FC2ブログ

フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2018-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学時代、ゲイを演じることになり・・・15

どんな舞台でもそうなのですが、初日の緊張感というのは並大抵のものではありません。稽古は「内輪」の人間しか見ないものであり、本番になってはじめて観客という「他者」の前で演じるわけですから。思わぬところで笑い声が起こったり、ざわついたり、反応がダイレクトに感じられるので面白くもあり、怖くもあります。

僕にとっては生涯はじめてのキス。しかも観客の目の前で。でも精神的には先輩の掌の上で踊らされている状態になっていたので、全然怖くはありませんでした。むしろ早く見て欲しくてしょうがない、早くキスしたくてしょうがないといった感じ。
先輩の唇は少し分厚くて柔らかそう。すでに役を通しての擬似恋愛状態になっていた僕は、演じていて嬉しさがこみ上げてきます。
僕の役は一度車に轢かれて死んでから、天使に頼み込んでもう一度死ぬ直前からプレイバックさせてもらうわけですが、天使に頼みながら、気持ちが入りすぎてしまい涙が出てきてしまいました。そして、いよいよキスシーン。
車にはね飛ばされた僕を先輩が抱きかかえます。ライトの熱で汗だくの先輩。なぜか半分泣いている僕(笑)。
先輩の胸からドキドキと鼓動が伝わってきます。

ここでハプニングがありました。
台本では先輩が
「しっかりしろ!お前がいなくなったら俺はどうすりゃいいんだよ!」
と言った後、僕が
「ずっと・・・好きだった。」と言ってからどちらからともなくキスをするはずなのですが、
先輩も舞い上がっていたのでしょうか。
「しっかりしろ!」と言っただけでいきなりキスをしてきたのです。

びっくりしました。
覚悟は出来ていても、稽古とは全然違うタイミングで突然来られたのですから。
でも、やってしまったものは続けなければなりません。それが演劇というものです。
先輩の体温が伝わってきて、ジワーッと身体の力が抜けそうになるのを懸命にこらえながら、僕は先輩の肩に手を廻しました。瀕死のはずなのに、力いっぱい抱きしめてしまいました。
そして、その場の機転でしょうか。
抜かしてしまった台詞をやっぱり言いたかったので、僕に吸い付いている先輩の顔をゆっくりと放し、瞳を見つめながら
「ずっと・・・好きだった。」
と言いました。そしたら先輩も機転を利かせて
「俺もだ!」と、なぜか叫びながら言いました。そして、どちらからともなくもう一度力いっぱい抱きしめて唇を合わせました。
先輩はいつになく興奮しています。舌は入れてませんがものすごい吸い付きなので僕は苦しくなってきます。正直、痛かったし(笑)。しかもなかなか離れる気配がないのです。
このままではキスが終わらず、物語が進行しません。どうしようかと思っていたその時・・・
先輩の彼女役の人が機転を利かせて、持っているカバンを物音立てて落としてくれました。
先輩はそれでハッと我に返ることができ、台本どおり彼女の存在に気付き僕を突き放します。
こうしてめでたく僕は再度、車に轢かれて地獄へ旅立つのでした。

終演後気づいたのですが、この公演には両親も観に来てしまっていました。

<次回でやっと(笑)完結予定>
FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

なんだか・・・・笑える・・・・・・先輩いっぱいいっぱいだったんでしょうね。
しかもakaboshiさんの両親が来てるなんて・・・・機転が利く人ばかりでよかった。

●桃さん。
舞台にハプニングは付きもの(笑)。
台詞が抜けたり、小道具忘れたり、照明・音響が間違ったり。
ある意味、そういう面こそ人間がやってる醍醐味(笑)。
でもそれをどうフォローできるかで、稽古を積んできた成果が問われるんです。
なにかトラブルが起こった時の方が、
かえって全員の意識が集中して、いい結果になることの方が多いから不思議。

初めてのキスがやっと読めました。少し浸ってしまいました。
痛いくらいの吸い付き。これが本気らら「愛されてる」と思ってしまいますね。
終演後気づいた両親の存在。その後何か言われたのですか?

素敵な思い出ですね~。
やっぱり好きな人にしてもらうってのは、なんでも嬉しいし気持ちのいいものなんですね。
相手に対する思いと気持ちよさってのは、正比例してる気がするなぁ。

● jyubonさん。
本当に「やっと」ですみません。
でも長引かせた割にはロマンティックじゃないんですよね(笑)。
キスのことよりも、「台詞どうしよう、次につなげるにはどうしよう」と、
ハプニングをどうごまかすかの方にばかり頭が働いていました。
まぁ、いい笑い話にはなったんですけどね。
●凛々さん。
なんか、すごく経験豊富そうなコメントですね~(笑)。
好きな人にしてもれうってのは「なんでも」・・・
その「なんでも」っていうのが気になります。はは・・・。

いえいえ、経験豊富じゃないですよ~
すぐ恋愛におぼれちゃうおバカさんです・・・
こんなコメントをしちゃった原因は、私のブログを見ていただけるとわかるかも・・・
妙に人恋しい今日この頃。。。

●凛々さん。
妙に人恋しくなる時ってありますよね。
溺れやすいのは僕も同じです。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/104-a2edf2f5

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。