フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-07
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークバック・マウンテンで見る世界032●ヒース・レジャー28歳で急死。名演技は永遠に。

 映画『ブロークバック・マウンテン』での演技が評価され、アカデミー賞など数々の賞を受賞して俳優としてのキャリアを順調にステップアップしているかのように見えていたヒース・レジャーさんが、28歳の若さで急に亡くなってしまいました。死因は睡眠薬の多量摂取によるものだとか。もともと繊細な性質の方だったようなので、もしかしたら「スター俳優であること」の重圧が、ストレスとして身にも心にも、のしかかっていたのかもしれないですね。(あくまでも憶測に過ぎませんが)。

 彼の「俳優としての人生」においては不思議と、「ゲイの役」が重要な転機をもたらしていたようです。2年前に『ブロークバック・マウンテン』が公開された当時。僕は映画を見てやたらと感激し、このシリーズを始めとして狂ったかのようにブログに記事を書きまくっていたのですが(爆)、当時の記事の一つを見返してみて思い出しました。彼は俳優としてのデビューも「ゲイの役」だったそうなのです。
「yes」創刊の波紋011●ヒースの名言

 それにしてもLGBTライフスタイルマガジン『yes』って、懐かしいですね~(笑)。ヒース・レジャーが表紙になったり松田聖子が表紙になったり。毎回「次はなにが仕掛けられるのか?」と期待しながら一般書店での発売を心待ちにしてました。当時の僕は、まだゲイとしての自分を「ブログを書くという行為でしか」表現できず、やたら悶々としてましたからね・・・。

 ヒース・レジャーは『yes vol.2』のインタビューにおいて、こんなことも発言していました。インタビュアーから、「たとえば将来自分の子供がやってきて『じつはゲイなんだ』って言われたらどう思うか」という質問をされたのですが、その応えが秀逸です。

 「ああ、そういうのは前から問題なかったよ。べつにゲイだからって普通以上にすごいってはおもわないけど、いつだってそんなことは問題じゃなかった。だからもちろん自分の子供がおれのところにやってきてそう言ったとしたら、逆にもっとその子を愛すると思うな。おれに対して正直でいてくれたということでさ。」

 ゲイの役を演じる「ノンケ俳優」は数多くあれど、記者会見で「どうでした?」と興味本位で質問されたとき、大概においてガッカリさせられるような返事しか返って来ないことに慣れっこになっていた(→たとえばこういうのとかね。)当時の僕にとって、この発言は衝撃的だったし嬉しかったです。そして、『yes vol.2』に続けて掲載されていた北丸雄二さんの文章「クローゼットの闇に迷い込まないための、ブロークバック山の案内図」に、魂を根こそぎ鷲づかみされて号泣したりもしました(爆)。
「yes」創刊の波紋010●僕を泣かせた記事のこと

★この時のヒース・レジャーのインタビューと北丸さんの文章は、どんな『ブロークバック・マウンテン』の記事よりも読む価値あると僕は思います!。『yes』はもう書店には並んでいませんが、ネット上で中古でならば入手が可能なようです。興味のある方はぜひ!
●「yes vol.2」

 あの頃の、ちょっと(どころかかなり)ほろ苦い思いを回想するきっかけが、まさかヒース・レジャーの死によってもたらされてしまうとは・・・まだまだ可能性に満ちていた表現者だったのに非常に残念です。とにかく今はそれしか言いようがありません。FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

不謹慎な発言なのですが、
ヒース・レジャーが亡くなったことによって
『ブロークバック・マウンテン』を観た時に
感慨を受ける要素が増えてしまいましたよね。

僕にとって、より忘れられない作品になってしまいました。

ヒース急逝

まだ28歳だというのに・・・ 拙ブログでもさっそく取り上げました。海外メディアの伝え方を中心に、ブロークバックマウンテンでの役作りについて本人が語っていることなどを紹介しています。よろしければ遊びに来てください。

訂正

すいません。URLが関係ないエントリーだったみたいで・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/mizumizu4329/
こちらをクリックしてください。

こないだの

ブラッド・レンフロー急逝のニュースもショックでしたが、このニュースはにわかに信じられませんでした。
あの「YES」のインタビューはすごくよかったなあ。今でも記憶に残っています。
彼がノンケだと知った時は非常にショックでした(苦笑)
まだまだこれからという時なのに・・・・。ご冥福をお祈りします。

LOVE IS A FORCE OF NATURE

久しぶりです、田原です。
こんな素敵な宣伝文句があったんですね!知りませんでした。
日本語に訳すのは難しいけど…

ショックです。今日知りました(山関係の記事をたくさん書かれている某ブログさんで)。
もっともっと、面白いものを見せてくれる表現者であったはずなのに。彼の写真の説明に「故」が着いているのが信じられません。

●人見知り君さん。

そうですね~
要素が増えてしまいました。

●Mizumizuさん。

ブログの方、読ませていただきました。
2年前にこの映画について「あ~だこ~だ」と考えていたことを懐かしく思い出しました。
今の僕は、まだしばらくはこの映画、観返さなくてもいいような心境です。

●Kazuccineさん。

「yes」のあのインタビューは永久に不滅ですっ!(← ・・・熱すぎ。爆)

●かがみさん。

繊細そうな性格が、演技に滲み出てましたからねぇ・・・

●ドラさん。

「LOVE IS A FORCE OF NATURE」
・・・ホントだ。素的な宣伝文句ですね。流行った理由の一つかも。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1143-99b253d4

この記事へのトラックバック

HOME |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。