フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾辻かな子さんWe're OK!048●公認後、はじめての街頭~高田馬場にて01●大きな一歩



 23日(水)。高田馬場駅の街頭で、民主党青年部主催の街頭演説が行われていました。尾辻さんにとっては公認決定後、初めての街頭での活動です。

●尾辻かな子さん・高田馬場の街頭にて01●大きな一歩
  

 な~んか、こうして「民主党」と大書きされた車に乗っている尾辻さんを見るとやっと、「公認されたんだなぁ」という実感がビジュアル的に湧いて来ますね~(笑)。

 ちょっと残念だったのが、この日の人手の少なさ。高田馬場駅前の夕方といえば普段は早稲田大学の学生で、ものすごい混雑ぶりなのですが・・・あいにく23日は「はしか騒動」のために大学が休校中。駅前広場には待ち合わせ顔の学生達と、仕事帰りの人々が「まばら」に通り過ぎていたという感じです。

 そういえばこれまで僕が見て来た尾辻さんの演説は、「LGBT当事者が多く聴いている環境」で行われたものばかりでした。今回のように、大多数の人々が尾辻さんのことを「知らないであろう環境」で演説する姿を見るのは初めてです。

 新聞やテレビで何度も取り上げられている関西地区に比べ、東京での一般的な知名度は高いとは言えません。LGBT問題に関心を持っている人でない限り、知られていないと思います。尾辻さん本人も、そのことを前提にしての語りかけを行っていました。

 行き交う人々の反応や表情などを注意深く見ていたのですが、残念ながら話の中身を「ずっと聞いている人」は、わずかしかいません。まあ、そんなもんですよね。僕だって普段、こういう光景を見たとしても気にも留めずに通り過ぎていますから(笑)。街頭活動というのは、その「ほんの数秒しか話を聴かない人々」に対して、いかに名前とポイントを売り込むのかが勝負になるようです。民主党の他の候補者の演説等も見ながら、「記憶に残りやすい演説。残りにくい演説」というのは確実にあるなぁと、観察させてもらいました。

 尾辻さんの場合は、やはり「同性愛者」「マイノリティーだから見えること」「違いを認め合う社会に」「女性として」「若者として」などのキーワードが、ポイントになってくるのでしょうか。本人も今のところ、その辺を探りながらの演説だったようです。また、こうした「街頭演説」という手法が尾辻さんにとって有効なのかどうかも、議論の余地があるのではないかと感じました。

 次回は、この後同じ場所でもう一回行われた演説を、御紹介します。駅前広場の学生達の中で三脚を立て、あえて「混ざりながら」撮影してみました(笑)。

尾辻かな子さんNEWS
●5月27日(日) 15:00~
第1回サポーターミーティング開催!
●6月3日(日) 17:00~
パートナーの木村真紀さんと同性結婚式
●6月9日(土) 14:00~
パフナイト「おっつん、レズビアンカルチャー言いたい放題ー テーマは「萌えよレズビアン」―」
↑これ、おもしろそう~
(ゲイだけど見に行きますぅ~。笑)

公式サイトがリニューアル
「Running to the rainbow」発売中!
mixi「頑張れ☆おっつんコミュ」
サポーターサイト「OK!」

FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

・・・・・

民主党の旗と民主党青年部の人達に囲まれて、民主党の人達とお揃いの黒のスーツで演説するおっつん。演説の中で「”民主党”に力を貸してください。」と言うおっつん。・・・正直、ものすごく違和感があります。この映像、私はとても痛々しく感じました。私は自由奔放なおっつんが大好きなのに、なんだかカゴの鳥みたいで・・・
「民主党」という組織の中で、貴女は本当に貴女らしく輝けるの?「民主党」は貴女の選んだ道だし、私は貴女を信じてるけど、でも・・・貴女の今後のことがとても心配です。

私の動画を見た感想はどちらかというとJFMさんと逆?です...

本当の意味で見える形になる一歩だったかなと感じました.選んだ政党が民主党であることが良いか悪いかは分かりませんが,これまでのセクシャルマイノリティーの前での演説では,そちらの方が何かカゴの鳥?のように見えてました.もちろんそちらが盛り上がらないと元も子もないですが,それだけでは内輪の祭りにしか見えないのです.
言ってしまうと,(私は府議会議員活動をあまりしらないので)今回やっとスタートを切った感じさえ覚えました(偉そうですが).

郷にいれば郷に従え?ではないですが,政党に公認された候補(予定)者が政党のマニフェストを応援するのはとても自然なことです.そのことで尾辻さんの言いたいことが言えなくなったり,尾辻さんの良さが消えてしまうのであれば,それは困ったことで,心配があるのはとても理解できます.でも,その心配より,同性愛者が政党に公認されるというメリットの方が大きくないでしょうか.まずこの時点で大きな第一歩だったと思うんですよ.

●JFMさん。

尾辻さんのことを心から心配していらっしゃるんですね。
僕は彼女の選択をとりあえずは応援しようと思ってます。

●tuiさん。

大きな第一歩を、さらに二歩目、三歩目につなげたいです
どうせなら。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/860-4d170957

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。