フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフ★シネマ●『ココデナイドコカ』中川あゆみ監督×リョウさん×島田暁トーク03●映画が母へのカミングアウト!?/同性愛とGIDの区別がつかない「世間」 #ishihara_kougi



 前回に引き続き、「ゲイの弟を映画に撮った姉」である映像作家の中川あゆみさん、そして主人公のリョウさんをお迎えし、撮影時をふり返るトークをご紹介。

 映画の中では、リョウさんが一人暮らしから実家住まいに一時的に戻った際の、母親との「少しぎくしゃくする日常」が描かれているのですが、なんとこの日は会場に、そのお母さまが観に来てくださっていました。映画撮影時のことや、今、どう思っているのかなど、興味深いお話が聴けましたよ。

ココデナイドコカ上映後トーク03●映画が母へのカミングアウト!?


ココデナイドコカ上映後トーク04●同性愛とGIDの区別がつかない世間


ココデナイドコカ 上映後トーク PLAYLIST

 まだまだ、日本社会の大多数の人は、セクシュアル・マイノリティのことを「ざっくり」と一色でしかイメージ出来ていなかったりしますが、「一色ではなく、あなたと別個の存在なのではなく地続きのグラデーションなんですよ」と伝えるには、地道に少しずつ、丁寧に行うのが最も効果的なのではないかと思います。それは、そのことに気付いている人なら誰にでも出来ることなのかもしれません。FC2 同性愛 Blog Ranking




映画『ココデナイドコカ』予告編


中川あゆみさんによるデモ撮影動画
石原都知事の差別発言にNo!@新宿 2011.4.16.


『ココデナイドコカ』上映後トーク各記事へのリンク
01●ゲイの弟を映画で撮った姉の思い
02●同性愛は「精神異常・変態性欲」?
03●映画が母へのカミングアウト!?/同性愛とGIDの区別がつかない「世間」
04●「当事者のみに『カミングアウトしろ!しろ!しろ!』と強いるのは酷」「周囲が気付くべき問題」


座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル奨励賞ありがとうございます。
コンペティション部門公開審査会映像

映画『しみじみと歩いてる』上映会
5月27日(金)19:30(当日券のみ1200円)
会場:なかのZERO視聴覚ホール
監督:島田暁/2010年制作 77分■制作:akaboshi企画

 2006年10月から、大阪の御堂筋を性的マイノリティとその友人たちが歩く『関西レインボーパレード』に通いながら出会ったレズビアン、ゲイ、MtFトランスジェンダー、FtMトランスジェンダーそれぞれの日常生活、それぞれの違い、家族へのカミングアウト、仕事場や人間関係における葛藤、苦しみ、そして喜びを描いたドキュメンタリー。ゲイである監督の視点からまとめました。

★第6回青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバルでの上映も決まりました。(7月3日です。)
★『しみじみと歩いてる』を、あなたの街で上映してみませんか?上映についてのお問い合わせは、akaboshi07@gmail.comまで。
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/2492-57970533

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。