フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾辻かな子さんWe're OK!044●事態はそれほど甘くない。ネット時代の「情報隔絶」現象



 夏の参議院選挙に民主党の公認で出ることが決まった尾辻かな子さんの記事が、本日付の朝日新聞4面の「政治面」右下に、2段抜きの記事で掲載されています。この歴史的な出来事をぜひ、チェックしてみましょう~。

 さてさて。今でこそ連日のように尾辻さんのことを書いているこのブログですが、初めて書いたのはいつの事だったのか気になったのでブログ内検索をしてみました。するとなんと・・・最初は2006年1月のNewsweekの時だったんですねぇ~(爆)。

キオスクで躍る「ゲイ」の文字・・・今週の「Newsweek日本版」はゲイ特集
(2006年1月20日の記事)

 この時点ですでに、このブログを書き始めてから7ヶ月も経っていたというのに、その間に僕は一度も「尾辻かな子」と書いていなかったわけなんです。恐らく存在すら知らなかったのではないかと思います。

 僕が一度も尾辻さんのことを書かなかった期間。尾辻さんは2005年の夏にTLGPでカミングアウトをしています。つまりそんな「LGBT界の大ニュース」でさえも、当時の僕には「まったく意識されなかった」らしいのですっ!(←スゴすぎ。笑)。

 当時の僕はゲイ雑誌を買っていなかったし、このブログを書くことでしか「ゲイであること」を意識する時間を持っていませんでしたから無理もありません。それにしても・・・なんという情報感度の鈍さだったんでしょうねぇ(爆)。

 ちなみに・・・Newsweekで尾辻さんの存在を「うっすらと」意識したものの、その後も僕は政治的なものに対して全く関心を持たなかったようで、「ブロークバックマウンテン」に関する記事を連発したりなんかしてました(爆)。次に「尾辻かな子」と書いたのは、それから4ヵ月後の2006年5月18日。IDAHOの新宿での活動を見に行った体験談の中でした。
LGBT可視化に向けて002●おさえてしまった気持ち

 この4ヶ月の間にも尾辻さんはレインボートークで各地を廻ったりしていたようですが・・・僕は全然知りませんでした。今の僕だったら間違いなく撮影してYouTubeにアップしていることでしょうがね(爆)。いやぁ~。ネット時代というものは、自分に関心のある情報にしか触れずにすんだりしますから、こういう現象が起こってしまうわけです。つまり「興味のあること」によって情報が隔絶されやすい んですね。ましてや一般マスメディアにLGBT当事者が取り上げられるのは、非常に稀なことです。こう考えてみると、LGBT当事者の中で尾辻さんが参院選に出ることについて現在、どれだけの人が知っているのか 不安が頭をよぎります・・・。

 及川健二さんが先日オーマイニュースインターナショナルで書いた記事には、民主党関係者の次のようなコメントが紹介されています。

「民主党の比例では1人の候補が当選するために、約10万の有権者に『個人名』を書いてもらう必要があります。尾辻さんは関西ではそれなりに知名度があり、人口の数%を占める同性愛者の票も見込めます。しかし、それだけでは票が足りない。労働組合など組織の支援が必要不可欠です。ただ、2004年の参院選のように、民主党に風が吹いて大量得票すれば、組織なしでも当選できるかも知れません」

 約10万の有権者に『個人名』・・・ですか。このことを知り、気付いている一人一人が相当に危機意識を持って広めていかない限り、到達できない数字でしょう。情勢は甘くないような気がして来ました。なぜなら一年前までの僕のように「政治に興味も関心もないLGBT当事者」って、決して少なくないはずですから。

 尾辻かな子さんは5月17日のIDAHOの日に、新宿2丁目の尾辻かな子事務所で記者会見を行うそうです。まずはどれだけのマスコミによって取り上げられるのか。どのように報じられるのか。どれだけの話題を喚起できるのかに注目しましょう。もちろん、その後も含めて話題を喚起するのは他人事ではなく「自分の問題」なんだという意識を持ちながら。
 7月22日まではあと68日です。
FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

応援の工夫がいるね!

神戸お疲れ様でした!会えてうれしかった~。お互いまた時間があればゆっくりお話もしたかったですね。さーて、尾辻さんの公認すばらしいよね!先の地方選挙の結果が思った以上に当事者票が動かなかったというのが俺にとっても相当なショックでした。ゲイコミニティといいますか、イベントなどに参加する当事者はごく一部なんだと思います。バーとかに出ているのをあわせても・・。でもその人たちが一人10人くらいに声をかけていけば違ってくるに違いないけど、それほどのパワーがいるように思う。その過程でクローズドな方にも情報が伝わって、意識の変化にもつながれば良いなあ。とりあえずリーフレットを全国で配ってくれる支援者を募集していますよね。しかし、どう伝えていけば良いかなあ~。その方法をずっと悩んでます。

僕らが国政に何を求めるか――が大事です

 こんばんは。
 僕のコメントは長くなる傾向があるから、本当はTBしたかったんだけど、もしかして、設定を外されましたか? (^^;スパムが横行しているからね。

 尾辻さんを応援しますよ。それは同じ。
 ただし、民主党が本当は何をどう考えているのか、冷静に見て行きましょうね。僕がいいたいのは、簡潔に言うとそういうことです。

 http://tapten.at.webry.info/200705/article_9.html

 当選するための当選を目指すのではなく、僕らが何をどうしたいから尾辻さんを応援し、当選させるのか。
 それをみんなそれぞれ具体的に考えましょう。
 ただ、漠然とLGBT国会議員を誕生させたいからでは、もったいないし、力強い運動にならないでしょ?

 うっかりすると、大政党の身勝手に翻弄されてお終いになりかねません……から。

●ゲイリーマンのカミングアウト的思考さん。

神戸で会えて嬉しかったです~。でも・・・すみません僕が撮影者モードに入っていたせいで
あまりお話できませんでしたよね(爆)。あとで気付いて、かなり後悔しました。
また別の機会にゆっくりお話したいです。NPOのこととか、聞かせてください。

尾辻さんのことは、事あるごとに話題にしていくことが大事なんですが、
一般社会で「ノンケ」の振りをして過ごしているときに、それは出来ませんよね(笑)。
だからなかなか難しいんだけど、
「ノンケ」の振りをしないでもいられる相手と会った時には必ず話題にする位のことを、
続けていくしかないんだと思います。

●円山てのる さん。

僕は尾辻さんが当選したら、教育現場に「同性愛」という言葉を浸透させて
当事者の若者たちが自殺を考えたりしないで済むように
教師達に正しい知識を持ってもらうことを、進めて欲しいです。
尾辻さんは以前から、このことを何度も言っています。
だから僕は応援しています。

あと、多様なパートナーシップのあり方を尊重する社会にするべく、がんばってほしいです。
このことも尾辻さんは以前から、何度も何度も語っています。
だから僕は応援しています。

たしかに大きな政党の中に入ると縛りもあるでしょうが、
尾辻さんならばその中でも、きっと積極的に様々な政策を提案することでしょう。
そう期待できる人間性を知っているからこそ、応援しているんです。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/845-f87a29ac

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。