フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

akaboshiコラム020●「東京国際レ・・・」 →(間)→ 「青山の映画祭でございますねっ!」



 なにを隠そう(隠してね~だろ。笑)ドキュメンタリー映画が大好きなので、今年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭の海外ドキュメンタリー3本の、新宿バルト9でのチケットを購入しました。昨年、バルト9での上映は満員が多くて当日券では入れなかったものが結構あったので、今年は準備万端で臨もうかと思いまして。(ドキュメンタリーは地味だからと侮るなかれ!昨年の「愛のジハード」なんて超満員だったのだ!)

前売り券を買った映画
アウトレイジ
分断の街で
安らぎの家を探して

 チケットぴあの店頭で買ったわけですが・・・席を決める際にカウンターで販売しているお姉さんと会話することになるわけですね。その時、コンピューターの端末を見ながら彼女が「東京国際レ・・・」と言った途端に言い淀み、すかさず「青山の映画祭でございますねっ!」と言い換えたのを僕は見逃さなかったっ!(爆)。

 その時に初めて気が付きましたよ、ああ、そういうことかと。確かに僕の後ろには順番待ちの列ができていましたから、そのまま「レズビアン&ゲイ映画祭」という言葉が彼女の口から発せられたとしたら、視線は僕の所に集中していたでしょう。でもねぇ。ぜんぜん構わなかったんだよねぇ・・・。(←ずいぶんと腹が据わってきたもんだ。)むしろ「配慮してくれた」というその行為自体に、なんだかモヤモヤとした気持を喚起させられました。

 これまで同映画祭の場には「当日券」とか「パスポート」でしか入ったことがなかったので気付かなかったのですが、こうして外の場面で前売り券を買ってみると、「レズビアン&ゲイ」という言葉が、どのように使用されているのかをリサーチする機会にもなるんですね(笑)。

 よ~し。まだ他にも新宿バルト9でのチケット、買っておこうと思うのがあるので今度はコンビニで買って試してみよっと。(←遊ぶな。爆)FC2 同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

こんにちは。ブログ楽しみにしています。
チケットぴあ、のお姉さんの対応にも日本の今が見えますね~
さて。私、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭の告知チラシにあった「ペドロアルモドバル初期作品上映会」を見るため、セルバンテス文化センターに行ってまいりました。スペイン政府運営の施設だそうですが、上映前の主催者さんのご挨拶が面白かったです。スペインでの同性結婚や養子縁組などについて言及され、日本でもその実現があるように…でも、その実現は天から降ってくるようなものではない…という趣旨のことをおっしゃっていました。映画祭実行委員長も来られてお話され、映画祭のことを広く告知するよい機会にもなったのでは。
もともとアルモドバルファンだったのですが、単純な私はスペイン政府ファンにもなっちゃいました(笑)
ご報告まで~

おお。わたしも見たいです。しかし、おねーさんの話は、複雑な気持ちになりましたよ。わたしも言ってもらって構わない、ていうか濁すな!と思うしっ
というより、そういうことも企業は教えていく時期が来てるんじゃないか、って気がするんですけど。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1753-bd537426

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。