フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

akaboshiコラム032●イトー・ターリ、橋口亮輔、リム・デズリ・・・3者の背中を鏡にして

  11月7日(日)はリム・デズリ監督の最新作『HOME』と、早稲田GLOWの自主制作映画の上映会があり、両会場で映画を観つつ、上映後に会場を出る人たちにパフ★シネマのチラシ配りをしました。

 リム・デズリ監督の『HOME』は、マレーシア国内でのビルマ難民問題を告発する内容なのですが、決して攻撃性を帯びずにむしろ静かな語り口。成熟した丁寧な映像表現で現実の不条理を描き出した深みのある作品でした。

 単なるメッセージを伝えるだけの社会派プロパガンダ映画に陥らず、映像ならではの表現とは何かを監督が模索しながら撮っていた様子が伝わってきました。この「こだわり」が有るのと無いのとでは「深み」が全然違ってきます。デズリ監督、さすがだなぁと思いました。

 トークの様子は、僕の方からお願いして撮影させてもらい、YouTubeに挙げさせてもらうことになりました。デズリさんからは「パフ★シネマの上映とは関係のないテーマだよ」と言われたのですが、僕としては「だからこそ」僕のブログで紹介させてもらいたいと思うんです。

 かつて「レズビアンであること」に執拗にこだわって映画を創っていた人が、今では更に深く、自己の出自にも関わる「移民問題」に積極的に取り組んでいる。その背中から学ぶべきことって、たくさんあるような気がするんです。

 そういえばゲイである橋口亮輔監督も、最新作『ぐるりのこと。』では、これまで執拗にこだわってきた「ゲイであること」から自由になったところで更に、映画による人間描写や社会を批判的に捉え返す視点の鋭さを深化させました。

 パフォーマンス・アーティストのイトー・ターリさんも、かつて作品の中でカミングアウトをして以来、10年近く「レズビアンであること」にこだわって来たのですが、現在では自由になり、従軍慰安婦問題や沖縄の米軍基地周辺での女性に対する性暴力の問題などの、社会性を帯びた具体的なテーマを取り込んだ作品創りに、積極的に取り組んでいます。

 「自分」の枠から解放されて、視点が「社会」の方にも広がっている。この3者に共通して言えることだなぁと思いました。

 だからといって現在のこの3者が「セクマイであること」を完全に捨てきったかというと、そんな単純なことではないと思います。

 「セクマイであること」とはつまり、社会通念で「当たり前」とされていることから離れられる(あるいは離れてしまう)ということです。つまり、いろんなことを分析し直す癖が付くんですね。これって表現者にはすごく大事なこと。

 「セクマイであること」を、視点を深化させるための養分に変え、なおかつこれまで「捕らわれていたもの」から離れることが出来た人たちの軽やかな姿勢や、その「背中」を見つめることで、いろんなことを感じます。

 今の僕にとって、3者の「現在」は「現在」ではないけれど。10年選手でやっていたとしたら、そういう時が来るのかもしれない。いや、僕にはいつまでも来ないのかもしれない。それは歩んでみなければわからないけれど。今の僕は確実に、まずはきっちりと「セクマイであること」に向き合った形で、いろんなことを表現したり、人と出会って考えて行きたいと思っている。そのことは確認できるんです。

 今の自分とは違う、この3者の「背中」を見ることで、己の姿も相対的に浮かび上がるんですね。「ロールモデル」っていうのはきっと、安易に「お手本」なんかにするべきものではなく、今の己を浮かび上がらせるための「鏡」にするべきものではないでしょうか。

 そういう意味でこの3者は、僕にとっての「ロールモデル」です。FC2 同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1922-15eb4a51

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。