フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

akaboshiコラム034●悦び

 年始にイベント&ブログに映像を出した後、本当はまだ出していない映像もあるのだけれど、ブログを基本的には放ったらかし、むしょうにものすご~く映画を観まくりたい衝動に駆られ、「今はそういう時期なんだろう」と開き直り、衝動に従う日々を過ごした。

 大島渚「愛と希望の街」「太陽の墓場」「日本の夜と霧」「天草四朗時貞」「小さな冒険旅行」「ユンボギの日記」「白昼の通り魔」「日本春歌考」「絞死刑」「悦楽」「新宿泥棒日記」「帰ってきたヨッパライ」「少年」「東京戦争戦後秘話」「戦場のメリークリスマス」「御法度」。ロードショー物では「アバター」「今度は愛妻家」「キャピタリズム」「かいじゅうたちのいるところ」。写真美術館に「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ・ブレッソン」を観に行ったりもした。

 僕はこういうとき、衝動に忠実に従うことにしている。そのような衝動が強く湧く気持ちというものは、もう二度と訪れるものではないだろうと思うから。そして、強い欲求に従った行動というものは必ず、長期的に見て自分の人生において「ターニングポイント」になっていると思うから。

 「これからやるぞ」という態勢に入る直前、吸収欲が異常に強くなる時がある。それが直接的に何か役に立つのかどうかは不明ではあるが、自分が本気でなんらかの「準備」に入ろうとしていることは確かだ。

 大島渚も木村伊兵衛も人間というものを原初的で無垢な眼差しで見つめ、露わにすることに悦びを見出し、圧倒的に魅力的だった。他の作家との決定的な違いは、そこにある。つまり、彼らが追い求めたものは自身の「喜び」ではなく、他者と裸で付き合うことによって得られる人間としての「悦び」だったのだ。FC2 同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/2034-eaecfb75

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。