FC2ブログ

フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2008-08
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

パフナイト★87●熱々☆Rainbow Arts 現地突撃取材02●悠さんの「東京くまくまパレード2008」には、1600匹のくまさんが参加



 東京でのプライドパレードが行われなかった今年の夏ですが、Rainbow Arts2008の会期中、西新宿の会場では1600匹のくまたちによるパレードが開催されていました。

●「東京くまくまパレード2008」by悠さん
  

 実際、遠くから見るとレインボーの天の川がたくさん流れているかのように見える作品なのですが、近付くほどに一匹一匹、細かく描き分けられたくまたちの様々な表情が見えてきて驚かされます。

 僕は初日の夕方にも観に行ったのですが、すでに開場しているにも関わらず、悠さんはくまたちを貼り付けている最中でした(笑)。実行委員長の激務をこなしながら、自身の作品ではこれだけの手間のかかることを構想し、実際に制作していたとは・・・。一匹一匹切り取るのも大変な手間ですよね。Rainbow Artsの他の参加アーティストにも手伝ってもらいながらの作業だったそうで、まさに悠さんの好む「コミュニケーションを生む共同作業」が実践されていたようです。

 ところで。くまたちはなぜ「1600匹」なのかというと、2000年に復活開催された時の「東京レズビアン&ゲイパレード」の名簿登録参加者が、その数だからなんだとか。この作品に関する感想は、公開のWeb上ではろんちゃんのテキトー日記、そして砂川秀樹さんのホームページの8月21日の日記に掲載されていますよ。

 また、悠さんのブログでは現在「【プレゼント企画】あなたのおうちに、くまちゃんが帰ります」を実施中。なんと「東京くまくまパレード2008」に参加したくまたちが、希望者の「おうちに帰る」ことになるそうです。悠さんのアートは、まだ終わってはいないんですね。FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト



かながわレインボーセンターSHIP・Presenceキャンペーン02●あなたはどう教えますか?「同性愛・多様なセクシュアリティと教育」01●導入は「知識チェック」から



 前回紹介したかながわレインボーセンターSHIPの活動説明に続いては、砂川秀樹さんによる講演が行われました。ふだん、砂川さんが教壇から「セクシュアル・マイノリティについて」語るとき、どのような方法で行っているのか。そしてどのような問題意識を持っているのかが語られました。

砂川秀樹さん講演01●導入は「知識チェック」から
  

 まず導入で○×式の知識チェックを行い、参加者それぞれの「既存の考え方」を意識化させるわけですね。

 砂川さんといえば当ブログでは、今年の2月に行われたパフナイトで「カミングアウト・レターズ~編者がパフにやってくる」に出演していることでもお馴染みですね。

RYOJI・砂川秀樹編著「カミングアウトレターズ」

 この本は「カミングアウトの多様性」を、奇を衒わず正攻法で、なおかつ「わかりやすく顕在化」させた本として、非常に画期的な出版だったのではないかと僕は思います。「親と子」「教師と生徒」の手紙に記された「言霊」のぶつかり合いによって、人としての普遍的な深い感情を揺さぶられます。セクシュアル・マイノリティー当事者だけではなく、広く共感を持たれる可能性を秘めた好著です。

 また、この本の出版がその後、NHK『ハートをつなごう』で「ゲイ/レズビアンシリーズ」の開始が実現する際に「最後の一押し」にもなったという意味で、今年の動きを(結果的に)牽引している本でもあります。まだお読みでない方はぜひ。

記事INDEX
01●SHIP活動説明~情報がいちばん伝えにくい層に届けるために
02●砂川秀樹さん講演01●導入は「知識チェック」から
03●砂川秀樹さん講演02●多様な性の組み合わせ
04●砂川秀樹さん講演03●誤解が根強いのはなぜ?
05●砂川秀樹さん講演04●問題点/課題
FC2 同性愛Blog Ranking

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭16●「カミングアウト・ウエディング/ Out at the Wedding」出演者TALK01●嘘から生まれた不思議な関係



 第17回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭のクロージングを飾ったのは、ノンケ女性が、彼氏のことを隠すために家族に「レズビアンである」と嘘のカミングアウトをし、すんなりと受け入れられてしまったことから巻き起こるドタバタを描いた痛快コメディーでした。

 より「レズビアンらしく」見えるにはどうすればいいのか。レズビアン・バーに出掛けたりして一生懸命に研究する主人公の姿が面白く、なによりもこんな発想の映画を見たことが無かったのでビックリしました。上映後のトークでは、上映前にもチラッと姿を見せたキャシー・ドボーノさんとジル・ベネットさんが登場。司会のマーガレットさんはこの映画で、ゲイとしての「アイデンティティを疑ってしまった」と告白したところ、上の画像のような光景が繰り広げられることになりました。

01●マーガレットさんのアイデンティティー・クライシス!!
  

02●嘘から生まれた不思議な関係
  

★作品解説(映画祭公式サイトより) 

 嘘から生まれた不思議な関係。レズビアンのふりって難しい!?


 第15回映画祭クロージング作品『ガール・プレイ』のリー・フリードランダー監督。彼 女の最新作が早くも登場、今年のフィナーレを飾る! 彼氏の存在を家族に隠しているアレックス。妹ジェニーの結婚式で、小さな嘘が誤解を生 み「レズビアン」とカミングアウトしたことになっちゃった! ところが保守的だと思っていた家族がアレックスの「性指向」をあたたかく受け入れるか らおかしなことに。真実が言えないアレックスは親友ジョナサンの作戦に乗るが...。 NYスタイルのハイセンス・コメディ!

 トークに出演したキャシーさんとジルさんは、共にレズビアンであることをカムアウトして女優活動を行っています。トークの最中、笑い方が似ているなぁ~と思っていたら、なんと付き合っているんですって。

 次回以降は、そんな2人の活動における良いこと、悪いこと。そして、「レズビアンとしての」今後のビジョンが率直に語られます。FC2 同性愛Blog Ranking

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)