フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回東京プライドフェスティバル05●北原みのりさん・笹野みちるさん・竹内佐千子さんトーク●「しょうもないもの」に傷つけられることはない。



 5回にわたってお送りしてきた第1回東京プライドフェスティバル・オープニングトーク「つなぐ・つたえる・あらわす」は、今回で最終回。

 出演は北原みのりさんLOVE PIECE CLUB代表)、笹野みちるさん(ミュージシャン→ブログ)、竹内佐千子さん(漫画家→公式サイト)の3人。司会は砂川秀樹さん(東京プライド代表)です。

  
第1回東京プライドフェスティバルPLAYLIST

 砂川さんによると、セクシュアルマイノリティのイベントというとどうしても「ゲイ色」「男性色」が強かったので、あえてこの3人でのトークを企画したとのこと。その狙いは当たったようで、実際に会場では例年のパレードの時よりも断然、女性の比率が高かったように思います。

 「社会のことよりもまず、個人としての生き方の充実」を語る笹野みちるさん。「やっぱり社会にも、少なからずの課題があるでしょ」というスタンスの北原みのりさん。そして、表現における自然な流れとして「レズビアンである自分」を書くことになり、それは特別なことではなかったという竹内佐千子さん。

 それぞれの個性や立ち位置が明確に分かれていながらも、闘い合うのではなく「そうなんだぁ~」と聴き合っている様子が、やわらかな雰囲気を醸し出していたように思います。そして、彼女らのトークの空気感に自然に溶け込みつつ、それぞれの個性を引き出していた砂川秀樹さんの進行ぶりが印象的でした。FC2 同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1729-e406c1e7

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。