フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフナイト★92●セクシュアリティと政治'08-02●送り手の論理と受け手の論理



 前回は尾辻かな子さんの「選挙戦をふりかえって」をお届けしたわけですが、それを聴いた上での質問が出ました。「レズビアン」というシングル・イッシューを前面に押し出しての選挙戦は、どういう理由だったのか。情報を発信する側の論理と、受け取る側の論理。・・・当然ながら、違うものなんだなぁ~と感じました。そして、その「違い」はどの程度、重要視されていたのだろうかとも思いました。

04●送り手の論理と受け手の論理
  

05●言葉を鍛えることが「民主主義」
  

 コミュニケーションって本当に難しいものだと感じます。伝わっていると思っていたことが、実は伝わっていなくて「別の意味で」解釈されているということも、日常では多々ありますし。まあ、それは当然と言えば当然なんですけどね。

 人それぞれ、生まれも違えば育った家庭も違うわけですから、同じ言葉や表現に触れても「受け取り方には多様性がある」のは当たり前のことなんだという認識は、常に持っていたいものだと感じます。それこそが本来の意味で「他者を尊重する」ということでもありますし。「自分がこう思う」ということだけではなく、「それを他者は、あんな風にもこういう風にも受け取るのだ」ということへの許容力と受容力と発見力を磨いていきたいです。これってもしかして、いわゆる「アクティビズム」に最も足りないことなのかもしれません。だから疲弊しやすいのではないかと思ったりします。かつての自分も含めて。

 さて次回は、映像の最後の方で業を煮やして割り込んだ(笑)ロビイング団体「共生ネット」の代表である、ミナ汰さんのお話です。このイベント当日は終了時刻をきっちりと予告して始めたため、パネリストの方々は「時間内に言いたいことを全部言おう」と、早口気味で展開してくださいました。聴いている側としては、緊張感にあふれたスピーディーなトーク展開が面白く、最後まで本当に楽しみながら聴けました。その反面、「話す側」としては大変だったでしょうけどね。FC2 同性愛Blog Ranking
「セクシュアリティと政治’08」記事INDEX
01●尾辻かな子さん・昨年の選挙をふりかえって
02●送り手の論理と受け手の論理
03●尾辻さん落選のショックをバネにして~「共生ネット」始動
04●当事者である説得力!?
05●ダメポな部分も愛しながら ~これからのアクティビズム
06●レズビアンインパクト戦略に罪があったとするならば
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1517-bd5777fe

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。