フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-07
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークバック・マウンテンで見る世界008●上映中止映画が監督賞・・・ 中国「国営」メディアの複雑な立場

 以前、こちらの記事でも取り上げましたが中国では「ブロークバック・マウンテン」の公開は禁止されています。しかし、さすがに「アジア出身者初のアカデミー監督賞受賞」という一大トピックを無視するわけには行かなかったようで・・・。
 ご存知の通り、中国の大手マスメディアは中国政府の厳しい言論統制を受けています。政府の意向に沿わない報道をすると、厳しく処分され発刊停止命令も出されかねません。そうした怖れの下で、ジャーナリストたちは自己規制をしながら日々の出来事を報道しているのです。
 しかもアン・リー監督は台湾出身。台湾と中国の関係は依然として緊張状態にあります。「同性愛」と「台湾」をどう扱うのか。中国メディア関係者は複雑な思いで今回のアカデミー賞を報道しているようです。

 朝日新聞が 「中国各紙、アン・リー監督を絶賛も『ゲイ』の部分などカット」という見出しで伝えたロイターの報道によると、とりあえずは「絶賛」しつつも肝心な所を無視した報道が目立つようです。

注! ☆この引用部分については、その後訂正記事が配信され内容が改訂されましたので、リンク先の記述とは異なった内容になっています。したがって下記の引用部分は事実とは異なる情報になっておりますので、ご注意ください。詳しくは下記の「追記」をご覧ください。

 どのメディアもリー監督の受賞スピーチの中の「台湾、中国、香港のすべての人々に感謝する」という部分をカットしている。また、映画の主人公であるゲイのカウボーイ2人に感謝したいと述べた部分も報道されなかった。
 中国では2001年頃まで同性愛は精神障害と考えられており、現在でも非常にデリケートなテーマ。「ブロークバック・マウンテン」についても、中国政府は国内での公開を認めていない。[北京  7日 ロイター]

 ・・・デリケートな問題には基本的に「触れない」でおくのが、現在の中国メディアにおける自己防衛策のようです。
 しかし今やネット時代。かつてのように大手マスメディアの情報でしか世間の動向を知りえなかった時代とは違います。市民の間では「大手メディアが報じない部分にこそ真実がある」ことは、もはや常識になっていることでしょう。隠せば隠すほど逆に「目立たせてしまう」という矛盾に、最近の中国政府は対応しきれなくなっています。今後中国の国内で「ブロークバック・マウンテン」がどのように扱われるようになるのか。中国にもたくさんいるLGBTたちの今後の動向とも併せて要注目です。

 中国で公開されないということは、全世界の4分の1の人々が、この映画をスクリーンで見る「選択肢」を失っているということですから看過できません。同じく上映禁止を表明したUAEも含め、そうした国々で大勢のLGBTたちが悔しい思いを抱えていることを忘れてはならないでしょう。もし「アカデミー作品賞」を受賞出来ていたならば、より強いインパクトを持って報じられ、この映画が彼らの目に触れる機会も、より早まったのかもしれません。つくづく、今回の結果が惜しまれます。
 
☆このシリーズではしばらくの間、今回のアカデミー賞の結果が各メディアによって「どのように報じられたのか」。そして、その報道の中で「同性愛」「ゲイ」などの言葉が「どのように使われたのか」に注目して、分析しようと思います。新聞やネットを中心に情報を収集していますが、もし面白い記事がありましたら、海外メディアも含めてお知らせいただけると助かります。

●追記(必ずお読みください)

 今朝、4時12分に上記の記事を掲載した後、リンク先の朝日新聞の記事が改変されました。見出しも「再送:中国各紙がアン・リー監督絶賛、一部は「ゲイ」の部分などカット」と7時57分に変更されたようです。
 変更された箇所は以下のとおりです。

 ただ、国営メディアでは、中国政府の意向に沿わない部分などについては、スピーチの内容を一部削除する措置も見られた。
 北京青年報は「アン・リー監督は受賞スピーチの中で中国語で感謝の気持ちを表明」と大きく報道。チャイナデーリー(中国日報)も「アン・リー監督は世界中の中国人の誇り」と絶賛した。
 ただ、国営メディアでは、リー監督の受賞スピーチの中の「台湾、中国、香港のすべての人々に感謝する」が一部カットされている。また、国営テレビでは、映画の主人公であるゲイのカウボーイ2人に感謝したいと述べた部分も報道されなかった。

 ↑配信元のロイターが報道した「どのメディアも~カットしている」の部分が事実とは違うため、あるブログを運営している日本の方が直接抗議をし、ロイターが訂正記事を配信したため朝日新聞も内容を書き換えたようです。
●ロイターの訂正記事はこちらです。
●ちなみに訂正前の記事はこちらです。

 中国メディアのうち、実際に南方都市報では「台湾、中国、香港~」と「同性愛~」の発言部分が報道され、深圳商報では「同性愛~」の部分、人民網では「台湾、中国、香港~」の発言部分を含んだコメントが報じられていました。
 このことは、誤りを指摘し、改訂をロイターに要望して記事を訂正させた日本の方から「非公開コメント」で連絡をしていただきました。どうもありがとうございました。

 当ブログでは「メディア批評」的な立場から「ブロークバック・マウンテン報道」について分析して行きたいため、誤報によって書かれた僕の文章は、そのまま残させていただきます。「だってこんな風に天下のロイター様と朝日新聞サマに報道されたら、一般ピープルとしてはこういう記事書きたくなっちゃうでしょ~」という抗議の意味も含めて。

注!☆ 従って、僕の書いた文章の「中国メディア」の部分は、ロイターの訂正と同じく「中国の国営メディア」と置き換えたものが、正しい情報となります。
☆さすがに記事のタイトルは「国営」と追加し、訂正させていただきました。


 がんばれ中国の「非国営」メディアとフツーの人々

 ロイターの誤報も問題ですが、中国政府が「ブロークバック・マウンテン」の公開を許可せず、国営メディアがアン・リー監督のスピーチの該当箇所を報じなかった事実はやはり重要なことです。しかし、イメージとして過剰に「中国は閉鎖的だ」とロイターの記者が思い込んでいるほど中国の人々は閉鎖的な環境で日々抑圧されて窮屈に生きているわけではなさそうです。実際には政府以外の言論機関は頑張っているし、政府の情報統制に負けず、人々は知恵を絞って本音の情報をやりとりしているのです。

 ただ問題は、中国政府が相変わらず人々を「情報統制」出来ると思い込み続けて強硬な姿勢をとり、実際に政府の政策を批判するメディアを発刊停止にしてジャーナリストに心理的なプレッシャーを与えて自己規制を促したり、ネットに検索禁止語を設けているという事実。「ブロークバック・マウンテン」の上映禁止もそうした過剰な統制の一つであることは間違いありません。中国国籍の人が作って世界中で評価された長編ドキュメンタリー「鉄西区」でさえ、中国国内では公式に上映できないのです。こうした政府の強硬な姿勢は、むしろ民衆感情を逆撫でしているのではないかと思ってしまいます。

 中国のフツーの人々の多くは、国営メディアの言うことは「タテマエ」であるということは百も承知なのでしょう。きっと様々なメディアから情報を得て、政府を嘲笑っているに違いありません。「ブロークバック・マウンテン」が上映される日も、そう遠い未来ではないのかもしれませんね。

関連記事
アン・リー「ブロークバック・マウンテン」●MOVIEレビュー
「ブロークバック・マウンテンで見る世界」最新記事はこちら
DVD「ブロークバック・マウンテン」
FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

もし興味をひくような記事が見つかったら、そのつどお知らせします。
トラックバック記事はネタばれ満載の、映画の内容そのものに終始するもので、akaboshiさんの記事の主旨からは外れてます。すみません!

ちょっと私の新しい記事に他の結構興味深いニュース記事も入れてます。ってnicoさんのところで観て驚きましたが私たちのカバーした元記事、完全にカブってますね(笑)私が半日速く書いたくらいか(笑)面白い偶然だけど内容は同じではないしLGBT問題に関連付けたこの記事良かったです。私はどれだけシリーズ化して書くかわからないのでなんか見つけたらお知らせしますね。

なぜか名前の表記がされないのですが上はflowfreeでした。

中国

下世話なネタでなんですが、
中国語がたくさん書かれたゲイエロサイトたくさん
見たことがあるんですけどね…(笑
台湾との関係とか、中国にはあまりにも根が深くて
デリケートな問題が多すぎる。
天安門事件以前に比べれば、楽になった部分多いんでしょうけど、
やはりまだまだですね。
西洋や日本の同性愛史って、わりと色んなところで語られますけど、
中国の前近代において、同性愛ってどうだったんだろう?
宦官などの制度もあったし、興味深いところではあります。

●nicoさん。

そちらの二回目の感想、面白かったですよ。
ネタばれしまくりでしたが(笑)。

●flowfreeさん。

僕、かなりしつこくシリーズ化しますので
お付き合い、よろしくお願いします~。
それにしても、ロイターの誤報は驚きました。

●kazuccineさん。

ロイターの誤報情報を受けて、記事を追記しましたので
そちらも見てくださいね。
中国のゲイたちも、エロサイトをバンバン立ち上げてますよね。
中国政府が最近厳しいのは、「最後のあがき」なのかもしれないです。
人々のエネルギーを抑えられなくなるのも、時間の問題でしょう。

僕も、中国の同性愛史、すごく興味がある。
・・・というか、世界中の(笑)。
研究者になっちゃおうかな~(笑←けっこうマジ。)

ほんとだー。でもしっかり中国のニュースの違いをチェックしてるのはさすがですね。全部が削除したわけではないの、わかるなあ。香港はそこまでしないだろうしねえ。でも何よりakaboshiさんの記事に掛けてる時間、尋常じゃないよねえ。それに感心するな。私写真編集ももう投げ気味(苦笑)

●flowfreeさん。

中国のニュースは、教えてくれた「ぐりさん」の記事の
リンクを使わせていただきました。
自分に馴染みが無かったり、知らない地域のことは、
ついついマスメディアの情報に頼ってしまいがちですが
気をつけないと、ですね。

最近、ブログに書きたいことがありすぎて追いついていない位です(笑)。
「ブロークバック・マウンテン」の素晴らしさに翻弄されてしまってますね~ヤバい。

中国での上映について

少し前に中国のニュースサイトに事情通のコメントとして、今後この作品が中国国内で上映される可能性はゼロではない、という記事がチラッと載ってました。
ちょっと今ソースはわからなくなってしまったのですが。
この映画を中国で上映したい映画会社はまだ継続して許可申請を出していて、5月ごろに数本ぶんの申請がまとめて可否決定されるらしいんですが、うまくいけばそこでOKになるかもしれない。なにしろみたい人はたくさんいますし。
ただしまだ決まった話ではないし、どうなるかわかりませんけどね。

●ぐりさん。

僕も、どこかで「中国は海賊版天国」だと書いてあるのを見た事があります。
実際「ブロークバック・マウンテン」もそういう形で流通することになるのでしょうね。
そうですか。
許可申請を継続しているのだとしたら、もしかして公開される可能性が
出てくるのかもしれないですね。段階的に。たとえば香港とか新疆とかで。
我々は、出来るだけネットで情報を流し続けましょう(笑)。

>akaboshiさん

BBMの海賊版は中国では既に売られています。確かに中国は海賊版天国です。ハッキリいって中国で観られない映画ってほとんどないんじゃないですかね。
それと一般公開はまったく別の話です。

台湾では1月、香港では2月から公開は始まっていて好評みたいですよ。
香港は中国本土とは行政体制がまったく異なるので、香港だけは検閲はないです。現に香港ではゲイ映画でもなんでもふつーに公開されてます。
中国国内でも映画祭などのイベントで上映される可能性は高いので、その反響によっては上映許可は下りるかもしれません。

●ぐりさん。

海賊版で流通してしまうと、製作者たちや制作会社に利益が全く入らないわけですから
金銭的に、中国で一般公開できないという事実は大損ですよね。
作った人たちにとっては、かなり悲惨な話だなぁ・・・。
海賊版で小さな画面で見るより、やっぱり映画館の大きなスクリーンでこそ
この映画は味わって欲しいです。申請が通ることを願います。

台湾と香港は公開が早かったんですね。(というより日本が遅すぎ。笑)
香港では検閲は全くないんですか。
返還前はあれだけ盛んに映画が作られていた土地だから
中国政府も、そこまで強硬には出られなかったということでしょうか。
それにしても香港映画のあの勢いは、すっかり無くなってしまいましたね。
ものの見事に。

なるほど。
一般公開が禁止の場合でも、映画祭で上映されることは許可される可能性もあるかもしれないですね。

ひっぱっちゃいますが・・・

中国では大抵の映画は一般公開とほぼ同時に海賊版が流通します。それと映画館の入場料の値上げもあって年々動員数は減少しています。BBMだけの問題ではないです。
この現象は国際的な批判もあり、政府も取り締まってはいますが、広い国ですし正規版よりも海賊版の流通システムの方が密なので(正規版より海賊版の方が手に入りやすい)、一朝一夕にどうなるものでもないですね。

香港は97年に本土に返還されたときに「向こう50年は体制に変化なし」という保障があったので、法体制は返還前とほぼ変わりありません。
香港映画は確かに一時の勢いはなくなりましたが、最近はまた盛り返してますね。香港映画関係者は「香港映画は不景気」「元気がない」といわれるのにはみんな飽き飽きしてます。

中国でも何年かおきに不定期ですが同性愛映画の映画祭が開催されてます。
それ以外にもインディーズ映画の上映会などは頻繁に行われていて、ここでは国の許可がなくても上映は出来るようです。

●ぐりさん。

流通システムが不備で、海賊版の方が手に入りやすいという
逆転現象が起こっているんですね。すごいな~、逞しいというかなんというか(笑)。

香港映画の盛り返しは、最近は意識したことがありませんでした。

同性愛映画は、インディーズ上映なら可能なのですか。正しい情報をありがとうございます。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/264-51b606c9

この記事へのトラックバック

ブロークバック・マウンテン 2度目の観賞!

先日2度目の観賞を果たしました。観て、1度目よりもっと切なくなって、気分(だけ)は若返って、ここ数週間の仕事の忙しさで疲れきっていたのが、元気になったような気がします。アカデミー賞作品賞は逃しちゃいましたが、映画の影響力がそれで損なわれるということはない

中国政府とアメリカ人種力関係とブロークバック・マウンテン

Yahoo!ニュース - ロイター - 中国各紙、アン・リー監督を絶賛も「ゲイ」の部分などカット(アンリー監督の写真もありますというニュースで、削除された部分というのがちょっと驚きだ。ゲイコンテンツのため中国では公開禁止になったというこのブロークバック・マウンテンを

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。