フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石坂わたるさんのチャレンジ030●ゲイだからこそ、できることがある。

 こちらの映像で登場しました石坂わたるさんの新しいチラシの裏面に掲載されている「石坂わたるのキモチ」の文章を御紹介します。



 僕はピンクレディーのレコードを子守唄に聴きながら育ち(笑)、「オカマ」といじめられたり、女の子がしたがるような遊びばかりやってるような子どもでした。5年生の頃にゲイだと気づきました。そこから何年も、誰にも相談できずに悩み、中学のとき、なんだか自分がものすごく無価値な人間だという思いにとらわれて、社会の役に立ちたくて、ハンディキャップを持つ人のためのボランティアに参加しました。そのとき感じた充実感が、養護学校教員になるキッカケでした。

 高2のとき、本気で男子に恋をして、初めてカムアウトしました。「恋愛はできないけど、君が同性愛者なのはかまわないよ」と、ずっと友達でいてくれました。その後、ふっきれたように友だちや両親にもカムアウトしました。親とは初めはケンカばかりしてました。母親に泣かれたのは今でも忘れられません。でも、母親は本を読んで勉強してくれたり、母の友人が説得してくれたりして、だんだん理解してくれるようになりました。10年以上経った今は「同じ悩みを持つ方のためにできることをしたい」と、講演会にいっしょに出たりするようにまでなっています。

 それからゲイサークルやパソ通でゲイの友達を作り、高3の夏に初めてパレードに参加して「こんなに仲間がいるんだ!」と感動を覚えました。大学時代はゲイのジョギングサークルFront Runnerを立ち上げたり、ゲイゲームズ@アムステルダムで走ったり、AGP(ゲイの医療・福祉等の専門家グループ)やMASH東京(HIV予防啓発団体)にも関わり、活発にいろんなことにチャレンジしました。

 卒業して養護学校教員となり、現在のパートナーと知り合い、同性パートナーの法的保障について考え、行動するようになっていきました。ゲイにとって政治がとても大切だという気持ちを強くし、東京メトロポリタンゲイフォーラム(TMGF)を立ち上げたのでした。

 僕が区政に挑戦しようと決意したのは、昨年7月に起こった新木場での暴行事件がきっかけでした。加害者の若者は「ゲイだから届け出ないと思った」と語りました。2000年の殺人事件のときと何も変わっていなかったのです。学校教育で同性愛者の人権について取り上げてほしいと東京都に訴えました。そして、自分も立ち上がらなければいけないと決意したのでした。新木場に限らず、ゲイであることを苦にし、あるいは将来に希望が見いだせず、自らの命を絶ってしまうという悲劇もまだ続いています。僕らの仲間の命がもうこれ以上失われないよう、僕は闘います。

Photo:Hiroki Taguchi/Design:Keizan Kano
協力:尾辻かな子サポーターズネットワーク
FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

応援する、頑張れ。

君らのような、正義感と自由な考え方の人達が、日本社会でのゲイの市民権を得ることに
貢献するだろうと信じる。1つのハードルが高過ぎても、別の方向でも頑張れよ。37才・男

Authorization

島田 暁san

kon ni chi wa

In order to report 石坂わたる in Taiwan,
I need your this photo.
http://blog-imgs-18-origin.fc2.com/a/k/a/akaboshi07/20070413122321.jpg
Could you permit it?



台湾の報道のために
島田 暁さんが撮る写真は必要、
http://blog-imgs-18-origin.fc2.com/a/k/a/akaboshi07/20070413122321.jpg
使用権許諾にご同意いただけますか?





thank you very much

hiroshi

●hiroshiさん

お問い合わせいただきました画像は2007年当時のキャンペーン用に一般に広く配布されたものですので、使用に問題はないと思います。
(私の撮った写真ではありませんが。)

報道が出た

http://pnn.pts.org.tw/main/?p=27821
台湾の公共放送「PTS」のweb media に掲載
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/779-7f2b1ac4

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。