フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかがテレビ038●「わかりやすい物語」では、真のハートはつながらない

 なんていう「NHK的な」安易な番組づくり・・・。正直そう思って「ムズ痒くなりながら」番組を見てしまいました。番組スタッフの意図した通り、テーマに即した部分しか描かない=あまりにも無駄のない一面的な映像表現を見せられたからでしょうか。

 「わかりやすすぎる表現」ほど、実は警戒しなければ危険です。世の中っていうものは基本的に矛盾に満ちているものですし、一人一人の人間というものも矛盾に満ちた存在です。本来、そう簡単に「わかりやすいもの」など、あるはずはないのですから。

 つまり「映像表現」というものが世の中を映し出す鏡なのだとしたら、「わかりやすい映像表現」というものは世の中を映し出しているとは到底、言えません。それは一種の「プロパガンダ」のようなものです。つまり「わかりやすい物語」で占められている最近のテレビ番組の大半は、ある既成の価値観を上塗りして補強するだけの「プロパガンダである」と言ってしまっていいでしょう。「客観的事実を描いているものである」と誤解されがちなドキュメンタリー的表現であるほど、そのことの危険性は高まります。

 NHK教育テレビで再放送された「ハートをつなごう」。MtFトランスジェンダーの方が主人公として扱われ、ライフヒストリーが「わかりやすい物語」として映像化されていました。彼女は「心の性と身体の性が一致していません」と履歴書に書いて就職活動をし、50社から落とされた後で採用されました。自殺未遂までしてしまった苦しい過去を過ごした後、自らの道を切り拓こうと奮起して、ついに熱意が伝わって採用されたとのこと。現在、彼女は一ヶ月の給料が手取り12万円で、なおかつ残業に追われながら、月に一度の給料日にコンビニのケーキを買うのを楽しみに生活している「真面目な労働者」として描き出されていました。

 番組は基本的に彼女のライフヒストリーをドラマチックに描き出し、現在の生き方を「称揚」するのみで、その背後にある様々なものを「取りこぼして」いるのではないかと僕には感じられました。まず・・・皆が皆、彼女のように積極的に動いて「戦える性格」ではないでしょうに。「強くあること」を称揚する表現は、そうは出来ない者に「心理的プレッシャー」を与えかねません。

 それに、MtFトランスジェンダーの皆が皆、外出時にメイクをしたくなるほど「女らしい女であること」を望む人ばかりではないでしょうに。「自分のことを男とも女とも思えないけれど、身体の性と心の性が一致しない感覚」を抱いているトランスジェンダーの方にも、実際に出会ったことがあります。

 つまり「性同一性障害」という言葉の「性」が、「男」か「女」のどちらかを選べと強制されているかのように感じ、そうした強制には従えないという感覚を抱いている人たちだって世の中には少なからずいるのです。そうした当事者達の多様な現実に想像を至らせる表現や言及がなされないと、トランスジェンダーの方々が皆、世間で言うところの「男であること」「女であること」を望んで「性同一性障害」と呼ばれることを受け入れているかのような「新たな偏見」を視聴者に生み出しはしないでしょうか。

 最近、「性同一性障害」をテーマにしたテレビ番組が数多く放送されているのですが、その多くは「男」「女」のわかりやすい枠組みに当てはまるタイプの人が登場し、「わかりやすい物語」と共に描かれます。その一方で、そこに当てはまらないタイプの人たちがいるということに言及したり、「性同一性障害」とされる人たちの中にも「同性愛者」「異性愛者」などの様々な「性的指向のバリエーション」が存在している部分にまで、きちんと踏み込んで描く番組を見た事がありません。そのため、「レズビアン」や「ゲイ」と「性同一性障害」との区別が付かない人たちも実際に増えてきているようです。これは困った現象です。

 さらにもう一つ。

 彼女が一ヶ月に「手取り12万円」しか貰えていないというのは、非正規雇用であるからという理由ともう一つ、「女性労働者であるが故の薄給」なのではないかと僕には思えたのですが・・・。まだまだ職場環境における男女差別の厳然と残っている日本社会において、彼女が「女として/MtFトランスジェンダーとして」生きて行くということは一体どういうことなのか。そうした「ジェンダーを変えた」ことによって生じるだろう新たな問題点への言及が、番組内では全くありませんでした。

 彼女が「過去を克服して明るい未来を目指して生きている」かのように脚色して描き出す事は、そうした側面への問題提起を切り落とした上で行われていることです。だから結局、番組制作スタッフ達の「見たいものしか見ていない番組」だったのではないかと僕には感じられました。

 彼女の「現実との戦い」は終わったわけではありません。今後もずっと戦い続けなければならないのです。そうした部分まで誠実に、きちんと視聴者に突きつけてこそ、初めて「ハートをつなごう」と呼び掛けられる番組になるのではないでしょうか?。「わかりやすい物語」に感動させてカタルシスを与えるだけでは、視聴者の思考は次に繋がりません。FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

NHKの番組は

確かに、12万円は生活保護以下ですね。
NHKの、初めから過程も結論も決まった上の番組作りは
見る側にもつまらないと感じさせます。その欺瞞性は
「あるある大辞典」に近いのではないでしょうか。

視点はいろいろ

こういう番組が作られて
(それは内容的に不十分なものかもしれないけれど)、
そのことについて、こういう風に
問題点を指摘する意見が
インターネットで公開される。
そうして、少しずつ社会の状況が動いていく。
そんなことを感じました。
今は自分がどうなりたいのかを考えるので
精一杯の私ですが、
将来的にはセクシュアルマイノリティが
自然体で暮らせる社会の実現のために
できることを探したいと思っています。
メディアや政治家を動かすにはどうすればいいのか、
というようなことを。
akaboshiさんの指摘には
いろいろ考えさせられました。
性のあり方の多様性、人の生き方の多様性について
自分なりに真剣に考えているつもりでも
今のところは自分のことしかわかってないから
考え方が浅いのかもしれないな、と。
でも、やっぱり私にとっては
テレビ画面の中で
笑顔で話をしていた当事者たちの
姿を見られたことは、うれしいことでした。
・・・・
そうか、こういうことを
NHKの「ハートをつなごう」に投稿すればいいんですよね。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/636-719f82c2

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。