フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2018-02
« 12345678910111213141516171819202122232425262728 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学時代、ゲイを演じることになり・・・12

先輩が話を通しておいてくれたので、稽古場では形だけのキスとなりました。
つまり接近はするのですが唇は付けず、ギリギリのところでずらしておくのです。僕はそれだけでも緊張して、息を止めて目をつぶって硬直していたのですが・・・何回かやってるうちに徐々に慣れてきました。
役者というものは稽古を重ねるほどに、だんだんと役の人物の内面を自分のカラダでも実感しはじめ、心が動きだすものです。頭で解釈していたものが「自分のものとなる」瞬間です。僕も先輩も、だんだんそういう気分が出せるようになって来ました。
稽古場でやる最後の通し稽古の頃には、かなり先輩のことを愛しく思う感情が芽生えて来ていたように思います。これは役者としては歓迎すべきことです。でも、素の状態でも先輩を見るとドキドキしてました(笑)。そして、あの唇とキスができるということが、ひそかに楽しみになってきました。

先輩は本当に優しい人です。
稽古でのキスシーンでは唇をつけないので、固くなっている僕にこっそり変な言葉をささやいてリラックスさせてくれました。役者って、こっそりふざけたことが出来るくらいにリラックスして演じていた方がいいものなんです。先輩はそういう意味でもリードしてくれます。
はじめの頃は「やってらんねぇ~」とか「早く帰りてぇ~」といった演出家に対するグチが多かったのですが、だんだん内容が変わってきました。
「早くしたい。」とか「やっちゃおっか。」とか、色っぽい言葉で僕を動揺させるようになってきたのです。
僕は照れ隠しで「ダメ」とか「ヤダ」とかその場は返してたのですが、だんだんそれが楽しみにもなって来ました。

校内での稽古は終わり、いよいよ劇場へ。舞台の仕込みが終わり、いよいよ照明の中で最終リハーサル(ゲネプロ)です。衣裳もメイクも本番どおり。

その頃には、僕はすっかり先輩のことが好きになっていました。


FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

情ってありますよね。僕は同じチームで非常にハードな仕事をしていた後輩(男)に、気が付いたら恋愛感情をもってしまい、、、人生に修羅場ってあるなあと実感したことがあります、笑

ドキドキ。あぁそしてどうなるの?あぁ~~~~~~~~~~。
すいません。少々興奮してしまいました。
リードしてくれる方って本当に素敵ですよね?
それもさりげなくって所に弱いんです。
同じ立場なら私も好きになってます、先輩の事を。

よく一緒に演じた役者さんが結婚するって言う気持ち、分かった気がする。
そして・・・いよいよ本番に向かってきましたね!!
ドキドキします!!はたして・・・舌は入れたのか?って、そこまでせんわな・・・

(*ノωノ) イヤン
・・・先輩ってカッコイイ人なんですねぇ(内面)
外見はどんな感じだったのですか?
好みでしたぁ? ドキドキ・・・                      空。

わぁ~何気に羨ましいファーストキッス♪
しかも惚れただなんて・・
やっぱりキッスしちゃうんですよね!
とっても良いファーストの思い出でじゃないですか!

●鍵コメさん。見つけていただきありがとうございます。
どんどん遊びに来てください。
●RYUくん。
その後輩は、異性愛者だったんですね。あぁ・・・そういうのわかる。
「行き場のないこの思いをどうしてくれるっ!」と叫びたくなるけど、
ほんのちょっとでも可能性がないのかと探ってしまう。
やっぱり不可能だと悟らされた時のむなしさ・・・。
・・・似たような経験があるのでリアルにわかります。
でも、修羅場って・・・なに?告白してしまったとか?

● jyubonさん。
リードされるのって、誰しも持っている願望ですよね。
無理やりにでも奪って欲しい!っていう、ちょっとしたM志向(笑)。
そうした願望をちょっとずつくすぐるのが非常に上手な先輩でした。
・・・そうやって女性を口説いてるからモテてたんだろうなぁ。
いろんな人と浮名を流してました、次から次へと。
しかも、別れた後の人も不思議と「悪口」を言わないんです。
天性のプレイボーイでしたね。
●モッさん
そうだね、共演者が結婚することって多いよね。
役を通して、自分ではなかなか出すことが出来ない本音を出すことが出来るから、
演技って、人と人を深い部分で通じ合わせられる仕組みでもあるんだよね。
はたして、舌は・・・。ふっふっふ(笑)。

●空さん
先輩の外見は・・・さらさらヘアーでちょっと茶髪に染めてて
わりとがっしりしていて犬顔でした。
真面目というよりは「軽い」感じの人で、いつも笑わせてくれました。
・・・スゴイなつかしい。今はなにしてるんだろう。
●pinkaponさん。
当時は一生懸命「役を通して惚れてるんだ」と自分に言い聞かせて
稽古をしていました。
でも本番って7回も公演があったから、
やっぱりね、気持ちも乗ってくるし・・・。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/83-b708ddca

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。