FC2ブログ

フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2020-02
« 1234567891011121314151617181920212223242526272829 »

LGBT可視化に向けて020●なんて素晴らしい条例。しかし・・・


 宮崎県の都城市には、こんなにすばらしい文言が明記された条例があるんですね~知りませんでした。なんでも、2004年4月に施行された「男女共同参画社会づくり条例」というものらしく、「性的指向にかかわらずすべての人の人権が尊重され」という風に、「性的指向」という言葉がちゃんと明記されている非常に画期的な条例だそうです。すごいぞ都城市!

 なにがすごいって、同性愛のことを「性的嗜好(趣味のようなもので、本人の意志で変え得るもの)」だという風に、ほとんどの人が思い込んでいるこの日本において、「性的指向」と正しく明記されているだけでも感動もの(笑)。さらには「人権が尊重」という言葉が結び付けられているだなんて、これはまさに全国に誇るべき先進的な条例だと思います。同性愛者・両性愛者差別は「人権侵害」にあたるということを、ちゃんと謳っているわけですからね。

 しかし・・・

 この条例の先行きが今、非常に怪しいものになってきています。
 いわゆる「バックラッシュ」の煽りを受け、せっかく明記されている「性的指向」という言葉が外されそうになっているのです。

 詳しくは尾辻かな子さんのブログで「これが日本の社会の現実なのか・・・。」をご覧ください。いきさつなどが詳しく書いてあります。また、こちらの記事では尾辻さんが行う抗議行動への賛同人を募集しています。僕もこの機会にじっくりと色々読んでから、自分の言葉で意思表示をしようと思います。LGBT当事者の方もそうでない方も、こうした動きに危機感を覚える方はぜひ、このアクションに参加してください。

<現在、この問題について記事をアップしているサイト一覧>
みやきち日記「すべての人」なんて文言があてになるもんか
みやきち日記「シートベルトぐらいつけさせろ」
HamanamiK「女を愛する女として生きる覚悟があるか。」
ゲイリーマンのカミングアウト的思考「気が滅入る、男女参画社会の同性愛者排除」
Kodakana のカミクズヒロイ「都城男女共同参画条例問題」
OUR DAYS「病んでいるのはどっち?」
低能流[ゲイ]文章計画「 【ゲイ想】不可解な条例改悪に異議あり」
新装開店☆玉野シンジケート!「 都城市で「性的指向」の文言削除」
隔数日刊 | Daily Bullshit「次から次へと」
伏見憲明・公式サイト「黒い影を感じるニュース」
GAY JAPAN NEWS「宮崎県都城市 男女共同参画社会づくり条例から「性的指向」を削除」

 なお当ブログでは明日以降、この問題をより掘り下げて考えてみたいと思っています。

関連記事
人権
LGBT可視化に向けて021●「不可視化」されようとしているLGBT
LGBT可視化に向けて022●言ってくれますね~↓
LGBT可視化に向けて023●都城市はここまでわたしたちの立場を理解してくれて「いました」
LGBT可視化に向けて024●本日、約400人の思いと共に尾辻かな子さん都城市へ
LGBT可視化に向けて025●尾辻さんの都城訪問、続々と報道される
LGBT可視化に向けて026●「自己受容のシャワー」を都城にも!
LGBT可視化に向けて027●尾辻かな子さん、札幌プライド集会で「都城問題」への協力を呼びかける
LGBT可視化に向けて028●緊急!!都城市議会での「性的指向」削除案の最終採決日は明日!
「ゲイ」を学び切り拓く001●セクシュアルマイノリティー「1期生」“ミドル世代”のいま
FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト



コメント

この記事へのコメント

もう角を曲がっているのか

 TBありがとう。
 このニュース、哀しいよ。
 どうして、この条例を弄る必要があるの? おかしいよ。
 ――疑問を感じている人がたくさんいることを知るにつけ、これから、俺たち意識して連帯していないと、いけないね――って思いを強くします。
 曲がり角は、過ぎてしまった――かも……。

●円山てのるさん。

いや。まだまだ曲がり角を過ぎてはいないし、過ぎさせてはいけないと思います。
今回のことは、ある意味では僕らに「もっと意識的になれ」という刺激を与えてくれたわけで、
政治的なことに、より関心を持つきっかけになったのではないかと思います。
もし条例が変更されてしまったとしても、我々が「危機感」を持ったというそのことに
長い目で見れば意味があるのではないかと思います。
これから頑張ればいいんです。

こうやってまともに攻撃されると・・

TBありがとうね!コメントも!保守的な部分の「可視化」、いいねえ。
でも、今回の男子誕生でこれまた不遜な顔つきや男子男子とえぐいところを「可視化」
見せ付けられちゃって・・なんだかマジで気分悪くなって体調崩してしまうという
情けない俺でした。

また頑張らばいとなーと英気を溜めるべく整えていますが、俺たち自信が今回のことを
どれほどやばいことだと捉えることが出来てるのかな~という不安がね(今はとても弱気)
でも、俺たち何も言わないでいると、好き放題されちゃうんだよ、こうやって!!

尾辻さんの記事も読みました

>☆この条文があることによって、性的少数者の方が、教育の場に立つ事も考えられる。一般の市民に受け入れられるのか。

こんな意見もあったんですね・・・。正直すごく哀しい。
そしてすごく怖いことです。
自分が否定されてるようで…というよりは、こんなことが「良識」として
まかりとおっているようなことが、です。

●ゲイリーマンのカミングアウト的思考さん。

保守的な部分の可視化、すなわち「ホモフォビアの可視化」は
意識的に僕らが声を出して、表現していかなければわからないんだと思います。
言っている人たちは。
なんか、うまい方法はないかなぁと最近よく考えています。

男子誕生のあのフィーバー、なんなんだろうねマスコミって。
生まれてきたとたんに将来が決められてしまう子どもって不幸だと思う。
選択の自由を与えてあげるべき。
そういう発想を持たずに「これで安心」とか言っている人たちって、
生まれてきたあの「男子」を「人」として見ていないんじゃないかと思ってしまう。

●Kazuccineさん。

>☆この条文があることによって、性的少数者の方が、教育の場に立つ事も考えられる。

っていうか、とっくの昔から「立ってる」よね、たくさんの人たちが教壇に(笑)。
・・・ソクラテス先生とか、プラトン先生とか。

こうした方々の発言は「良識」というよりは
単に「無知」を曝け出してしまっているのではないかと思いま~す。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/430-5ae631d8

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)