FC2ブログ

フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

日本テレビがエルサレムの集会を報道~エルサレムWorld Prideの動向03

 日本テレビがニュース番組でエルサレムの集会の様子を報道したようです。ネットで動画が公開されています。
日テレNEWS24「エルサレム 厳戒態勢の中、同性愛者の集会<11/11 21:02>」
 反対派の発言として、
●「(同性愛は神に)禁じられたことです。本当に気持ちが悪い」
●「彼ら(同性愛者)は、ほかの人々にも気持ち悪いことをさせようとしている。自分たちだけでやっていればいいものを、ほかの人にも広げようとしていて悪影響だ」

という言葉が紹介されています。

 僕は反対派の発言を変換して、こう言い返してやりたくなりました。

●「ほかの人々にも気持ち悪いことをさせようとしている」のは、異性愛至上主義者の方である。無理やり異性愛者を演じなければならず、自分を偽って偽装結婚などをしなければ生きていかれない状態こそ、同性愛者にとって「気持ち悪いこと」だ。

●異性を愛することは「自分たち(異性愛者至上主義者)だけでやっていればいいもの」であり、「ほかの人(同性愛者)にも広げようとしていて悪影響」だ。

 映像の中には、「ゲイの友達のために集会に参加した」という女性も紹介されていて嬉しくなりました。7000人の警察官が動員されたという警備態勢もすごいけど、集会の参加者が9000人というのはもっとスゴイ。しかも日本テレビ(NNN)は、ちゃんと特派員を派遣して取材したのですね。

 主催者は来年に向けて、こんな力強い言葉を発しています。
「私たちは反対に負けずにこの町にとどまり、戦い続けます。来年は、町でパレードします」
 この言葉がどれだけ世界中の、特に不遇な環境に生きている同性愛者に勇気を与えることでしょう。

 集会参加者たちの熱気を感じる映像を見ながら思いました。逆境というのは、実は「同志」が結束を固めて強くなるチャンスなのかもしれませんね。

●エルサレムのパレードについては北丸雄二さんのブログ「隔数日刊 | Daily Bullshit」にも情報があります。→エルサレムで何が起きているか? アップデート諸々一気
FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト



HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)