フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-10
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフナイト★74●竹内佐千子さんとのハレンチトークライブは7月6日!

 パフナイト、久々に開催です。

 レズビアンを中心に人気を博した漫画 『ハニー&ハニー』そして 『ハニー&ハニーデラックス~女の子どうしのラブ・カップル』でお馴染みの竹内佐千子さんと言えば、昨年11月にもパフナイトで創作の秘密などを話していただいたのですが・・・今回はさらに深いところを掘り下げてしまいますっ!

 最新刊 『午後のハレンチティータイム~男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトーク』 にちなみ、ハレンチな「エロ・トーク」を楽しんでしまおうというのが今回の企画。

 セクマイにやさしいパフナイトならではの、ビアンにゲイにノンケにトランスにバイに・・・さまざまなセクシュアリティーや性自認が「あたりまえのこと」としてトークが展開する、ある意味では「あたりまえの空間」が創出されることでしょう。ヒット企画「知ってたつもり!?『ゲイ』『ビアン』」の再来なるか?乞う御期待!



●以下、パフナイト公式ホームページより転載

漫画家竹内佐千子さんと、午後のハレンチTALK LIVE!

 ラブリーな絵柄と、リアルなレズビアン・ライフが魅力のエッセイ漫画「ハニー&ハニー」。漫画以上にユニークな作者・竹内佐千子さんが、大好評を博した2007年11月の「ハニー&ハニー完結記念トーク」以来、8カ月ぶりにパフに戻ってくる!!。新著「午後のハレンチ・ティータイム」をサカナに、アダルトな話題に花を咲かせ る予定です。

 AV業界やSMホテルを精力的にレポートする竹内さんの新作の内容について触れながら、前回を上回るハレンチ&セクシートークが展開!今回はゲイ男子もトークに加わり、いろんな視点からのツッコミや素朴な疑問なんかも飛び出し、ここでしか聞けない話が堪能できる可能性大!

 竹内さん一流のアダルトークが聞きたい女子も、そして女子のヒミツに興味シンシンな男子も、7月6日はパフで一緒に、Let'sハレンチトーク!

○日時:2008年7月6日(日)
   12 : 30開場/13 : 00 スタート
○入場料::1200円(w/1d)※予約は必要ありません。
○場所:PA/F SPACE(パフスペース)
新宿区馬場下町18フェニックスビル3F/TEL:03-3207-0856
東西線早稲田駅出口2または3bより徒歩2分
★このイベントのYouTube公開は予定しておりません。



 ちなみに現在、竹内さんはFtMトランスジェンダーの「彼」と付き合っているとのことで、「レズビアンじゃないじゃん!」というツッコミを受けたりもするようですが、本人がレズビアンだと思ってるんだったらレズビアンなんじゃないかと僕は思います(笑)。(→コミックエッセイ劇場で「男になりタイ!」連載中

 今回のテキストになる 『午後のハレンチティータイム~男を知らないサチコ&百戦錬磨マイの最強エロトーク』 は、半年ほど前に買って読みましたけれども、女の子同士や男女での「さわやかエロトーク」を中心に構成され、中にはAV撮影現場突入レポや、SMホテル見学などのちょっとドギツイ内容も出てくるのですが、竹内さん独自のファンシーなキャラクターとカラッと乾いた視点により、嫌味なく読むことが出来ました。

 ただ、女子のエロトークは・・・ゲイ男子である僕としては、まるで女子高のディープゾーンに迷い込んでしまったかのようで、おもいっきり冷や汗かきながら読みました。男子って、女子があっけらかんとエロトークする光景に・・・慣れてないんですよね単純に。か~なりムズムズする読書体験でした(←そういうの好きな人にはオススメ。笑)。

 エロってのは人間の基本的な欲求なんだから、カラッと明るく語っちゃってい~んじゃない?。しかも作者がレズビアンだからセクシュアリティーも性自認も色々あって当たり前っていう視点が貫かれている、今の日本では稀有なコミックマンガです。FC2同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1275-98b15b94

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。