フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾辻かな子さん国政へ向けて002●身内とつながる。家族とつながる。

 「LGBTの家族と友人をつなぐ会」という組織があるのを御存知ですか?。大阪で2006年の4月22日に設立準備会のミーティングが行われ、月に一度程度のミーティングを重ね、パレードに参加して存在をアピールするなどの活動を重ねて来ている団体です。

 依然としてホモフォビア(同性愛嫌悪)が蔓延している日本社会において、LGBT当事者達は「自分のことを受け入れる」のにまずは苦しみます。それは家族にしても同じこと。たとえば娘や息子にLGBTであることをカミングアウトされた時に、親も同じようにホモフォビア(同性愛嫌悪)を抱えている可能性が高いわけですから、やはり衝撃を受けるだろうし受け入れるのに時間がかかることでしょう。そして、LGBT当事者達と同じような孤立感に苛まれ、周囲に相談できずに苦しむ人も多いだろうと思います。そういう人たちの負担を少しでも軽減し、LGBTの家族であることを積極的に捉えるサポートをしたい。この会の活動目的は、そういうことなのでしょう。

 僕がこの団体の人たちを最初に見たのは昨年、2006年9月17日のレインボーマーチ札幌の時。とても目立つ横断幕を掲げながら行進している姿を見て、「へぇ~」と、ちょっと嬉しくなりながら撮影したのを憶えています。

 僕もまだ家族にはカミングアウトしていませんし、いちばん近しい関係にある「身内」に自分の大事なことを知らせていない後ろめたさを抱えています。いずれなんとか克服したいと思いつつ、なかなか越えられないのが「身内の壁」です。だから、「家族と友人をつなぐ会」のような組織が発足しているということ自体、すごく心強く感じるんです。

 そんな「つなぐ会」のブログに、新年から本当の意味で「おめでたい」と感じられるエピソードが掲載されていました。尾辻かな子さんがついに「身内の壁」を突破し、今年のお正月にパートナーの方と実家でゆっくりと過ごされたそうなのです。
お正月と家族とLGBT

 バリバリと活動している明るいイメージからは想像できませんが、あの尾辻さんでさえ最近まで「身内の壁」の存在に悩んでいたのですね。

 今年、パートナーの方と実家に帰る車中。ハンドルを握りながら涙が出てきたというエピソードが印象的です。そういえば、11月のYOUTH TALKの会場でも尾辻さんは「身内の壁」について語っていましたっけ。(2つの映像ファイルの「境目」のあたりに、関連する発言がありました。)

●YOUTH TALK 02 尾辻かな子さん挨拶(前)議員の中にもLGBTは多数いるはず
  

●YOUTH TALK 03 尾辻かな子さん挨拶(後)あとは政治の問題
  

 「正月にパートナーと一緒に家族と過ごす」。
 異性愛のカップルが自然に行えていることを、LGBTも自然に出来る日が早く来ますように。

 「LGBTの家族と友人をつなぐ会」の次回ミーティングは1/ 13(土)13:30~16:30、大阪府堺市の「尾辻かな子事務所」で行われます。FC2 同性愛Blog Ranking


関連記事
大阪に「帰って」来ました。
LGBT可視化に向けて050●LGBTの家族と友人をつなぐ会・初参加
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

はじめまして

検索していてたまたま 辿り着けました。
レズビアンの ぴよと申します。尾辻さんに投票して望みをかけていましたが まだまだこれからですね!!

私は母以外の身内にはカムしました。母だけは カムしても 反発されて聞いてすらくれないので……

けれどやっぱり 当たり前な倖せを得る権利は誰にもありますもんね。 私もパートナーと 実家でお正月 なんてしてみたいです★★ そんなことが 普通 (普通という言葉にどれだけ苦しんだか…)である社会になりますように。…いえ なりますよねo(^-^)o

●ぴよさん。

はじめまして。
そうですか。やはり「母」が残ってますか。
でも、あまり悩まないでくださいね。

「カミングアウト」とか「オープンな生活」を「しなければならない」とか
同性愛者ならば必ずいつかしなければならない「強制」であるかのように
捉えすぎてしまうと、疲れます。
そういう人を何人も見てきました、この一年。

無理は禁物です。
ひとりひとり生きている家庭環境は違うし、親の年齢も性格も違います。
たとえば尾辻さんのお母さんだって
本当に娘のことを心から応援するようになるまでには「数年」かかっているんです。
「LGBTの家族と友人をつなぐ会」の親御さんたちだって、そういう人が多いです。
皆、時間がかかっているんです。

時間がかかって当たり前だし、
「オープンにならなければならない」という正解があるわけでもありません。
そして、世の中を変える方法だって、
一つの正解しかないわけでは無いと思いますから。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/612-69bc493d

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。