フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾辻かな子さんWe're OK!096●ヴォイス・オブ・ヘドウィグDVD発売記念トーク03●オノ・ヨーコおそるべし。



 前回に続いて「へドウィグ・アンド・アングリーインチ」の歴史説明と、音楽談義が続きます。このトークショーの際には映画の上映もあったので再見したのですが、やはり最大の見所はオノ・ヨーコのレコーディング場面だと思いました。スクリーンの枠には収まらずに溢れ出してくる彼女の生命力のほとばしりに興奮させられます。なんか、ほんの数十秒の叫びの中に「人生」が凝縮されているように感じるんですよ、恐ろしいです。・・・あの場面にはきっと、「映画の神様(あるいは化け物)」が棲んでますね(笑)。

07●オノ・ヨーコのレコーディング場面は圧巻!
  

キャサリン・リントン監督「ヴォイス・オブ・ヘドウィグ」
 あと、映画を見て再発見したのはハイスクールに通う生徒の内面に迫ろうとして、監督がとにかくフランクに密接した関係性の中でビデオを廻していたのだなぁということでした。時には生徒自身にカメラを持たせて日記風に「日常のつぶやき」を語らせたり、とにかくカメラが俯瞰ではなく「至近距離」から生徒を映し出しているんです。そのことによって失ってしまうものもあるけれど、あえて監督は「傍に寄り添い続ける」ことを選択した。その気持ちが溢れ出している映画だと感じました。

 すでにDVDは発売され、レンタルも開始されているそうです。ぜひ一度、この剥き出しでザラザラした映像と音楽の洪水に触れてみてください。人それぞれ、いろんな感想を持つだろう多面的な映画だと思います。FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1175-608dbb08

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。