フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-06
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式

 明日は大学時代の友人の結婚式に出席しに新潟に行ってきます。今、経路検索したら新潟って東京から2時間30分で着いちゃうんですね~早っ!

 新潟と言えば実は20代の前半に演劇青年だった頃、旅公演で4月~5月に1カ月の長期滞在を2年連続でしたことがあります。公演以外の時間は超~ヒマだったから、あちこちぶらぶらしまくって、かなり詳しいかも(笑)。

 友人が式を挙げるホテルは信濃川沿いなので、まさに当時庭のように歩きまくっていたところ。懐かし~。せっかく行って式にしか出ないのはもったいないから、どっか安宿みつけて泊まってきちゃおうかなぁとも考えてます。(月曜は仕事の定休日なので。)

 友人から「式に出てくれない?」と言われた時、自分がゲイだのなんだのってことはどうでもよくて純粋に「彼のためだったら祝いたい」と思った自分が居ました。こういう機会でもないと、大学時代に仲の良かった人たちと再会する場はなかなか無いですし。

 大学時代は僕が「ゲイ・アイデンティティ」なんぞというものとは全く無縁で、誰のことが好きなのかもよくわからなかった時代。あ。でも、当時は演劇部の男の先輩とキスする役をやって(一時期だけ)好きになったりとか、ゼミが一緒だった女の子のことを好きになったりもしていた、そういえば。(このブログの初期に書きましたっけ。

 もしかしてあの時、僕に勇気があってあの女の子に告白したり付き合ったりしていたら、今ごろ自分のことを「ゲイ」だなんて思っていない可能性も無きにしもあらず。どっかで男との性欲に目覚めることがあったとしても、彼女とならば結婚生活を安定させることを優先させていたのかもしれない・・・なんてことをふと、思ったりもするのでした。

 明日はその彼女も式に来るらしい。新潟で造り酒屋に嫁いだ彼女は、夢だった「ジャーナリスト」への道は諦めたけれども、子どもが何人も出来てけっこう逞しく暮らしているらしい。

 やっぱり、一泊位はしてこようかな。新潟をいろいろ散策して、過去の自分に向き合ってみたいかも。FC2 同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/2087-2af25929

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。