フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾辻かな子さんWe're OK!098●Lの世界のジェニファー・ビールスが二丁目に!&ライフヒストリー2008@神戸



 つい最近、 ♀♀マークの表紙で世間を騒がせたテレビブロスを持ちながら、満面の笑みの尾辻さん。これは神戸での光景です。

 2月10日と11日。私用も兼ねて関西方面に行ってまいりました。尾辻さんの講演会やイベントに、どんな人々が集まりどんな交流が生まれるのかを記録しておきたかったからです。これから数回に渡って関西方面で撮り貯めた映像を紹介します。

 まず今回は2月10日(日)に神戸LGBTIQプライドマーチの主催で行われた特別勉強会「虹色の社会へ向けて」 の模様です。事前に朝日新聞に告知が掲載された効果は絶大だったようで、神戸市立総合福祉センター第2会議室には定員いっぱいの60名が詰めかけて満員。どうやらLGBT関連の講演会そのものに「初めて」参加したという雰囲気を漂わせている中年男性も数名いました。また、姫路や京都、浜松でLGBTコミュニティー活動を熱心に行っている人などもいて、地理的にも幅広い所から集まったようです。神戸といえばお馴染みのケンゾヲ★さんの司会で始まった勉強会は、とてもやわらかい雰囲気で進行。神戸が地元であるという尾辻さんも、いつになくリラックスした様子で生き生きと喋っていました。神戸では心置きなく関西弁で喋れるということも、その理由なのかもしれませんね。

●Lの世界のジェニファー・ビールスが二丁目に!&尾辻かな子さんライフヒストリー2008@神戸<前半>
  
Lの世界 vol.1・・・レズビアンの間では有名だったアメリカのテレビドラマが、ついにメジャー・レーベルからDVD発売されました。

●尾辻かな子さんライフヒストリー2008@神戸<後半>
  

 すでにYouTube上には、いくつも尾辻さんのライフヒストリーが載っているわけですが(爆)、今回のものが最も聴きやすく、なおかつ面白くてコンパクトに要点がまとまっていたのではないかと思います。(←評価がマニアックでスミマセン。笑)

 この日は地元・神戸での講演ということで、中学時代の同級生が初めて聞きに来ていたことに驚き感激していた尾辻さん。休憩時間に、その同級生が尾辻さんのところにやってきて涙を流している光景がありました。あとで理由を聞いてみたところ、「中学生だった当時に、尾辻さんの孤独とか辛さがわかってあげられなかったことが悔しくて、涙が出た」んだそうです。尾辻さんのカミングアウトは本が出たことで知ってはいたそうですが、実際に話を聞いて、「わがこと」のように共感して泣いてしまったのだそうです。正直うらやましかったなぁ~、その光景。FC2同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

お久しぶりです~

どーも。お久しぶりです。
前々からずっと思ってたんですが「the L word」はなんで日本語の題名が「Lの世界」になっちゃったんでしょうかね~?「Lの世界」というとすんごく違和感があるんですよね。日本語でもそのまんま「エルワード」でいいと思うんだけど。。

で、DVDも発売されたようですが、今現在、FOX life HDというケーブルテレビでもこの「the L word」の日本語吹き替え版を放送しています。月曜日から金曜日の午前10時からと再放送が午後8時でわたしたちはそちらの方を見ています。何年か前にやったときは1週間に1回の放送だったので、シーズン2の途中でわけが分からなくなってきて見るの止めました(爆)なので今回は話についていけるように頑張ってます(爆)(今はシーズン1の最後の方でシーズン2もその後続けて日本語吹き替え版でやるようですね)

●Ronさん。

Ronさん、おかえりなさ~い。

原題は「L word」なのに、どうして日本語では「Lの世界」になっているのか。たしかどっかに「L world」だと勘違いして訳されたのがそのまま定着したとかいうことが書いてあるのを読んだ記憶があるんだけど、どこで読んだのかは忘れた(笑)。ガセネタなのかもしれないけど、真実味があるなぁと思って笑いました。

DVD、今日近所のレンタルビデオで借りたんですよ~。棚の上から下まで全部が「Lの世界」になっているコーナーがあって、1話から5話まで貸し出してました。ああいうのってプロモーションを仕掛ける側がお金を払ってそういうコーナーを設けるらしいから、よっぽど宣伝費に資金を投入してますよねぇ。ここまでして「流行らせよう」としているところに、並々ならぬ「情熱」を感じてしまいます。・・・ゲイの嗅覚として(爆)。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1186-619b11b0

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。