フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイ・カップルとたくさん出逢った2007年の初詣で

 正月ってなんだか知らないけど「ザ・日本っ!」という光景を求めてしまうものでして、元旦は浅草の浅草寺に出かけました。

 仲見世通りは長蛇の列で数時間並ばないと本堂まで辿り付けないような込みっぷりだったので、周囲の商店街や町並みを散策したのですが、さすがは浅草(!?)。あえて探さなくてもゲイらしきカップルが結構、あちこちで視界に入ってきました。あの「ゲイっぽい独特の短髪」で揃いの着物を着こなした、顔も背丈もそっくりな二人連れとか、若者二人で手をつないでいる「イカニモ」な人たちとか(笑)。みんな総じてコソコソするでもなく、ごく自然に楽しそうに過ごしていたし、家族連れや男女カップルの中に自然に溶け込んで存在していたので嬉しかったです。

 翌日は前日の反動からか(爆)表参道から裏原宿あたりの洒落た高級住宅街を散策してみたのですが、ここでも数組と擦れ違いました。やはり表通りよりも閑静とした人通りの少ない小道の方が、ゲイ・カップルとしては伸び伸びと過ごせますし、接近して歩けるということみたいで(笑)。

 最近、新宿駅の近辺では普段でもゲイ・カップルが街中に溶け込んでいる光景が珍しいことでもなくなって来てはいるのですが、他の場所でもこうして堂々と晴れやかに歩いている姿を見るとやっぱり嬉しいですね。これが正月の解放感の中だけではなく、日常にありふれた光景になる日もそう遠いことではないのではないかと、楽観的な気持ちを味わうことができました。本人達が堂々と楽しく過ごしていれば、街の人たちの目も結構あたたかいもんですよ。FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

表参道で中村中

 あけましておめでとうございますー。
 あー、akaboshiさんは昨日表参道行ってたんですね。
 僕は今日行ったら、KDDI designing studioで中村中がラジオ公開収録&生歌3曲披露をやっていて、
「ひょっとしたらakaboshiさん居るのでは……」
 と、思わず探していました(笑)
 イベントハ、熱心に暖かい視線で応援しているお客さんもいれば、
「あれ、誰?」「ほら、こないだドラマになってた人よー」「ああ、『私オカマになります!』ってドラマねー」「そうそう。でも超可愛くない?」
 なんて会話を交わしているカップルもいたり、で、akaboshiさんの葛飾レポとはまた違う雰囲気でした。

 akaboshiさんにお目にかかるのは、21日のVOICEですかねぇ。今年もどうぞ、ゆるゆると宜しくお願いします。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。
って言うか、今年はきっとどこかでリアルで会うでしょう。

世の中、オキャマ科の皆さんって結構いらっしゃるんですよね。
今日も、JRで2人で仲良くボストンバッグを転がしてるガチムチ姐さん2人組みやら、なんかしらないけどオネエ語で盛り上がってる若いオキャマ2人組みとかいて、ほのぼのしちゃいましたよ。
なんかそういうのいいですよねえ。

明けましておめでとうございます

今年もどうぞ宜しくお願いします。

今年こそ、日本でも一般ゲイたちが大通りを闊歩できる年になるといいですね。
もうその下地は充分出来ていると思います。あとは我々ゲイ次第。

あけましておめでとうございます

うわぁ~そういう光景いいな~。
もう24なのでさすがに手を繋ぎたい衝動とかないけど、
そうやって自分も歩いてみたかったです。
地方都市もそういう風になっていくといいな。

●悠さん。

なにっ!その表参道のイベントは知らなかった・・・不覚(笑)。
街頭でのイベントって、ただ通り過ぎて行く人たちも結構いるんだけど
「友達の詩」を歌い出すと、途端に食いついてくる人たちがいるんだよね(笑)。

昨年は本当に、僕を「未知の扉の奥」へ導いてくれてありがとう(笑)。
今年もあちこちでお会いすると思いますが、よろしくお願いします。

●玉野真路さん。

玉野さんには、関西パレードの時に目撃されてしまったんですよね
(↑「しまった」っていうことでもないですが。笑)。
「同性カップルがたくさんいる」って街頭で気付くのは、自分が当事者だからかもしれなくて
街行く人たちは、他人のことをそれほど気にして見ているわけでもないんですよね。
この辺の事情は、都会と田舎では違うのかもしれませんが。
「視線のプレッシャー」を感じずに、むしろそれを楽しむ位の余裕が自分に出てきたことが
最近、嬉しいです。

●龍児さん。

昨年は龍児さんのオランダライフを『yes』で見れて、すごく
ほのぼのとした思いを感じさせてもらいましたよ。
「王の男」絡みの件を決着させたら、龍児さんの記事を見た感想、書きます~(笑)。

パレードの時だけではなく、普段も大通りを闊歩できるように
度胸をつけようと思いますっ!(←力みすぎ?。笑)

●Kazuccineさん。

えぇ~っ!僕なんて30代なのに
「手をつなぎたい衝動」、ものすごくあるよ~(←基本的に幼いんです。笑)
東京の街頭と地方都市では、たしかに「周囲の目」に対する感覚って違うと思う。
だからこそ、社会の根本の「意識」の部分から変えて行く必要があるんだよね。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/600-a7d662a7

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。