking


■関西レインボーパレード2009 映像掲載記事
050●中之島公園の朝。まるで当たり前であるかのように。
051●手を繋げば一人じゃない
052●「哀」
053●好きな人と歩ける御堂筋に
054●道頓堀MIX!
055●わざわざアイデンティティを言わなくてもいい空間

関西レインボーパレード応援記050●中之島公園の朝。まるで当たり前であるかのように。



 現地に行ってみて走り回っている実行委員の姿を見るだけで、なぜか「初心」のようなものを思い起こさせられます。

 関西レインボーパレード2009が行われる10月24日(土)の朝。中之島公園の女神像前で、午後からのパレードに向けて無心になって準備に奔走する実行委員と、いつものように練習にいそしむBrass MIX!の人たちを見て、「あ。いつもの光景だ。」・・・そう思えることの、なんと贅沢なことか。終わってみてこうして映像を見返すと改めて感じます。これは決して「当たり前の光景」なんかじゃないんだと。

01●中之島公園の朝 
 

 この日を迎えるに当たって、どれだけの時間が費やされたか。どれだけの交渉が行われたか。走り回っても報酬がもらえるわけでもなく、名誉や地位が上がるわけでもない。形に残る「見返り」など、何一つないというのに。

 2006年の第一回関西レインボーパレードの準備段階から映像に記録させてもらうことで、僕のセクシャルマイノリティ当事者としての映像表現はスタートしました。あれから丸3年。さまざまな変化も目撃することになりました。

 他の地域に転居したり、諸事情で関われなくなった人もいれば、新しく加わった人もいます。そして、あの当時とまったく同じ役回りで、同じように輝いた表情とテンションで動きまわっているメンバーもいます。すっかり、継続を支える重要な「柱」になっているわけです。そんな存在があるからこそ、こうした「場」が今年も「まるで当たり前であるかのように」クリエイトされて行くことの奇跡。

02●エイサー演武
 

03●エイサー演武
 

 パレードの「顔」としての役割を担う「TOP☆STAR」。かつての呼称「共同代表」から含めて多くの人が、広報役としてそれぞれの個性で、各年度のパレードを彩ってきました。きっと、担った者にしかわからない重圧や、引き受ける時の葛藤などがあるのではないかと思います。一筋縄では行かない思いを乗り越えて迎えたパレード当日。襲い来る緊張と闘い、撥ね退けようと懸命になっている姿に、時に魅せられたりします。

04●TOP☆STAR・林もやしさんあいさつ
 
林 もやしの セクシャルマイノリ茶(Tea)

05●大阪府知事・市長メッセージ
 

 実は昨年から今年にかけて。実行委員で経験値の高いメンバーの転居が重なったことでスタッフ不足が深刻化し、一部のメンバーに多大な負担がかかっていたようです。しかし当日、転居したメンバーも含めて多くの人が遠方や近所から「当日ボランティア」として参加し、これまでの経験を生かしたり、初めてだけれども楽しみながらパレード運営をサポートしている姿がありました。

06●パレードスタート
 
第4回関西レインボーパレード2009 PLAYLIST

 数々の「支えたい」という思いが集結し、こうして形になって行く。パレードはいよいよ御堂筋へと歩き出しました。FC2 同性愛 Blog Ranking


■関西レインボーパレード2009 映像掲載記事
050●中之島公園の朝。まるで当たり前であるかのように。
051●手を繋げば一人じゃない
052●「哀」
053●好きな人と歩ける御堂筋に
054●道頓堀MIX!
055●わざわざアイデンティティを言わなくてもいい空間

関西レインボーパレード応援記049●継続は「力」なりとは本当だ

 10月24日(土)に開催された関西レインボーパレード2009ですが、800人の人が大阪の御堂筋を南下して無事に終了しました。やばい、足が筋肉痛~。日頃の運動不足を反省(爆)

 このご時世からか遠方からの参加者が例年に比べて少なかったようですが、今年はレインボーマーチ札幌の動員数も例年に比べて約200人少なかったこともありますし、不可抗力なのではないかと思います。新型インフルエンザの影響で大規模イベントの自粛・縮小が相次いでいる時期でもありますし、それにしては健闘した方なのではないかと個人的には思います。

 御堂筋の歩道には、パレードに「参加」というところまでは思わなくても「見に来て応援しよう」あるいは「とりあえず見に行こう」と思って待っている人たちの姿が少なからず見かけられました。それらしき人たちは、おそらく200人~300人は居たのではないかと思います。沿道から声援を送ったり、BrassMIX!の演奏にノッていたり、ドラァグ・クイーンやGO GO BOYに歓声を上げたり。また、沿道をパレードと並んで歩く「もうひとつのパレード」が、今年も100人単位で出来ていました(これって関パレの特長ですね。)

 こういう光景を見るにつけ、「当事者へのエンパワーメント」という意味では重要な役割を果たしているのではないかと思います。継続は力なり。続けていることで開催が「恒例化」され、新たに「見に行ってみよう」という人たちを生み出しているんだなぁと感じました。

 また、4回目ともなるとだんだん「同窓会」的な意味合いも持ち始めるんだなぁという発見もありました。第1回の時に出会った人や、第3回の時に知り合った人たちとの久々の再会の場にもなり、「久しぶり~!元気にしてたぁ?」と、お互いの変化あるいは「変わらなさ」を確認し合ったりして新たに出会い直す場としても機能していたように思います。この、なんでもない交流が実は、日常生活に戻った時にふと「力」を与えてくれる記憶になったりするんですよね。

 ゴールの元町中公園での風船飛ばしは16時30分頃に終了し、19時30分からは堂山のEXPLOSIONで、実行委員会主催の公式アフターパーティも開催されました。パレードの疲れもなんのその。2時間半もの間、実行委員メンバーの司会によるノンストップ・トークが繰り広げられ、観客はトークに耳を傾けたり、周囲とパレード体験談を語り合ったりと思い思いに過ごしました。

 そして今日。10時~元町中公園に集合し、御堂筋を今度は北上しながら「ゴミ拾いピクニック」が開催されるのだとか。前日のパレードについて自分が見たこととか、周囲の反響を報告し合ったりする場にもなるんでしょうね。

 年に一度、こうして集ってワイワイと楽しみながら、いつの間にかエンパワーメントされる。そんな場として今後もぜひ「継続」を!と切に願います。実行委員の皆さんありがとうございました。お疲れさまでした!FC2 同性愛 Blog Ranking


■関西レインボーパレード2009 映像掲載記事
050●中之島公園の朝。まるで当たり前であるかのように。
051●手を繋げば一人じゃない
052●「哀」
053●好きな人と歩ける御堂筋に
054●道頓堀MIX!
055●わざわざアイデンティティを言わなくてもいい空間

関西レインボーパレード応援記048●来ちゃいました。アフターパーティまで楽しみ~!

 本当は来れないはずだったのですが、来れたので来てしまいました大阪に(笑)。本日、御堂筋で13時から開催される関西レインボーパレード2009に参加します。

 2006年に始まったこのパレードも今年でついに4回目。すっかり定着しているのもボランティア・スタッフの方々の地道な活動が、ちゃんと継承されてるから。すご~い。皆が楽しむための「場」を設けるために汗を流している人たち、本当に御苦労さま&お疲れ様です!さあ、今年はどんな人たちが中之島公園女神像前に集結するのでしょうね。

 集合は13:00。パレード出発は14:00。ゆっくり歩いてゴールの元町中公園には15:30頃に到着。風船飛ばしがあって解散といういつもの感じのスケジュール。ほぼ直線のコースをのんびり歩けるのがこのパレードの特長です。



 公式アフターパーティのゲストトークは19:30~石川大我さん。20:00~鈴木謙介さん、21:00~一之瀬文香さんが登場するそうです。会場は堂山のクラブEXPLOION。司会の綾さん(トランスジェンダーMtFレズビアン)のトークも面白そうですよ~。綾さんってのは昨年の映像に出てきたこの人。

関西レインボーパレード2008●30●綾さんインタビュー
 
関西レインボーパレード2008 PLAYLIST

 あ~楽しみ。FC2 同性愛 Blog Ranking

関西レインボーパレード応援記047●ブックフェアやってるんだって~。

 10月24日(土)に迫ってきた関西レインボーパレード2009。

 実は僕、YouTubeデビューが2006年の関パレの宣伝映像からだったということもあり、東京在住の割には関西方面の友人・知人が多いので、ものすご~く行きたいんだけども・・・土曜の昼に開催だと、仕事の調整が付かないんです~残念。身体は行けなくとも心から成功祈ってますよぉぉ~!

 

 そんでもって今、「ジュンク堂梅田ヒルトンプラザ店」にてパレードを記念するブックフェアをやっているのだとか。広報映像がYouTubeにアップされているのですが、何が本棚に並べられているのかが見えそうで見えない。キーッ!!。肉眼で確認しに行きたくなるじゃないかぁ~っ!(そういう広報戦略だったりして。爆)FC2 同性愛 Blog Ranking

関西レインボーパレード応援記046●2009年は10月24日(土)開催

 毎年、大阪の御堂筋を1000人規模で行進する関西レインボーパレードも、早いもので今年で4回目。その開催日が10月24日土曜日に決まったそうです。翌日が休みなので、アフターパーティや堂山での「飲み」など、ゆっくりと楽しむことが出来ますね。

公式ホームページ

 実はこのブログのYouTube映像って、2006年に開催された第1回の関西レインボーパレードの告知と、成功の様子を伝えたいがためにスタートしたんですよ。

 当時はほぼ実務経験が無い人ばかりだったボランティアの実行委員の人々が、すごく大変な思いをしながらも楽しみがら作りあげていく過程を見させていただいたので、こうして毎年恒例のイベントとしてすっかり定着しているのは本当にうれしいです。いろんな人の汗と涙のおかげで続いてるんですよね。

★特に好きな映像・・・関西レインボーパレード2006 出発へのカウントダウン

 

関西レインボーパレード2006 PLAYLIST
関西レインボーパレード2008 PLAYLIST

 ・・・2006年当時はYouTubeも始まって初期の頃だったので、まだ解像度が粗いですね~(古いフィルムを見ているかのような感覚すら憶えます。爆)。

 さて今年もそろそろ準備が本格化しているようで、9月6日(日)には第1回ボランティアミーティングが開催されるそうです。大阪近辺で興味のある方、いろんな人と知り合うチャンスですよ。FC2 同性愛 Blog Ranking

関西レインボーパレード応援記045●出会いの宝庫よ、来年以降もどうか変わらずに



 アニメ「巨人の星」の星飛遊馬が投げたボールが放送時間いっぱい使ってもキャッチャーミットに届かないのと同じように、当ブログでの関西レインボーパレード参加者の映像も、なかなかクライマックスに到達しなくてイライラした方がいましたら御免なさい。今回で本当にフィナーレとなります。

 ゴール地点の公園でBrass MIX!の演奏を聴いた後は、滑り台の上が急ごしらえのステージとなり、クロージングセレモニーが始まりました。滑り台をステージにするのは一昨年の第1回パレードの時点では予定にはなく、砂場で小じんまりと行う予定でした。しかし当日、実行委員会の想定をはるかに超えた人数が集まったために司会を担当していたkkjkさんが機転を利かせて変更したもの。以来、ここで行うのがすっかり定番となったようですね。(当時の映像はこちら。

26●TOP★STARクロージングあいさつ
  

 さてこの直後に恒例の「風船飛ばし」が行われるわけですが、滑り台の上から見た光景はやはり壮観だし、カメラマンとしてそのポジションだけはゆずれないっ!。そう思った僕は早くから、撮影予定位置に自分の荷物を置いておき、タイミングになったら急いで移動しようと意気込んでいました。なぜなら、一昨年に先ほども紹介した映像を撮影した時には何人ものカメラマンが争うように滑り台の横に乗り、ちょっとした「バトル」が繰り広げられていたからです。

 しかし今年。その絶好の場所に乗って風船飛ばしを撮影したのは・・・なんと僕一人でした。ゲイ雑誌のカメラマンとか、取材に来てなかったってことなのでしょうかね?。ちょっと拍子抜け~(笑)。

27●風船飛ばしカウントダウン
  

 そう言いつつこの僕も、すでにこの景色は「見たことがある光景」の繰り返しに感じられてしまったことは確かであり、あまりドキドキせず予定通りの映像を、冷静に収めたという感じでした。きっと初参加の人にとっては「超感動」の瞬間なのでしょうけど、あちこちでパレードに参加してると、このように「スレた感覚」を持つようにもなっちゃうんですよ~。(←スミマセンねぇ嘘が付けなくて。)

 クロージング・セレモニーは、オープニングと同じく無駄を徹底的に省いて必要最小限のプログラムだけであり、ソツなくあっという間に終了したという感じでした。

 近隣住民の苦情を最小限に抑えたいという事情もあったようではありますが、「第3回目の開催」となると、いわゆる安定期に入るわけですから、こういうものなのかもしれませんね~。このまま「大いなるマンネリズム」を極める路線に進むのか。それとも「新たな挑戦」を選ぶのか。それは今後、実行委員会に名乗り出て実務を引き受ける人たちが選びとることなんですけどね。僕は・・・別にどっちでもいいと思います。スタイルが云々ということよりも、開催され続けているということだけで、本当にスゴイことだし価値のあることだと思いますから。

28●松本タクミさんインタビュー(TOP★STAR)
  

 松本タクミさんとは、昨年の尾辻かな子さんの選挙の頃から大阪に行けば会える顔馴染みでした。でも、まさか翌年にこんな風に「パレードの顔」を自ら引き受けるようになるとは思わなかったので、今年の彼の行動には「すごい~」と驚かされてばかりでした。特に、当日の髪型や格好がコンセプトに則って演出されており、こうしたことからも今年の関西レインボーパレードの広報には戦略性を感じましたね。コーディネートを担当していたのは「相方さん」だったそうですよ。(アテられちゃった。笑)

29●キタグチアサミさんインタビュー+Junchan
  

 キタグチアサミさんは、こういう活動は「ベテランなんじゃないか」と思うほどの風格を感じさせられるTOP☆STARぶりでしたが、なんと今年になってからレズビアン・コミュニティに接触をはじめたばかり(いわゆる「デビュー」と呼ばれるやつ)なのだそうで・・・。信じられません(笑)。ものすごいタレント性を持った人ですね~。話していると自然にこちらを笑顔にさせてくれる。そんなパワーを持った人でした。

 そして映像の後半に突如登場し、キタグチさんのコメントを一緒に取材していたJunchanは、この秋からAll about同性愛のガイド役を、前任の歌川泰司さんから引き継いで担当することになったそうです。All aboutは、自分がゲイだということを認めた初期の頃にネット検索で知り、エロ情報だけではなく様々な知識も得られるサイトとして、ゲイ雑誌を買う勇気が無い頃に本当に助けられた憶えがあります。今でもそういう人、たくさん居ることでしょう。これからもサイトが継続すると知ってホッとしています。

30●綾さんインタビュー
  

 そして最後はこれまで、関西に行くとしょっちゅう顔を合わせてきた綾さんにインタビューしました。たぶん最初に会ったのは昨年1月に大阪・堺の尾辻かな子事務所で開かれたLGBTの家族と友人をつなぐ会の時だったと思います。当時はけっこう切羽詰まった尖ったオーラを発している人という印象で、「週末に女装をすることで、なんとか生きていくことが出来ている」と、激しい口調で語っていたのが印象的でした。

 その後、神戸パレードや今年5月の愛ダホKOBEでも会い続けているのですが、昨年に比べると会う度にキャラクターがどんどん柔らかくなり、ファッションの色柄やセンスが、だんだん明るくなってきているという変化を感じていました。

 そして今年はなんと、関西レインボーパレードの先頭で緑色のカラフルな着物を着て、「垂れ幕」を持って歩いているではありませんか!。これまでの経過を見ている者としては、とても気持ちよく清々しい驚きを感じました。ありがとう綾さん。

 僕がこうしたパレードに、今年またどうしてこんなにたくさん参加するようになったのか。それはきっと、このような友人が増えたことも確実に影響しています。「あの人どうしているだろう」「どんな気持ちでこの間、過ごしたんだろう」。そのことが確認できる貴重な機会になっているんです。会って顔を見さえすれば多くを語らずともわかりますし、生き生きとパレード運営に奔走している仲間の姿を見るだけで、理屈を超えた部分でのエネルギーが、自分にたくさん注入されるのです。

 つまり、自分のために行っているんですね~。映像を撮ってこのブログに載せるなんてことは、そこに副次的に付いてくるものにすぎません。

 こういうきっかけでもないと、なかなか顔を合わせられない仲間がいます。たしかに、インターネットやSNSで繋がり合ったりしているけれど、リアルで交流する豊かさにはかないません。だからどうかこれからも新たな出会いの宝庫として、そして大勢の仲間と白昼堂々、楽しく場を共有できる機会として。ぜひパレードには継続し続けてほしいです。そのためには現実問題、運営するスタッフが必要なんですよね。

 今年の実行委員の皆さん、本当に本当にお疲れ様でした!そして、話しかけてくださった皆さん、どうもありがとうございました。僕はこれからもこんな感じで「ゆる~く」好き勝手な感じのレポートを、このブログに載せ続けようと思います。「大いなるマンネリズム」として。(爆)FC2 同性愛 Blog Ranking

関西レインボーパレード応援記044●Brass MIX!渾身の演奏!



 都会に住んでいると日頃は運動不足になりがちで、パレードのコースを歩いただけでバテバテになってしまった僕ですが、ゴールの公園でBrass MIX!のパワフルな演奏を聴いたら理屈じゃなくパワーをもらい、クロージングセレモニーもしっかりと撮影しようという気力が復活しました(爆)。



 実は僕もかつては吹奏楽部だったので、彼ら/彼女らの高揚する気持ちがわかります。学生時代に一度身につけた「楽器演奏」の技術というものは身体がしっかりと覚えているもので、たとえ長いブランクがあったとしてもすぐに勘が戻るんですよね。そして、かつての「義務感」のようなものからは開放され、純粋に「好きだから」という理由で自発的に演奏することの楽しみに気付く。更にそこに、自らの存在や本音を大っぴらに開示できる全国の仲間たちとの交流が生まれるわけですから・・・そりゃあ楽しくないわけがないでしょう!

25●Brass MIX!おかえりさない演奏
  

 昨年は「どんだけぇ~」の流行発信地になってバラエティー番組にも多数出演したBrass MIX!の皆さんですが、今年は東京プライドパレードは延期、レインボーマーチ札幌は諸事情で参加できず。関西レインボーパレードが、唯一の「パレード参加」となりました。僕はやっぱり思いましたよ。先頭に「Brass MIX!」が居た方が、圧倒的に「画になるなぁ」って。FC2 同性愛 Blog Ranking

関西レインボーパレード応援記043●日常におかえりなさい



 ・・・っていうか、このブログでのパレード掲載、何週間かかってんだろうというのは置いといて。(爆)。実際には2時間弱で着くゴール地点では「おかえりなさい」の横断幕を持った実行委員がお出迎えです。

 出発地点とゴール地点が違うのに、なんで「おかえりなさい」なんだろうと一瞬思ったりもしますが(爆)、パレードの場が「ハレ=非日常=祭り」という心理的位置づけになりがちな現代の日本では、ゴール地点が「ケ=日常」という捉え方も出来るわけですね。そんな風にパレードのゴール地点で「ホッとする感覚」からは、さっさと卒業したいものなんですけどねぇ・・・社会の方にさっさと変わってもらって。(←またボヤき節ですか?笑)

24●日常におかえりなさい
  

 しっかしBrass MIX!の人たちは元気ですねぇ。ただ歩くだけでもかなり大変な長距離コースを、重たい楽器を吹いたり叩いたりしながらずーっと行進した後は、休む間もなくゴール地点でフィナーレ演奏。



 でも当人たちは演奏が終わっても、ちっとも疲れている様子を見せないんですよ。やっぱり人って、好きなことをするのが一番なんですね。水を得た魚のように輝いているBrass MIX!の皆さんの演奏は、次回も載せますよ~!FC2 同性愛 Blog Ranking

« BACKHOME | NEXT »

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。