フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大木裕之監督『ウム/オム1』●MOVIEレビュー

 すべてを言語化できてしまうなら、映像なんていらない。

 ゲイは(あるいは「男」は)子どもを産むことは出来ない。ならば未来に対して何を生み出せるのか。映像の可能性を信じて思索し、生み続ける大木監督の「今」を観た。

★5月3日イメージフォーラムフェスティバル2010にて上映。

 こうして大木裕之監督の作品を文章化する時ほど、「映像を言語化する」ことの限界に付き当たることはない。解釈の単純化とは真逆のベクトル=複雑化を促すイメージの断片が、脳髄にダイレクトに流れ込んでくる。

 流れ行くイメージが、僕の中に新たなるイメージを喚起し、スクリーンと二重写しになって展開される。この感覚には中毒性があるようで、一瞬たりとも目を離したくない。まばたきをするのが惜しい。スクリーンを観ているようでいて、同時に自分を観ているかのような・・・。いくつもの感覚が同時並行で湧きあがる。

 かつて僕は、まだ自分が自分の「ゲイ」である側面に素直に向き合っていない頃に大木監督の『ターチ・トリップ』を観た。そして「なぜ、このイメージ群に心惹かれるのだろう」と驚くほどの衝撃を受けた。当時の僕にとって、ものすごくエロティックだったし根源的な何かを揺さぶられた。

 いわば心の原風景。その一部に確実に組み込まれている。

 会場に監督が居たが、憧れの人すぎて近寄れず。直視できず。FC2 同性愛 Blog Ranking


関連記事
大木裕之「木(ム)623MIX」●MOVIEレビュー(2005-08-09)
大木裕之「メイ2004-2005ナイフMIX」●MOVIEレビュー(2005-08-13)
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/2134-c3c02b59

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。