フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇族は生きている035●伊藤文学・創刊の頃を語る02●「レズビアンテクニック」→「ホモテクニック」を経て薔薇族へ

 60年代後半。まだ弱小出版社だった第二書房。他社が手を出していない「ニッチな」分野で、なんとかヒットを飛ばしたい。そんな思いで伊藤文学さんが見つけたのが、「同性愛物」の単行本の発行でした。

 文学さんの前回の話にも出てきましたが、当初は男性同士の性について描こうとしたという単行本。しかし、さすがに当時は 「男同士の本を出すのは勇気が要った」そうで、「それなら『レズビアンで行こう』」ということになったというのが…いいかげんというかなんというか(笑)。

 そんなこんなで『レズビアンテクニック』という本が、まず出版されることになります。いわゆる「エロ目的」のノンケ男性をも読者ターゲットにしていたようです。結果、見事にヒットして、いよいよ『ホモテクニック』の出版が実現するという流れになるわけで…。なんなんだこのテキトーぶりはっ!(爆)。…いやぁ~歴史って、本当に面白いですねぇ~(←水野晴郎風)。

  

 間宮浩さん、藤田竜さんなど、いよいよ薔薇族誌面が生んだ「スター」の名前が登場しはじめましたよ。各人の強烈な個性がぶつかり合って、初期薔薇族は試行錯誤を繰り返しながらの発行を開始します。けっこう生ナマしい出来事がいっぱいあったみたい。次回以降の文学さんの話をお楽しみに!FC2 同性愛Blog Ranking


■メールマガジン「MILK」さんが、自力復刊薔薇族のことを紹介してくださいました。ありがとうございます!→ 【今月の新刊】『薔薇族』自力復刊第二号(通算393号)

■薔薇族の最新情報mixi「伊藤文学◎薔薇族◎第二書房」コミュをチェック!。セクシュアリティーを問わず入会お待ちしています。

■タイムマシーンマガジン「自力復刊薔薇族」第1号と第2号は以下のお店で発売中
池袋→「BIGGYM(ビッグジム)」池袋店  
上野→「BIGGYM(ビッグジム)」上野店
神保町→すずらん通り「書肆アクセス」
中野→中野プロードウェイ3F「タコシェ」
■通販も承っております。購入方法は伊藤文学さんのブログを御覧ください。
月刊『薔薇族』編集長伊藤文學の談話室「祭」
■関連映像→薔薇族城落城Playlist
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/978-b27eda31

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。