fc2ブログ

フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2024-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

三島由紀夫とつきあってみる。003● 「卒塔婆小町」体験記②

今回、ひさびさに「卒塔婆小町(そとばこまち)」を読み返してみた。9年ぶりだ。
文庫本でたったの21ページ。あっという間に読めてしまう。今の視点から読み返してみると、想像以上に面白い戯曲だった。

それにしてもかつての自分は、どれほどこの台詞の面白さを理解していたのだろうか・・・あの頃はわからないままに、ただ単に暗記して喋っていただけなんじゃないかと思うと、冷や汗が出てきてしまう。
もし今の自分が演出家で当時の自分を目の当たりにしたら
「全然わかってないっ!なんだその口先だけの表現は・・・出直して来い!」
と、灰皿投げつけて罵倒しまくるであろう。
恋愛の「れ」の字も知らず、単なる演劇バカだったあの頃の僕に、この作品が理解できるはずもない。演技というものはやはり、演者の人生経験が滲み出てこそ人に見せられるものだから。

しっかし三島由紀夫はすぐに男を殺す(笑)。
しかも早死にするのは必ず若くて純粋な美男子。女は反対にたくましく、男の死を乗り越え生きて行くというパターンが、どうも好きらしい。この作品は、いわばその王道である。

能の謡曲として名高いこの物語は、小野小町と深草少将の百夜(ももよ)通い伝説がベースになっている。
小町の美しさに魅せられ求愛する深草少将。
小町は少将に、百夜通えば百日目の夜に契りを結ばせることを約束する。
少将はがんばって99日目の夜まで通い続けるのだが、いよいよ100日目になって大雪の中で凍死してしまうという、ヒジョーに可愛そうな物語。

三島由紀夫はこの物語を、現代のうら寂れた公園に場面を設定しなおし、小町を99歳の老婆にし、深草少将を酔いどれの詩人にした・・・要するに、かなり「醜く」書き変えたのである(笑)。
恋人同士がベンチで愛を囁き合う夜の公園に、老婆は夜な夜な出現する。カップルの邪魔をして意地悪くベンチを占拠するのだ。そこへ酩酊した貧乏な詩人が話しかけ、二人の恋愛談義がはじまる。

この詩人が、かなり理論家で頭でっかちなロマンチスト。
たぶん恋愛経験はないのだろう。恋愛というものを頭の中だけで理想化し、崇高なものだと思い込んでいる。そして、周囲のベンチで愛を語り合う恋人達を賞賛し、老婆にこう語る。

詩人「僕は尊敬するんだ。愛し合っている若い人たち。彼らの目に映っているもの、彼らが見ている百倍も美しい世界、そういうものを尊敬するんだ。」

しかし老婆は詩人の甘ったるいセンチメンタルを嘲笑って否定する。

老婆「ふん、あんたは若くて、能なしで、まだ物を見る目がないんだね。・・・あいつらこそお墓の上で乳繰り合っていやがるんだよ。・・・そら、あいつらは死人に見えやしないかい。ああやってるあいだ、あいつらは死んでるんだ。」

恋愛状態で熱に浮かされることを「生」だという詩人。「死」だという老婆。
この対比が面白い。

僕の相手役の女性は当時20代だったため、この深いテーマをどう自分のものとして引き付けて演じるべきか戸惑っていたようだ。よく二人で台詞の解釈について話をした。
台詞を憶えて口に出すことは、誰にでも出来る。
しかしその一言一言に血を通わせることが出来るのかどうか。生きた自分の言葉として肉体化できるのかどうか。そこで、演者の人間としての度量や人生経験が問われてくるのだ。

今思えば、彼女とは本当によく会って稽古をした。いちばんよく稽古をした場所は皇居前広場だ。
ベンチがいっぱいあって、広い割には人が少なく、台詞を喋っていても怪しまれない雰囲気があるからだ。

若い男女が二人きりで会う。そこには色っぽい展開が期待されがちではあるが・・・
ご存知の通り僕は女性に性的魅力を感じないから、彼女のことを性的欲望の対象として見る事は、まったくなかった(笑)。
当時はまだ自分がゲイだという自覚はなかった。
恋愛というものに興味がなかったので彼女を異性として意識することなど、考えつきもしなかった。
彼女の方は、どうだったのだろう・・・。
不思議と「女」を感じさせない雰囲気の人だったから、長く一緒にいても自然でいられたのかもしれない。彼女もなんとなく、性の垣根を越境しているような人だった。

FC2 同性愛Blog Ranking



スポンサーサイト



コメント

この記事へのコメント

生きた自分の言葉として肉体化できるのかどうか。そこで、演者の人間としての度量や人生経験が問われてくるのだ。
結局は、何をどう生きているかという事に繋がるのだと思います。
演劇は、思考と表現力の問題の芸術なのだろうと、観るだけの私は考えています。
 人生経験も多ければ良いという問題ではなくて、その経験から何を学んでそれをどう生かすかという事ですね。
 読んでみます!

ふ~ん。なるほどね。「死」と「生」って全くの正反対なものですよね?
難しい内容です。まだ理解できない私はお子様ですね。
それにしても当時の相手役の彼女もきっと素敵な女性だったのでしょうね。

「卒塔婆小町」は、それほど長い作品ではないのですね。一度読んでみようかな。“彼女もなんとなく、性の垣根を越境しているような人”・・・「性の垣根」は「生の垣根」に続くのかな。

●seaさん。
そうですね。本当は役者にも、
作家と同じ位に世の中に対する批評眼や人間への洞察力が
必要なんだと思います。
「名優」と呼ばれる人たちは、皆、そういう人たちだと思います。
作家と俳優との違いは、
活字を使って表現するか、自分の身体を使って表現するかの
違いしかないと思います。

● jyubonさん。
「生」と「死」の問題って、いろんなことに当てはめて考えられるし
議論を始めたらとりとめもなく続いてしまうような、ある意味人間にとって
究極の問題だったりしますからね。
相手役の人・・・かわいかったですよ(笑)。

●cafenoirさん。
すぐに読み終わりますので、ぜひ読んでみてください。
舞台化すると、舞踊シーンを入れたり音楽を入れたりするだろうから
ある程度の長さにはなるのでしょうが。
「生の垣根」を行ったり来たりする、ある意味怖い物語でもあります。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/133-17d59eb3

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)