フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-04
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京レズビアン&ゲイパレードの名称変更→「東京プライドパレード」に!

 本日(2/25)なかのZEROで行われた東京プライド設立総会の前半に出席してきました。出席者は主催者側も含めて50名ほど。まさに「総会」といった雰囲気の、ちょっと堅苦しいながらも「正式な決定」がなされる厳粛さを感じさせられる場となっていました。

 予算の承認や理事の承認などが行われた中で特筆すべきはパレードの名称の変更が決議されたことでしょう。2000年の復活以来、東京でのパレードは「レズビアン&ゲイパレード」という名称を用いてきたのですが、レズビアンとゲイ以外の性的少数者が疎外されている感覚を持つという批判が繰り返されて来たようです。実はこの問題、最近コミュニティーの活動に参加しはじめたばかりの僕としても「なんでなんだろう」と疑問に思っていました。今日、会場で配られた「名称変更の理由」の冒頭には、次のように明記されています。

 東京プライド理事会は、パレードがさまざまなセクシュアルマイノリティの人によって担われている事実をふまえ、「レズビアン」「ゲイ」にとどまらず、パレードがセクシュアリティに開かれ、全てのセクシュアリティを祝福するものであることを、名称においても表明したいと思います。

 僕としても、この名称変更には異議が無かったので賛同の拍手に参加しました。「プライド」という言葉の持つ強さが新たなイメージを創出することに繋がるだろうし、セクシュアルマイノリティ以外の幅広い人たちとも「もっと一緒にパレードを歩きやすい」雰囲気が生まれるような気がするからです。たしかに「ゲイ」「レズビアン」という言葉が外れることによって名称としてのインパクトは薄れるかもしれませんが、プライド・パレードの名称の由来を説明することによって「セクシュアリティの多様性」をアピールする対話が生まれることに繋げればいいのではないかと思います。

 ちなみに、今年開催されるパレードは「第6回東京プライドパレード」とするそうです。これは2000年以降に開催されたパレードの通算回数をそのまま継続して使用するためです。また、東京Prideでは年3回の学習会を開き、「レズビアン&ゲイだけではなく、他のセクシュアリティーの理解を深める活動」を積極的に行う方針を取るそうです。僕は、この方針にも大賛成です。
FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/668-db2efc94

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。