フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフナイト115★テレビに“虹”はどこまで映る?NHK「ハートをつなごう」ディレクターと話そう17●TVに暗い問題は乗らないの?



 会場からの率直で鋭い意見がまだまだ続きます。今回はお2人から。

19●TVに暗い問題は乗らないの?
  

 「明るいイメージを植え付けたいのかな?と感じた」と発言した人の気持ち、とてもよくわかります。そして、それを言われたNHKの制作者側が何故、その理由に「ピン」と来ていないのか。原因を推察してみます。

 映像を見る人って必ずしも「意味」や「言葉」だけで受け取るわけではないということは、これまでにも何度も書いてきました。さらに具体的に言うと、映像の色彩設計やコントラスト・明度、音楽や効果音に何を使っているか。そうしたものが総合的に作用して、視聴者の感覚に働きかけてくるものだと思うんです。

 僕個人の印象としては、「ハートをつなごう」の色彩設計は、撮影の時点から既に「綺麗に明るめにファンタジックに」組み立てられているように感じます。撮り方が上手すぎるし美しすぎるんですよ。

 「美しい」には様々な意味があるわけですが、この場合は「まるでファッション雑誌のグラビア・ページを見ているかのような気がする」という意味での美しさ。その結果、美しいもの(光)だけではなく、その裏に潜む醜いもの(影)も同時に映し撮れるはずである「映像本来が持つ多義性」とか「リアルさ」が、損なわれてしまっているのではないかと感じます。

 また、音の面でも意図的な操作が随所に感じられます。VTRを編集する際に頻繁に「カッコ良さ気で明るい曲調の洋楽のBGM」を使用し、ユーモラスで明るくさわやかな印象を視聴者に喚起させています。また、スタジオ・トーク場面が始まる際にはSEで鳥のさえずりを入れた上で、ファンタジックでカラフルなセットが映し出されるなど、随所に「やわらかく明るめで優しいイメージ」を、視聴者に知らず知らずのうちに喚起させる仕掛けが施されています。

 さらに気になる点が。スタジオで議論が行われている場面で、何故かカメラは静止せずにパン(移動)し続け、ここでも映像的にスタイリッシュであることが追及されています。発言内容に関係なくそれが行われていることも原因してか、時として、話されている内容を視聴者が咀嚼するための「隙間」が殺されている場面も見受けられます。つまり視聴者としては議論に集中できず、意識が拡散されてしまうのです。

 おそらく、NHK教育テレビに持たれがちな「堅苦しさ」や「真面目くささ」といったイメージを番組から払拭したいがために編み出された表現スタイルなのでしょうが、「軽く」「明るく」観てもらいたいという番組制作者側の意図が、全体的に過剰に透けて見え過ぎているのではないかと感じます。

 そうしたこと全てが相乗的に作用して、結果的には、現実をリアルに立体的に描き出す際には不可欠であるはずの「影」の部分が視聴者の印象に残りにくくなり、「光」の印象が強烈に残って「一面的」だと感じ、そこに押し付けがましさを感じて反発すら覚える人が多くなる一因になっているような気がします。

 しかし『ハートをつなごう』制作者側にとって、そうした番組のスタイルは既に「当たり前のこと」となっており、疑ってみる対象にすらなっていないから気付かないのかもしれません。「そんなのはスタイルの問題だ」と侮るなかれ。スタイルにこそ思想性が込められていたり、受け手の深層意識に深く働きかける要素が潜んでいたりもするわけですから。

 映像作りのための「美学」や番組の「スタイル」に引っ張られ、本当に描き出したいことが覆い隠されてしまったり、なにを取材しても結果的には一面的な印象しかもたらしにくくなってしまっているのだとしたら、すごくもったいないことですね。これは『ハートをつなごう』を初めて見たときから、ずっと僕が感じ続けている「ムズ痒さ」の原因にも通じています。FC2 同性愛 Blog Ranking
テレビに“虹”はどこまで映る?NHKディレクターと話そうINDEX
01●テレビに映ると「特別」な人?
02●感情をひろいたい
03●性同一性障害シリーズでの発見~今村裕治ディレクター
04●TVを作ってて言うのもなんなんですけど~細見明日子ディレクター
05●若者の自己受容物語は「パターン」?
06●過剰反応は回路を遮断し、放送禁止用語を増やすだけ!?
07●テレビの限界、テレビの可能性
08●「活動家」である前に人であれ!~竜超独演会
09●正しすぎるわっ!!
10●インターセックスに関する方針は?
11●そもそも「ハートをつなごう」の視聴対象は?
12●「福祉番組」に限界はあるの?
13●ロールモデルをめぐる対話と考察
14●「じゃあ言いましょう」と名乗り出る流れに
15●怒ってほしい、不満を持ってほしい
16●生き抜いてきたことが、ロールモデル
17●TVに暗い問題は乗らないの?
18●落差は、さほどの落差じゃない
19●もう人柱は要りません
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

今日中に・・・・

ご無沙汰しています。

今日中には、1000000hitですかね!?
おめでとう。

ちょくちょく覗かせてもらってますwww

また何処かで・・・!!

akaboshiさんの問題提議はよくわかりますし、ここで言われていることは初めて聞くものではありません。
 わたしも、YouTubeで質問されていた方と同じように長くなってしまうので、ひとつに絞ってコメントさせていただきます。
 「色彩」についてです。もし、色彩でゲイ・レズビアンの回で明るいイメージを持たせるならば、もっと明るめの色彩が使われていたはずです。
例えば、赤・ピンク・オレンジなどです。
ですが、実際は、青、藍色、をベースとした絵がほとんどの場面において使われていたような覚えがあります。この番組で使われていた青はあまり気分が高揚したときに使われる色ではありません。
その青を基調とした絵が使われていたときが、本人が自殺を考えていたり、うつ病になったり、という場面で使われていたのではないでしょうか?
 それに番組の最初から青ベースの絵で「ゲイとは?」とか「レズビアンとは?」などが紹介されていました。

私は番組を見ながら、「なるほど。作り手としてはこの色の使い方はとてもうまい」と感じていたのです。あまりに明るいピンクとかオレンジを使って、ゲイ・レズビアンが日本でハッピーな存在だということをいうのは違いますよね。

あまりにも悲観的な番組を作るのは反対です。番組を長く続かせるためには視聴者をまずひきつけることが必要だと思います。まずはネガティブな側面を見せつつ、それよりもポジティブな側面を多くして、そして、テーマが好評だったら(YouTubeのディレクターさんの発言にもあるように)かなり深刻な問題を取り上げていく。

たった30分しかない枠です。三ヶ月でぽしゃるシリーズ番組では困ります。長く番組を続かせて、だんだんと本音を多くしていくという現実的手法も必要ではないでしょうか。

長年続いていく番組を作るために、もちろんLGBT当事者からの批評も必要ですが、いい点はいい点で評価したいと僕は思います。




コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1581-e2467d8e

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。