フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性的マイノリティーの当事者が語る「生きづらさ」とは10●尾辻かな子さん03●次の世代のために。



 だいぶ間が開いてしまいましてすみません。ここまでの話をおさらいしたい方は、こちらこちらを観てからにしてくださいね。

04●次の世代のために。
  

 さて今回の映像ではいきなり「ビジビリティー」という単語が出てきたわけですが、こういう意味ですよ。同性愛者や性的マイノリティーの問題を語る際に、かなり頻繁に用いられる単語なのですが、それ以外の場面で耳にすることが無いような気が・・・。「ビジビリティー」の枕詞は、「同性愛者」に固定されてしまっているのでしょうか(爆)。FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

ビジビリティー

「ビジビリティー」は、企業活動や政治・行政等でも(最近になってかも知れませんが)比較的よく使われるようですよ。
(例えば、Yahoo Japan! http://www.yahoo.co.jp/ において「ビジビリティー」で検索するといろいろ出てきますよ。「企業間のビジビリティーを高める」とか「ビジビリティー(可視性)計画管理」とか「外交政策>ODA ... 3-3-4 広報効果ビジビリティー」とか。。。)
わたしが勤めていた時も、例えば個人・組織の活動・成果等を他の人々・組織に分かり易くする・宣伝する等の意味で「ビジビリティーを高める」等と言っていました。

●とんくまさん。

そうですか。わりと「先端」的な感じの場面では
頻繁に使われている言葉なんですね。知りませんでした(笑)

尾辻さんは普段、意識的に難しい言葉を使うことを避けて
「わかりやすく、広がりやすく」伝えることを心がけている人なのですが、
「ビジビリティー」に関しては頻繁に使っています。
この講演会の場合は大学のキャンパス内で行われたということもあって
使ったのかもしれませんが、
もし「街頭演説」のような場だとしたら通じにくい言葉でしょうね。
今のところビジビリティーという言葉のビジビリティーは、
それほど高くはないようですから(笑)。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1106-17c70cbd

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。