フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭04●「誓いのKiss?/Kiss ths Bride」監督C・ジェイ・コックスさんTALK



 撮ったものからどんどん紹介している第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭のイベント映像。今回は、開催2日目である12日(土)に新宿バルト9で上映された『誓いのKiss?/Kiss ths Bride』の上映後トークです。

 監督のC・ジェイ・コックスさんは2006年の同映画祭で上映された『ラターデイズ』を作った人でもあり、会場には「『ラターデイズ』を観てファンになった」というお客さんも多数、来場していたようです。前作ではモルモン教徒と同性愛というテーマをぶつけるという、シリアスな内容のドラマだったのですが、今回は一転、突き抜けた明るさが印象的なラブコメディー。

 女性との挙式を目前にした男性が、かつて自分が「男性と付き合っていた」という過去に向き合うことになり、その内面の葛藤が物語の主軸になります。映画のラストは、「レズビアン&ゲイ映画祭」的には「まさか」の展開(笑)。ストーリーが明快で面白く、裸もちゃんと出てきますし、なおかつセクシュアリティーについて深く考えることもできる。まさに三拍子揃った正統派のエンターテインメント映画でした。

01●はじめての来日です。
  

02●セクシュアル・アイデンティティーは固く決めなくてもいいんじゃない?
  

03 ●質疑応答つぎつぎと。
  

誓いのKiss? / Kiss the Bride 【ジャパン・プレミア】
7月12日(Sat) 16:00~ @新宿バルト9
7月20日(Sun) 18:15~ @スパイラルホール

★NEWS!
 7月20日(日)18:15のスパイラルホールでの上映後には、主演俳優のフィリップ・カーナー (Philipp Karner, Matt役)さんと、ジェイムズ・オシェア (James O'Shea, Ryan役)さん、そして監督を交えてのトークが行われることが決定したそうです。

 いろんな意味で思考が揺さぶられ、やわらかくなれますよ。「楽しめる」という意味では自信を持ってオススメできる映画。ぜひ!FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1302-4816ea2d

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。