フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-06
« 123456789101112131415161718192021222324252627282930 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LGBT可視化に向けて076●LGBTの家族と友人をつなぐ会in東京02●ノンケだって一緒に考えたっていいじゃん



 前回に続いて自己紹介が続きます。こういう「コミュニティーの活動の場」って性的マイノリティーの当事者ばかりで占められていると思われがちなのですが、実は結構ノンケさんの参加も多いんですよ。僕は昨年の関西レインボーパレードの実行委員会が「当たり前のように当事者とノンケが入り乱れて同居していた」ことに後から気付いて、驚いたことがあります。つまり、終わるまでそんなことあんまり考えなかったというわけで(爆)

 はっきり言って現場ではどうでも良くなるんですよ~ゲイだのビアンだのトランスだのノンケだのって。同じ目的意識で集まって行動する際には関係ありませんしね。一緒に過ごしていれば慣れますし。っていうか普段は(たとえカミングアウトをしていなかったとしても)そういう混然とした状態で日常を過ごしているわけだし。なにも特別なことではありません(笑)。

 ところで。「ノンケです」と名乗りながら性的マイノリティーの活動に参加する人は、社会問題や人権問題として興味を持ったり、友人・知人からカミングアウトされたことで関心を持つケースが多いようです。今回の東京ミーティングでも、そういう方たちの参加があり、場を活気付けていました。

03●いちばん知られたくないのは「家族」だという辛さ
  

04●ノンケだって、一緒に考えたっていいじゃん
  

 それにしても面白いですよね。日常空間ではわざわざ「ノンケです」とは表明しないのに、こういう場では相対的にノンケがマイノリティーになるので「ノンケ・カミングアウト」をすることになるんですよ。つまり、言わなきゃ性的マイノリティー当事者だということになるような「場」なわけですから(笑)。

 でも羨ましいんですよ。「ノンケなんですけどぉ~」って無邪気なトーンで言えるのって。あんな感じで「ゲイなんですけどぉ~」って家族や友人に日常空間で言えたなら、どんなに楽だろう・・・と、軽く嫉妬をおぼえる無邪気さです(爆)FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1093-05695450

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。