フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの多様な性&家族&ライフ・スタイル03●及川健二さん①虹色の社会~フランス同性愛事情

 石坂わたるさん、赤杉康伸さんに続き、シンポジウムの主催者である及川健二さんが、レインボー・ネクタイを締めて気合充分で『虹色の社会~フランス同性愛事情』と題する報告を行いました。その前半部分を紹介します。

  

及川さんの報告の際、配られたレジュメです。(今回紹介分)
・・・ブログ『及川健二のパリ修行日記』より転載

【1】同性愛者を取り巻く環境
・同性愛者をとりまく環境はその社会の成熟度を示すリトマス試験紙になる。成熟した社会では同性愛者の権利が擁護され、全体主義の国では同性愛者は抑圧・排除される。

・フランスではゲイ雑誌『Têtu』(テテュ)が駅や街頭のキヨスクで一般紙と並んで堂々と販売されている。同誌の広告ポスターも公共の場ででかでかと掲示される。

・フランスの首都パリの市長・ベルトラン=ドラノエさんは男性同性愛者(ゲイ)。1998年、社会党の上院議員だった時にテレビ番組でカミング・アウト。2001年4月、市長に当選。支持率は2005年7月時点で65%と高水準(IPSOS調査)

  
これからの多様な性・家族・ライフスタイル PLAYLIST


 より詳しい情報を知りたい方はぜひ、及川健二さんの著書をお読みください。行動力に溢れた熱のこもったレポート満載。ご自身で撮られたという写真も、多数掲載されてます。

「ゲイ@パリ 現代フランス同性愛事情」

「沸騰するフランス 暴動・極右・学生デモ・ジダンの頭突き」
 次回は及川さんの報告の後半。PACS法(準結婚制度)や、極右政党のLGBTに関する見解について。そして2007年度大統領選挙でのLGBTにとって注目すべき動向などの報告が続きます。FC2 同性愛Blog Ranking
「これからの多様な性&家族&ライフスタイル」各記事へのリンク

01●パネリスト紹介
02●パートナーシップ制度と日本~石坂わたるさん、赤杉康伸さん
03●及川健二さん①虹色の社会~フランス同性愛事情
04●及川健二さん②いよいよ来年フランスで
05●大河原雅子さん~私のマニフェスト
06●宮台真司さん~家族とは。そして本当の「保守」とは
07●上川あやさん~街の人は、私を放っておかなかった
08●「時短の旗」を再び~大河原雅子さん
09●多様性フォビアの克服のために~宮台真司さん
10●有権者として見られていないLGBT、そして足の引っ張り合い~石坂わたるさん・赤杉康伸さん
11●可視化のための条件~宮台真司さんからの一言
12●モデルケースの創出を~永易至文さんのコメント
13●当事者議員に増えてもらいたい~菅伸子さんの感想
14●他の立場の人々との連携の秘訣~上川あやさん
15●イスラム教・キリスト教についての質問~及川健二さんの回答
16●ネットメディアの影響力、匿名の功罪~石坂わたるさん/顔の出せる当事者から動こう~赤杉康伸さん
17●最終回。さらなる「可視化」へのヒント
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/560-70058cea

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。