フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-11
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルコ・S・プッチオーニ「あたたかな場所/Shelter(Riparo - Anis tra di noi)」●MOVIEレビュー

 タイトルが皮肉だ。

 人は贅沢で滑稽な生き物だ。安住の地を見つけたと思った途端に、自らその環境をぶっ壊す。エゴを貫くために。

 移民の少年が、ひょんなことからレズビアンカップル(アンナとマーラ)の家に居候することになった。アンナはその状況を積極的に楽しめるのだが、マーラは家に「男」が居るという現実を受け入れられない。光と影のコントラストを意識的に強調した画面作りが、登場人物の棘棘しい繊細な心のざわめきを描き出す。

●YouTubeより~"Riparo" trailer 90"
  

第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映
7月12日(Sat) 18:40~ @新宿バルト9
7月20日(Sat) 13:45~ @スパイラルホール
【後援】イタリア文化会館 Endorsed by Italian Cultural Institute

 アンナは少年の就職口を世話してやったりもする。なにしろ不法就労にあたるわけだから、一般企業には勤められない。ちょうどアンナの兄が工場を経営しているので、その仕事を紹介する。

 真面目に働く少年。次第に明るさと元気を取り戻す。少年に対してなかなか心を開かなかったマーラも、次第に少年と心を通わせるようになり、新しい日常に慣れて行く。垣間見える希望。しかし、そのほんのひと時だけだったのかもしれない。この日常を「あたたかな場所」だと感じることが出来たのは。

 少年はレズビアンのマーラに恋をした。

 マーラが「レズビアン」だということが、なかなか理解できない少年は「君には癒やしてくれる男が必要だ。それは僕だ」と積極的に求愛する。押しの強さに辟易しながらも、次第に少年に惹かれて行くマーラ。そして2人は関係を持ってしまう。

 その事実は、アンナにバレてしまう。もう「あたたかな場所」は戻らない。アンナの嫉妬により少年の就職口は奪われ、再び放浪生活に戻らざるを得なくなる。「移民」とは、なんという儚い立場なのだろう。

 アンナとマーラが、その後どんな日常を過ごすことになるのか映画では描かれない。しかし、相も変わらず「退屈」を紛らせながら、2人で生きていくのだろう。

 片や、安住の地など永遠に見つけられないだろう境遇の少年。

 片や、安住しているはずなのに、実感できずに倦怠の沼に引きずり込まれているレズビアンカップル。

 どちらも、浮ついて漂っていることには変わりない。「あたたかな場所」を求めつつも、掴んだならばすぐに捨て去りつつ。

FC2同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1301-a916b365

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。