フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西レインボーパレード誕生記022●100の言葉を連ねるよりも。


 あの、嵐のようなパレードの日々から10日が経ち、日常感覚が戻りつつあります。でもやっぱり「あの日々」について、思いを巡らせることが多いです。10月9日の下見に参加して以来、何かに取り付かれたように3回も東京-大阪間を往復しました。途中、仕事の関係でどうしても東京に帰らざるを得ないのが本当に悔しかったし、東京にいても心は「大阪」にありました。目をキラキラさせながら未知のイベントを作り出す、実行委員たちの素朴な雰囲気に触れたくて、大阪に行っていました。


 一つの目的で皆が集まり、各自の能力を生かして「無理をしない程度に」関わりあう。そのことの面白さとか難しさとか・・・いろんなことを目の当たりに出来た体験でした。当日が近付くにつれて顔つきが逞しくなり、どんどん生き生きとしてくる人もいたりして、「自分を出せる」環境とか、「自分の能力が最大限に生かせる」と感じたときの、人の輝きの奇跡を見ることも出来ました。

 特に僕が嬉しかったのは、実行委員のメンバーと一緒にいるときには自分が「ゲイ」だということがほとんど意識されなくなっていたということ。すごく楽だった。日常環境ではまだ僕は「半クローゼット」状態ですから、かえって何かと意識せざるを得ない瞬間が多いんです。ところが実行委員の中では、すでにそれは「どうでもいいこと」という雰囲気が出来上がっていたんです、自然と。メンバーにはLGBT当事者・非当事者の両方いて、いろんなタイプの人が入り混じっていたということもあります。それに、「大阪で初めてのパレードを成功させたい」という共通点で結び合っているわけですから既に「同志」なわけですしね。

 おそらく「セクシュアル・アイデンティティー紹介込み」で行われた(であろう)最初の自己紹介の時に、僕がまだ参加していなかったということもありますが(笑)、メンバーのことを知っているようで知っていないという微妙な距離感で僕は存在していました。だから、パレードが終わり解散した後になって初めて、あるメンバーのセクシュアル・アイデンティティーを知ったということもありました。でも、全然驚かなかったということに逆に自分で驚いたくらい(笑)。「ゲイ」とか「レズビアン」とか「トランス」とか「バイ」とか・・・そういうものから解放されて、同じ時空間を感じあう楽しさ。お馬鹿な話を喋って笑い合ったり、同じ困難に頭を悩ませたり(爆)、一つの目的に向かって一緒にドキドキしたり走り回ったりしたら、それだけで一気に「家族的な親密さ」を感じることが出来たし、ずっと前から知り合っていた仲間であるかのような意識を持つことが出来ました。

 100の言葉を連ねるよりも、実際に会ってしまった方がいい。
 「大阪」はこれからも、あの時の皆がいる限り僕の中で、すごく身近な場所として存在し続けることだろうと思います。

FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

ブログタイトル通り

「フツー」の感覚なんだろうなって思うんです。
でもそれが理想なんだろうな。少なくとも僕には。
ほんと、来年は絶対に参加したいですね。

●Kazuccineさん。

僕らにとっての「フツー」は、
まだ今の日本の社会の大部分の環境下では「フツー」ではない。
だから「異性愛者の仮面」を被る必要が生じる。
そんな日常では「異性愛者の仮面」を被ることこそが、
いつの間にか「フツー」であるかのように思えてくる。
(そう思わされて僕らは生きて来た)。

でもパレードは、
白昼堂々と皆で仮面を外して、僕らにとっての「フツー」感覚を共有できる。
そして、こんな感覚こそを、いつの日か日常でも「フツー」にしていかなければならないことを
自分の存在すべてで感じさせてくれる。

だからジワーッと込み上げてくるものがあるんだと思う。

・・・なんか、僕がこのブログで使っている「フツー」の意味が明確になってきたかも(笑)。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/500-72de24ed

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。