フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌード狂時代 / S指定

 すっかり映画狂いの連休ですが、今日は「ラテンビート映画祭」に専念する日でした。コロンビアの連続ドラマ『華麗なるペルス夫妻』は、夫婦で同じ番組のニュースキャスターをやっているという超有名セレブが主人公なのですが、なんと旦那はゲイなので「仮面夫婦」という設定(笑)。 妻はそれを知っているので恋人が別にいるわけですが、世間的には「おしどり夫婦」を演じているのです。

 しかしある時、テレビ局社長の暴力から、キャスターの旦那の方が後頭部を打ち付けて意識不明になってしまい、スキャンダルを恐れた社長は、そっくりな俳優を見つけてきて代役させることにしたのですが・・・。キャスターとしての「代役」は務められても、「ゲイ」としての代役は務められるのか!?というところで終了。なんと(意識不明になった)キャスターの旦那は、テレビ局社長の息子と恋人同士だったという設定なので、いやがおうにも今後の展開が気になります。

 今日の上映は「第一話のみ」しかやらない企画だったので続きが気になってしょうがないわけですが、lalaTVに入会しないと見れないらしいです。まあでも、こんな設定があっけらかんと放送されているコロンビアのテレビ事情が伺い知れたので楽しかったです。

 そしてそのあと、タイトルに惹かれて何の気なしに見た『ヌード狂時代 / S指定』がすっごく良かった!。かつて、フェミニズムが台頭してきた時代と並行してスペインでは女性の裸が「S指定」の枠の中で映画表現において解禁され、「ポルノブーム」が起こったらしいのですが、その時代に「ポルノ映画のアイドル」として一世を風靡した3人組の女優の、それぞれの人生を描いた半生記。

 貧しい時代を共有しながらも、次第にライバル心を抱き合った3人は、芸能界の大物をゲットして、のし上がるために争ったり。その戦線から離脱して、ドラッグに溺れてしまったり。大物の妻の座をゲットしても、ちっとも心は満たされなかったり。「うまく行く人生」という到達点には、なかなか辿り着くことができません。

 互いに争い合ったり複雑な感情を抱き合った3人が十数年後に、世の中の酸いも甘いも知り尽くしたうえで再会し、3人ともが寝たことがある「一人の男」をめぐって「あいつ、床下手だよね。早漏だし。」と言って笑いあう場面が秀逸。女性の逞しさを象徴する名場面でした。

 スペイン社会の中で「女性」が置かれ続けてきた時代環境が浮かび上がると同時に、人が「生き抜く」ということの凄みと哀切と滑稽が、圧倒的な強度を伴って迫ってきました。そして、「ポルノ」という差別感情に曝されがちな職業で生きた彼女たちの「過去」を、本人たちがリスペクトする心情を描き出した場面がとにかく美しかった。

 この映画、僕にとって、一生忘れられないくらいの名作の一本になりました。こうした映画祭でしか見ることが出来ないという現実が、本当にもったいないです。志のある配給会社の方、ぜひ買い取って劇場公開してください!FC2 同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

ラテンビート映画祭、取り上げていただきありがとうございます。今日会場で声をかけさせていただいたのですが、驚かせてしまったようですいませんでした。『ヌード狂』、期待以上の素晴らしい映画でしたね。映画で描かれるしたたかな女性像や、70年代のキッチュでキャンプな趣向はゲイ受けすると思います。一般公開されるのを期待したいですね。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1855-4bcfe04d

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。