フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスのパックス法(PACS)制定秘話06●カリフォルニアProp8について~「戦い」になってしまったのは間違いだけど。



 諸事情でブログを休み気味だったため間が空きましたが、最後まで映像公開を続けます。

 フランスの社会学者フレデリック・マルテルさんは2月7日、尾辻かな子事務所に集まった75名の前で1時間近く語った最後に、世界各国の「同性パートナー法」に関する事情を解説してくれました。

 特に、アメリカ国内における各地域や州レベル、連邦レベルでの法律の「違い」が浮かび上がって面白いです。また、カリフォルニアで行われた昨年11月の「Prop8」(同性婚禁止を求める住民投票)をめぐる動向に関しての見解も述べています。

11●「戦い」になってしまったのは間違いだけど。
  

★マルテルさんの著書・・・『超大国アメリカの文化力―仏文化外交官による全米踏査レポート』
★関連映像シリーズ「既婚者ゲイに聞く!『同性婚する』ってどんな感じ?」

 たしかに「戦い」や「革命」には反動が付きものですからね。ただ、マルテルさんもおっしゃっている通り、歴史を俯瞰して長期的な視座に立ってみると、どのような「ベクトル」に向かっているのかは明白です。このシリーズの連載を休んでいたこの2か月の間だけでも「同性パートナー法」に関しては、次のような動きが各所で起こっています。

2月7日●コロンビア憲法裁 同性カップルの権利支持
3月6日●同性婚禁止の州法は是か非か、米加州最高裁で審理はじまる
4月4日●スウェーデン 同性婚法成立
4月7日●米バーモント州議会、同性結婚を合法化 知事の拒否権覆す

 そして日本でも3月27日。法務省がはじめて「同性愛者」の存在を意識した動向を示しました。
海外での同性婚可能に 法務省が新証明書発行へ
法務省、福島党首らの要請で海外での同性婚認める

 ちょっとず~つ。動いてきてますよぉ~。FC2 同性愛 Blog Ranking
フランスのPACS法制定秘話INDEX
フランスでPACS法を作ったゲイ・ジャーナリストと語る会、急きょ開催!
01●告知2日で75人。真剣な眼差しと熱気に満ちたトークイベント開催!
02●マジョリティの支持をどう議会で集めるか
03●政治と解放運動とは違う
04●何度も「これは負け戦だ」と思った
05●マジョリティが受け入れた要因は?
06●カリフォルニアProp8について~「戦い」になってしまったのは間違いだけど。
07●日本のギャップは逆説的
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1656-0aa2ade0

この記事へのトラックバック

『超大国アメリカの文化力』と関連作品ふたつ

 友人が翻訳に関わった、フレデリック・マルテルの『超大国アメリカの文化力―仏文化外交官による全米踏査レポート』を読んだ。  この本はなんだかまるで読んだ5分後には忘れちゃいそうなチャラくて軽薄な新書みたいなどうしようもない邦題がつけられているのだが、600ペ

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。