fc2ブログ

フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

たかがテレビ073●ドラマとドキュメンタリーの相乗効果~WOWOW『ママは昔パパだった』 『だから私は後悔しない』

 今日、WOWOWで無料(ノンスクランブル)放送された「性同一性障害」を扱った2番組を観たのですが、内容が関連し合っており、両方を観ることで大事なものが立体的に浮かび上がってきた感じがして、すごく心を揺さぶられました。いいものを観た後のすがすがしさと、心に重りを入れられたかのような痛みとが、同時に襲って来ています。

 ドキュメンタリー『だから私は後悔しない~性同一性障害との闘い~』の方では、性同一性障害特例法の「子なし要件」を撤廃するために前面に立って活動したMtFトランスジェンダーの水野淳子さんが主人公として描かれていたのですが、途中、すごく印象的な場面があったのです。

 テニスに熱中している息子を応援しに出かけ、観客席から声援を送った後、誰もいなくなった観客席でインタビューが行われ、まだ戸籍を変えることができなかった時代の話をしていたのですが・・・。

 次男が小学校で少年野球をやっていた当時、いじめにあったようなのです。そのことを語っていた水野さんは言葉を詰まらせ涙を流し、結局、多くをカメラの前では語りませんでした。インタビュアーはそれ以上追及しませんでしたし、カメラも、泣いている彼女をそっと見つめるだけ。しばらく無言のまま、水野さんが当時を思い出しながら、静かに涙を流している姿が、そのまま映し出されていました。

 視聴者として見ている感覚では、「なぜ彼女が泣いているのか」の理由を具体的に知りたいという欲求も湧くわけですが…結局、どんな風にいじめられたのか、どんな辛い目にあったのかの詳細が、番組で説明されることは無かったのです。正直、消化不良にもなったわけですが、「一体どうしてなんだろう」という引っかかりが胸に残ることにもなりました。語られなかったからこそ、逆に強く印象に残ったのです。

 その答えは、ドラマによって象徴的に描かれました。

 夜10時から放送されたドラマ『ママは昔パパだった』では、MtFトランスジェンダーである主人公(戸田恵子)の長男が少年野球をやっており、応援に行ったところ、周囲からの嫌がらせが起きる場面が描かれます。主人公が戸籍上は男性であることが情報として漏れ、噂が広がっており、チームメイトの母親達から「あなた、性倒錯者なんでしょ」と面と向かって言われます。好奇の視線にさらされ、野球の練習は急きょ中止されて皆は帰ってしまうのです。

 つまり、ドキュメンタリーにおいて、水野さんの「無言の涙」によって暗示された過去の出来事が具体的に描かれているかのような展開。「そうか・・・これは語れないよなぁ。辛くて生々しくて、まだ言葉には出来ないんだろうなぁ・・・」と、はじめて気付くことができたのです。

 そして、ドラマを観ながら何度も「水野さんは、どんな思いでこれを見ているんだろう。号泣しているんじゃなかろうか」と、現実世界の彼女の思いを想像しました。つまり、ドキュメンタリーを観たことによってドラマが絵空事ではなく、より現実味を帯びて胸に迫ってきたのです。

主題歌■松任谷由実『人魚姫の夢』
 
『そしてもう一度夢見るだろう』

 ドキュメンタリーの方では、涙が落ち着いた水野さんが、こんな言葉を言っていました。「私が自分のことを言われることはどうでもいいけれども、息子の人生を、私のせいで変えてしまったことが何よりも辛い」。

 ドラマを観終わって、その言葉がまず思い出されました。WOWOWがこの夏、社運を賭けて取り組んでいるこのプロジェクト、第一話放送の時点では大成功なんじゃないでしょうか。ドラマは次回から有料放送になるわけですが、続きが観たくて仕方がないですもん。

★ドラマは8/29(土)午後2:40にも、無料(ノン・スクランブル)放送が行われます。FC2 同性愛 Blog Ranking
スポンサーサイト



ウィークリーYouTube回転ベストテン★8月15日(土)~21日(金)●エンターテインメントが切り拓く地平

■8月15日(土)~21日(金)の再生回数ベストテン(akaboshi07アカウント内)

→1.同性愛とテレビジョン●NHK放送中止事件の真相(795)
↑2.GOGOBOYショー~K-Ci&GUY●神戸LGBTIQプライドマーチL.T.mini04●(470)
→3.パフナイト★知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」01●レズビアンのSEXはエンドレス?(337)
↑4.マツコ・デラックスさんのコメント~尾辻かな子「Try&Win!」上映(335)
↓5.パフナイト★知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」02●マルチ・オーガニズム???(320)
○6.尾辻かな子さん・木村真紀さん同性結婚式(同性婚)01★NLGR2007(287)
↓7.パフナイト★知ってたつもり!?「ゲイ」「ビアン」03●ゲイのSEXはいつも挿入するの?(234)
○8.韓国のゲイ映画「後悔なんてしない/No Regret」イ・ヨンフンさんTALK03●第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(217)
↓9.日本初のレズビアン&ゲイパレード発祥の地を特捜!竜超の文化特捜学院(197)
○10.Lの世界のジェニファー・ビールスが二丁目に!&尾辻かな子さんライフヒストリー2008@神戸<前>(170)




■今週のピックアップ 8位

韓国のゲイ映画「後悔なんてしない/No Regret」イ・ヨンフンさんTALK03●第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭
 
初出ブログ記事(2008-07-15)
第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 PLAYLIST

 先週までは、同じトークの02の映像がベスト10に入ってたのですが、入れ替わるように03がランクアップ。もう一人の主演俳優であるイ・ハンさんと電話で話している場面です。

 韓国は「男性」のみに徴兵制が布かれており、兵役が課される国ですから、ある意味では日本よりもより厳格に「男!」「女!」というのを意識させられる社会制度の中で人々は暮らしていると言えるでしょう。

 その中で、セクマイ事情の厳しさはたまに漏れ聞こえてくるのですが、一方ではエンターテインメントの世界では、こうしてノンケ・イケメン俳優さんが堂々とゲイ役を演じ、そのことを「少しも恥じていない」様子でトークや記者会見に出席し、はたまたレズビアン&ゲイ映画祭に出席してトークをする土壌も出来ているわけで。

 ただし、同時期に韓国で公開されていた『王の男』の主演俳優の件もありますから、まだ一筋縄では行かないようです。韓国映画界におけるこの風潮は、『後悔なんてしない』のヒットが切り拓いたと言っても過言ではないかもしれません。

『後悔なんてしない デラックス版 [DVD]』


 日本でも最近ではフジテレビドラマ『BOSS』でゲイ(という設定の)役を演じていたケンドーコバヤシさんが、新聞のインタビューで「ゲイの人に納得していただけるように演じてます」というような発言をするなど、ようやく「ノンケ俳優さん」という立場から、公の場でゲイを演じることを「あっけらかんと」語る姿が見られるようになってきました。

『BOSS DVD-BOX』

 ちょっと前(2006年頃)までは、たとえば三池崇監督『46億年の恋』における松田龍平と安藤政信のように、インタビューや記者会見で「(演じた役は)同性愛ではありません」と、わざわざ発言したりするのが、わりとありふれた光景だったんですよ。(お得意の「人間愛です!」ってやつですね。←同性愛は「人間愛」じゃね~のかよ、とツッコミたくなりますが。苦笑)

 そう考えてみると、どうやら2007年~2008年というのが、いわゆる「世間は同性愛をわりと肯定的に捉える人が多くなったらしい」と、多くの人が感じるようになる転換期だったということなのかもしれません。僕の肌感覚では、そんな感じに捉えています。




■今週の大台突破 5000View

ゲイ映画「シェルター/shelter」監督TALK04●よくあるゲイ映画のようにSEXシーンが激しくなかったのは、俳優がノンケだったから?
 
初出ブログ記事(2008-08-15)
第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 PLAYLIST

 2008年の映画祭の映像で5000View突破は8個目。ゲイ同士が「パートナー」としての関係を強固なものにし、一緒に子どもを育てていくという「家族の形」が提示される、心が温かくなる映画でした。DVD等で観ることができないのが本当に残念。




■今週の大台突破 1000View

既婚者ゲイに聞く!同性婚するってどんな感じ?03●なにも変わらない?
 
初出ブログ記事(2008-12-09)
既婚者ゲイに聞く!「同性婚する」ってどんな感じ? PLAYLIST
同シリーズをブログから見る場合はこちらから。 

 2008年11月15日にパフスペースで開催したRonとakaboshiの突撃トーク001。(←002はあるのか!?)同シリーズでの1000view突破は8個目。(なんと、まだ連載継続中。1年経つ前に終わらせなきゃ。爆)

 2008年に、カリフォルニアで一時的に同性婚が出来る状態になっていたときに、現地で結婚してきた中村彰さんをゲストに迎えてお話を伺いました。カリフォルニアの場合は、日本政府の「婚姻要件具備証明書」(独身であることを証明する証明書)を提示しなくても結婚できる状態にあったようですね。国や現地の役所によって対応はバラバラであり、だからこそ日本国籍の人でも海外で同性婚が出来ていたというのが実態のようです。(←んなテキトーなっ!笑)FC2 同性愛 Blog Ranking

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)