フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-09
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフナイト★82●熱々☆Rainbow Arts 06●佐良直美さんのスキャンダルがもたらしたトラウマ



 前回紹介したエピソードで、「表現」と「レズビアンであること」が結びついたのは、だいぶ経ってからのことだったと語ったイトー・ターリさん。その原因の一つとして語られたのは・・・あの有名な、大物芸能人の「レズビアン・スキャンダル」だったんだそうです。

08●佐良直美さんのスキャンダルがもたらしたトラウマ
  

 「昭和の芸能スキャンダル」を特集するムックなどでは、必ずといっていいほど登場する定番ネタである「佐良直美・キャッシーのレズビアン・スキャンダル」。歌手や女優としてテレビで活躍し、1970年代にはNHK紅白歌合戦の司会を5回も務めるなどの「国民的人気タレント」として大活躍していた佐良直美さんは、1980年に恋人(だったらしい)タレントのキャッシーさんとの仲をスキャンダラスに報道されたことがきっかけとなり、結果的に芸能界の第一線から退くことになってしまいました。

●YouTubeより~世界は二人のために
  

 当時は、今よりももっと「レズビアン」の存在が社会的に見えにくかった時代。男性同性/両性愛者には雑誌『薔薇族』や『アドン』等があり、すでに「コミュニティー」が存在していたわけですが、女性同性/両性愛者には商業雑誌など無く、インターネットも無かったわけですから精神的な孤絶感はとても強かったはずです。そんな時に世間を揺るがした大スキャンダル。「レズビアン」の文字がセンセーショナルに書きたてられたことで、レズビアンの多くがトラウマを負うことになったようです。40代以上のレズビアンと話すと、「あれはショックだった」と語る人がとても多いです。

 佐良直美さんは現在、たまに懐メロ番組でコメント出演をしている姿をお見かけしますが、いつか当時の心境を忌憚なく振り返って語る日が・・・来て欲しいなぁと勝手に僕は思っています。FC2 同性愛Blog Ranking



『Rainbow Arts Exhibition 2008』

日時:2008年8月17日(日)~8月23日(土)
10:00~20:00(23日は17:00クローズ)
会場:全労済ホール スペース・ゼロ

※ 23日…13:00~17:00 クロージングパーティー
(軽食あり。13時よりイトー・ターリさんによるパフォーミング・アートを上演予定)
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

引退理由

この歌って、佐良直美さんの歌でしたか…

ウィキペディアなんかで調べてみると、
彼女が最終的に芸能界から姿を消した理由は
レズビアンスキャンダルよりもむしろ
声帯を手術したことが大きかったみたいです。

これを知った時、少しホッとしました。

●miyaharaさん。

そうですか。リアルタイムの知識がないのであまり詳しいことは知らないのですが、スキャンダル以降、紅白の司会はやらなくなりましたし、いわゆる芸能人としての「第一線」からは(結果的に)退くことになってしまったようですね。

今は実業家として暮らしていらっしゃるようで、懐メロ番組等でたまにコメント出演も、したりしているようです。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1341-ba10ef8e

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。