フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2017-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇族は生きている043●伊藤文学・創刊の頃を語る08●めちゃくちゃ面白い破天荒な人生を歩んでください



 ちょっと心配なことになりました。今日、文志奇狩都氏(薔薇族副編集長)が原稿を貰いに伊藤文学さんのお宅を訪ねたのですが、なんと文学さんが座骨神経痛を患って寝たきりの状態になっていたというのです。どうやら座っていると痛みが止まらないらしく、次号に掲載予定の原稿を仕上げることもままならないので奥さんが口述筆記したとのこと。15日あたりに病院で診断してもらうことにはなっていますが、無事に回復できるかどうかは今のところ定かではありません。文学さん自身はとても元気なのだそうですが…。思うように身体が動かせないのってストレス溜まるでしょうし、心配です。

 さて当ブログで連載してきた銀座でのトークショー「七夕の夜に逢おう」の模様は今回が最終回。文学さんの大ファンだという画商の方からの熱いメッセージと、文学さんの「締めの挨拶」です。それではどうぞ~。

08●めちゃくちゃ面白い破天荒な人生を歩んでください
  
★この方がハマッてくださったという映像は、今年の2月に文学さんと僕が出会ったその日に収録したものです。「薔薇族」が30年以上にわたって発行されていた第二書房の社屋。その解体の過程を記録しました。→薔薇族城落城

09●忘れるってことがいちばん、大事なのかなと。
  

 まだまだこれからもたくさんトークショーやインタビューを収録したいですし、一緒に訪ねようと計画している場所もあります。文学さんの身体、なんとか回復して欲しいです。

昭和の同性愛文化を、そして本誌自身を「前向きに」ふりかえる…薔薇族は「読むタイムマシン」です。
■下記の店舗でお買い求めください。
池袋→「BIGGYM(ビッグジム)」池袋店  
上野→「BIGGYM(ビッグジム)」上野店
神保町→すずらん通り「書肆アクセス」
中野→中野プロードウェイ3F「タコシェ」

■通販での購入方法は月刊『薔薇族』編集長伊藤文學の談話室「祭」を御覧ください。

FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント

遠方よりお見舞い申し上げます

文学氏の罹っている病、実は私の父も最近患ってしまいました。
もっとも父のは比較的症状は軽く、毎日働いています。わたしから文学氏に対して何もできませんがせめて遠方のこの地から病の快癒を祈って念を送りますので・・・。
また、このブログで元気な文学トークを聞く日を楽しみにしています。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

⇒ http://akaboshi07.blog44.fc2.com/tb.php/1037-4147ec89

この記事へのトラックバック

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。