フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィークリーYouTube回転ベストテン★10月3日(土)~10月9日(金)●単純でわかりやすい物語よりも、「複雑さ」をこそ愛したい。

■10月3日(土)~10月9日(金)の再生回数ベストテン(akaboshi07アカウント内)

→1.同性愛とテレビジョン●NHK放送中止事件の真相(580)
→2.パフナイト★知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」01●レズビアンのSEXはエンドレス?(502)
↑3.GOGOBOYショー~K-Ci&GUY●神戸LGBTIQプライドマーチL.T.mini04●(423)
↓4.パフナイト★知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」05●いろんな「萌え」、いろんなオナニー(403)
↓5.パフナイト★知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」02●マルチ・オーガニズム???(402)
↓6.パフナイト★知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」03●ゲイのSEXはいつも挿入するの?(359)
→7.韓国のゲイ映画「後悔なんてしない/No Regret」イ・ヨンフンさんTALK03●第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(292)
→8.「障害者でなにが悪いねん!」という言葉と出会って~上野久美さんインタビュー01(244)
○9.既婚者ゲイに聞く!同性婚するってどんな感じ?01●本当に同性婚!(211)
○10.三島由紀夫と福島次郎●薔薇族周辺のゲイ・エロティックアート04(188)




■今週の大台突破 30000 view

パフナイト★知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」03●ゲイのSEXはいつも挿入するの?
 
初出ブログ記事(2007-10-08)
パフナイト★知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」PLAYLIST

 さ・・・3万って・・・(ポカ~ン)。




■今週の大台突破 5000 view

石坂モモさんの語る息子からのカミングアウト03~頭では理解していたつもりだったのに
 
初出ブログ記事(2007-02-13)
石坂モモさんの語る息子からのカ ミングアウト PLAYLIST

 久々に見返してみて感じたのですが、モモさんのお話は、「大丈夫なのよ、だからどんどんカミングアウトしちゃいなさ~い♪」という無邪気なレベルで終わらずに、かつて自分が悩んだことや周囲の人々から聞いた「リスク面」についても、ちゃんと意識的に丁寧に話してくださっているんですね。

 こんな風に、聴き手に「複眼的な視点」を持たせてくれることこそが大事なんじゃないかと僕は思います。そのことによって、真の意味で心の深いところから、自分に引き付けて考えることが出来るのではないかと思うからです。

★石坂モモさんNEWS!

11月23日(祝)16時~パフ★シネマにて、ドキュメンタリー映画「一緒ネ!」上映。

・・・上映後には石坂わたるさん、赤杉康伸さん、石坂モモさん、名執たいすけ監督をお迎えしてのトークショーも開催。皆さんが一堂に会するのは久しぶり。最近の生活についてとか、いろいろ詳しく突っ込んで聴いてみようと思っています。
■詳細はパフ★シネマ公式サイトの作品紹介ページまで。→こちら。





■今週の大台突破 1000 view

薔薇族城落城02●象徴的だなぁ・・・
 
初出ブログ記事(2007-03-07)
薔薇族城落城 PLAYLIST

 2007年。伊藤文学さんと出会った日の映像。経済的にひっ迫して長年住み慣れた持ち家を手放さざるを得なかった文学さん。その建物は、日本の商業同性愛雑誌のパイオニア『薔薇族』が生み出されていた場所でした。

 建物が壊されているという報せを受け、とりあえずカメラを持って撮りに行ったところ、文学さんと初めて会うことが出来ました。自分の身に起こっていることなのに、どこか飄々としている文学さんの様子が印象的でした。その後も文学さんは飄々と、元気に執筆活動を続けています。

『裸の女房―60年代を疾風のごとく駆け抜けた前衛舞踊家・伊藤ミカ』




■今週の大台突破 1000 view

第1回京都トランスジェンダー映画祭11●最近うれしいことがあって・・・
 
初出ブログ記事(2008-08-25 )
第1回トランスジェンダー映画祭 PLAYLIST

 京都大学で2008年5月31日に開催された「第1回京都トランスジェンダー映画祭」。もともと映画マニアなので「これは貴重な機会!」と喜び勇んで京都に出かけ、たくさんの素敵な映画に出会い、「男子であること」の上映後に行われた遠藤まめた君とひびのまことさんのトークを撮影しました。特に、この映像の部分は印象的なエピソードでした。

 「わかりやすい答え」なんてものは何処にも無くて、あるのは「一人ひとりにとっての真実」だけなんだなぁと感じました。FC2 同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1878-5ab410d2

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。