フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村中(あたる)の歌世界002●「僕らの音楽」安藤優子さんとの対談記録

 中村中(あたる)さんが出演したフジテレビ系『僕らの音楽』を見ました。
 真っ赤なドレスが鮮やかで美しかったし、すごく魅力的な輝きを放っている人だと思いました。
 対談相手の安藤優子さんは、さすがお姉さんですね。ちょっと臆病気味な彼女に「もっと恋愛で当たって砕けなさい」とアドバイスしたりして、温かみのある素敵なトークが繰り広げられていましたよ。・・・気付いたら思わず番組内容を文字に起こしちゃっていました(笑)。よかったらお読みください。

<経歴紹介>
ナレーション:
シンガーソングライター・中村中(あたる)さん。1985年6月に、男の子として生まれた彼女は、幼い頃より自分の性に違和感を抱き、誰にも相談出来ない孤独な日々を送ります。一方で、Winkに刺激を受け、大好きになった「歌」。いつしか彼女は、自分の中にある不明感を紛らわすため、誰に聴かせるわけでもない曲を、作り続けて来ました。まずは安藤さんが、彼女の抱えてきた心の葛藤に迫ります。

<対談>(対談相手:安藤優子)
安藤「性同一性障害ということを、今回、表に出してアーティスト活動をおやりになるって言う・・・それは、いろんなそういう思いの流れの中で、大きな決断だった?」
中村「もともと、出来れば、そういうことを言わなければ、それでいいと思ってたんですね。イロモノ扱いされたりとか、すごく・・・音楽が聴きたい人とかに邪魔な情報になってしまうんじゃないかって思ってたんです。」
安藤「あぁそうか、『こういう人が書いたこういう曲だ』って言う・・・」
中村「はい。そういうものがすごく嫌だったので、皆さんが聴いてくださったように、解釈してくれればいいと思ってたから。ただ、純粋に歌だけで勝負しようと思っているとか言っているくせに、隠していること・・・行動が、あんまり真っ向勝負じゃないような感じがして。」
安藤「表に出てる性と自分が思っている性が違うということに関して向き合うというのは、これまた壮絶な時期だったんじゃないですかね。」
中村「なんだか自分の中に違うものがいるような感覚があって。自分自身に憤りを感じたりとかしていて。」
安藤「あぁ・・・、う~ん・・・苛立つわけですね。」
中村「そうですね。どの部分について怒っているかわからないんですよ、その。自分の・・・もう、性なんかどうでもよくって、どうして自分のことなのに認められない自分がいるんだろうという、そっちに対してもイライラ~ってしていたり。」
安藤「・・・やり場がないですよね。」
中村「そうですね。」
安藤「でもそんな時いつも、やっぱり、音楽が・・・」
中村「だいぶ、そうですね。救われています。単純に自分が煮詰まっていたり、言えないことを、曲にぶつけていたりということが凄く多くて。」
安藤「歌にだったら何でも思いを託せる。」
中村「託せるような、気持ちだったんです。」
安藤「歌を信じてたんですね。」
中村「あぁ・・・そうですね。歌っている間っていうのは、すごく、やっぱり。夢中になれたというか。ただ・・・一度、歌を諦めたことがありまして。」
安藤「どうして諦めちゃったの?」
中村「それは、変声期が来てしまって。単純に、そういうことなんですけど。すごく自分の声が・・・すごく嫌いな所まで落ちてしまって。そうした時にやっぱり、歌が好きっていうだけで始まった音楽なのに、自分自身の持ってることで嫌いになるなんて思ってなかったから。あたし、歌うたえないやって思って。すごく最近まで、本当に思ってたんですよね。」
安藤「もう、すごく物理的にっていうか生理的に嫌なわけですか。」
中村「嫌なんですよ。なるべく・・・」
安藤「聴きたくない?」
中村「聴きたくなかったし。ただ、やっぱり音楽は捨てられなかったからうまく逃れてたんですね。あの、作品作りですとかピアノを弾くっていう事とかに。うまく逃げてたんですけど。」
安藤「歌わないで・・・」
中村「歌わないで、音楽はでも好きだしって。そうじゃないと、もしかしたらちょっと・・・人生そのものを諦めかねないなっていう・・・こともあって。」
安藤「そういう苦しさみたいなのを、お母さんとかに訴えたことなんてのは、あったんですか?」
中村「あんまり・・・無かったですね。私がこういう性格ですから、母も似ていて。すごく『気にしぃ』で、あの・・・真正面から向き合っちゃうんですね。『そんなことないのに』って思うんですけど、すごく、私を、その~・・・なんでしょうね・・・。女性として産んであげられなかったことを、すごく気にして・・・。」
安藤「う~ん・・・。そこは・・・ではお互いに辛い思いをしちゃいましたね。」
中村(涙ぐみながら、うなずく)
安藤「でもそれは、お母さんのせいじゃないもんね。」
中村「そうですよね。(涙をぬぐう)」
安藤「でも今は、お母さんも誇りに思ってらっしゃるんじゃないですか?・・・ね。ご一緒に乗り越えたっていうことですね。」
中村「(涙を流しながらも笑顔で)そうですよね。すごく、そう思います。」

●「恋」(1980年。松山千春の歌のカバー)・・・ギター一本で歌う。

<ライブハウスでの出会い>
男として生を受けながら、年齢を重ねる毎に大きくなる「女としての自分」。当時17歳。思春期を迎えた中村さんは自分の声にも絶望し、人を信用することが出来なくなっていました。そんな彼女を救ったのが、逃げ場としてすがるように続けた音楽と、ライブハウスで出会う仲間の存在でした。

(かつての仲間との再会場面)
ライブハウス店長「どうやって・・・」
中村「この子の心を・・・?」
店長「まずそこだよね。」
中村「開くか・・・(笑)。
店長「ノックしてるんですけどぉ~って。」
中村「うふふ。」
店長「出てきません?そろそろぉ、みたいな。(笑)。
中村(笑い転げる)

(ライブハウスでのインタビュー)

中村「はなっから嫌う人とか、はなっからバカにしたりする人ばかりだったから。・・・そういうことが無かった。まず、『この人はなんなんだろう』の興味からみんな入ってくれる人ばかりだったから、よっぽど人間らしい人たちだなと思って、あ、ここなら上手く行くかもと思ったのかも。」

ナレーション:
ライブハウスでの出会いによって人付き合いを学び、少しずつ世間に心を開くようになった彼女は、当時住んでいた近所の成田駅で路上ライブを始めます。

大好きだったタコ焼き屋さん「ひっぱりだこ」へ。

オーナー「最初来た時はね、かわいいって・・・言っていいの?」
中村「いいよ。」
オーナー「かわいい男子高生だった。」
中村「ハハハ」
オーナー「詰襟にオカッパで。あの頃から女らしかったわよ」
中村「あはは~」(飛び跳ねて喜ぶ)

ナレーション:
心は女性。けれど身体は男性。葛藤する彼女に容赦なく浴びせられる周囲の冷たい視線。長く閉ざしていた中村さんの心を癒してくれたのは、彼女を「一人の人間」として迎えてくれた、人の温かさだったのです。

●「友達の詩」
(岩崎宏美とコラボレーション。向き合って二人で歌う。)
・・・15歳の時にはじめて書いた。5年間、片思いだった人と友達にすらなれなかった思いを綴った一曲。

→岩崎さんはアルバム『Natural』で「友達の詩」をカバーしている。その歌詞を「幼い頃から戦い抜いた人の言葉」だと感じたそうです。

岩崎宏美「Natural」 (「友達の詩」収録)

安藤「今の気持ちって、どうですか?」
中村「今ですか?。今はもしかしたら・・・。今これから、少しずつ楽になって行くのかなって。自分の中のルールとしては許せないことなんですよ。お仕事をしながら、自分のことについて、ちょっとずつ向き合って行こうなんて。そんなの『しながら』はいけないでしょって。そういうのはちゃんと『やってから』仕事をしなさいって。」
安藤「それはでもね。全然違うと思いますよ。倍以上の立場から言わせてもらうと、みんな、仕事をして、仕事をする中で、自分を育てるんですよ。仕事でいろんなことに向き合ったりする時に、自分にこんな面があったのかって。自分の嫌な面も見るし、で、自分のいい部分もちょっとわかったりして、また努力して、また新しい自分が出来て・・・。特に中村さんの場合は、自分自身の思いを託していく『歌』っていうことと、自分自身の生き方とか生き様っていうのは、絶対に切り離してはいられないんじゃないかなって。」
中村「あぁ・・・そうですね。」
安藤「うん。切り離したら不自然ですよ。」
中村「そうですよね。不自然なことを・・・しそうになっていました。」
安藤(笑)
中村「危ないところだったなと思って・・・」
安藤「うん。うん。・・・これからも、恋愛をしたりとか。・・・今もされてます?」
中村「・・・ええ。」
安藤「そりゃそうですよね。好きな人必ずいますよね」
中村「います。」
安藤「失礼いたしました(笑)。
中村「いえいえ(笑)。」
安藤「どういう恋愛が理想ですか?」
中村「どういう恋愛が理想?」
安藤「うん。距離感とか・・・友達でいいよってのは駄目ですよ(笑)。」
中村「あははははは・・・そうですよね。単純に、幸せであれば・・・恋愛でなくても幸せであればいいかと思います。」
安藤「ほらぁ、またそうやって」
中村「あ~ン(笑)。」
安藤「(笑)恋愛でなくてもとかって、ちょっと『おっかながり』で。」
中村「はは・・・」
安藤「それはガンっと行かないと駄目ですよ。いいじゃないですかそれで。当たって砕けちゃっても。」
中村「うん。」
安藤「また、当たればいいんですよ、どっかに。」
中村「そうですね。」
安藤「中村あたるっていう・・・」
中村「中村当たる・・・ほんとだ。ありがとうございます~いけない忘れてた(笑)。」
安藤「ちゃんと当たるんですよ。」
中村「ちゃんと好きだって言うように・・・したいです。」

●「冗談なんかじゃないからネ」(2006年)
→「友達の詩」のカップリング曲。ピアノ弾き語り。

●中村中 1st SINGLE 「汚れた下着」

●中村中 2nd SINGLE 「友達の詩」

中村中公式ホームページ
NEWS!
●10月10日放送の日本テレビ系DRAMA COMPLEX「私が私であるために」で「心は女性だが身体は男性で生まれてきた1人の“女子大生”」が主人公のドラマ放送。
中村中さんがミュージシャン役でドラマに初出演するそうです。

関連記事
中村中(あたる)の歌世界。出会えたことにありがとう。
FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

中村中(あたる)の歌世界。出会えたことにありがとう。


憧れだった人とはじめて会った日。
その人は、彼女の歌に心酔していた。
僕はただ彼を見ながら
「そうなんだ」と思うだけだった。

「好きなもののこと」を他人に伝えるのは難しい。
思いが強すぎると、なぜだろう・・・
他人が介入する隙が無くなってしまうことがある。

独りの時。
改めてふと、彼女の歌に触れてみた。
素直に聴いたら、
わかった。
彼が心酔するわけが。
彼があんなにこの曲に惚れ込み、全身で感応して歌っていたわけが。

    触れるまでもなく先のことが見えてしまうなんて
    そんなつまらない恋をずいぶん続けてきたね


歌い出しの詞からすぐに
僕も捕まった。
そしてそのまま
彼女の作り出す歌世界の住人になった。
いや、すでに住人だったのかもしれない。
抜け出したくても抜け出せなかったあの頃の焦燥。
抜け出したいと思うことすら億劫で逃げていた日々。
ひたすら笑顔を作ってばかりで「とりあえず」やり過ごし
真の自分に向き合わなかった日々。

彼女の歌声は呼び覚ます。
あの頃の苦い記憶を呼び覚ます。
突き刺さってくるイメージと付き合いながら気が付いた。
ひょっとしたら僕は今でも
「あの頃の自分」を受け入れることから
逃げたがっているのではないかと。

彼女の歌は不思議なことに
やさしい音色でそんな僕の弱さを
大きくやさしく包み込んだ。
これから新たなイメージを
描き出す勇気を与えてくれた。

出会えたことにありがとう。
出会わせてくれた人にありがとう。


中村中「友達の詩」

中村中 公式ホームページ→「友達の詩」の試聴もできます。
NEWS!
●本日9月29日23:30~フジテレビ系「僕らの音楽」に中村中さん出演。安藤優子さんと「性同一性障害」のことなどをトーク。歌も披露するようです。→こちらに文字起こしあり。
FC2 同性愛Blog Ranking

レインボーマーチ札幌体験記007●それぞれの目



 ちょっと先回りして市街地の喧騒の中から、パレードが来るのを待ち構えてみました。日常的な札幌の休日の大通りに、この集団がどんな「非日常」を持ち込むことになるのか。出来るだけ通行人の視点から感じてみたかったのです。でも後から考えてみたら、実は僕も参加者たちと同じように風船を身に付けていたので、おもいっきり「非日常」をもたらす存在の一員だったわけですがね。(←「あたま隠して尻隠さず」笑)。



 エッジの部分で何が起こるのか。先導車が存在を告げたときに、まず「どんな表情」「どんな反応」が起こるのか。やはり一番の関心は、そこにあります。

 「私たちは誇り高きレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーです。学校や職場など、あなたの隣に私たちは生きています。特別な存在ではありません。」
 尾辻かな子さんたちが拡声器で呼びかけることによって、LGBTの隊列だということを知る人たち。人それぞれ、様々な反応でパレードの隊列を見つめます。その表情がなんとも言えず、スリリング&エキサイティング&ドラマティックっ!



















 ふと見上げると、ビルの高い窓から覗き込む人たちもたくさんいました。地上の喧騒を見つめる目が穏やかなのが印象的です。なにを語り合っているんでしょうね。


FC2 同性愛Blog Ranking

関西レインボーパレード誕生記001●とりあえず参加宣言

 思いが強い時。
 その時に行動しなければ、二度と同じ思いを感じる瞬間は訪れないもの。

 大人になるにつれて人は「動かない理由」を作って行動力を失いがちなものだけど、僕はまだそこまで「大人」ではないという自己認識のもとに生きています。(←つまり「幼い」ってことかも~。爆)

 しかし・・・これまでの人生30数年分を振り返ってみると、「いつかやろう」「そのうち出来るさ」そう思って先延ばしにして実現できなかったことの、なんと多いことか(笑)。いやだなぁ~結構「若大人」だったんだなぁ・・・。

 これ以上つまらん大人にはなりたくない。いつまでもフットワークの軽さを失いたくない。なんだか今、そんなエネルギーで自分が満たされていて抑えが利かないので・・・とりあえず行動します。つまり10月22日。関西で生まれる新しいレインボーパレードに参加します。

 今年の東京のパレードに参加して触発されたという発起人の方。呼びかけに賛同して集まった共同代表の方々。その勢いは素晴らしいし、思いの強さが気持ちいい。立ち上げの初々しいエネルギーと、なにが起こるかわからない未知の可能性と、その裏にある未熟さをも含めて、ぜひ僕も共有したいのです。

 すでに歴史的な蓄積がある東京や札幌のパレードと比べたら体制自体を「ゼロから」立ち上げるわけですから、別の意味での苦労がたくさんあると思います。しかも皆さん自分の日常生活も抱えながらの活動でしょうしね。あぁ・・・せめてこの1ヶ月だけでも仕事放り出して大阪に移住したい~(←こらっ!)。さすがにそこまでやると早々に燃え尽きてしまいそうで危険なのでセーブして(笑)、東京在住者でも出来る関わり方で、僕は関わらせていただきます。関係者の方々、そして参加を考えている方々。どうぞよろしくおねがいします。

→「関西レインボーパレード2006」公式サイトはこちら。
→「関西レインボーパレード2006」公式ブログはこちら。

FC2 同性愛Blog Ranking

直井里予「Yesterday Today Tomorrow ~昨日 今日 そして明日へ・・・」●MOVIEレビュー

 言葉には限界がある。つくづくそう思う。

 この映画の登場人物たちは「HIV感染者」である。
「HIV感染者」
・・・この言葉に接したとき多くの人は、ただそれだけで「自分との距離」を感じやすい。旧来の固定観念やメディアから与えられただけのイメージに当てはめ容易に「差別」し、彼らを「一人の人」として想像しなくなったりする。

 こうした他者への想像力の貧困・正しい知識に基づく思考能力の欠如は、やがて人と人との間に壁を作る。これまで数多くの悲劇を人類にもたらしてきた原因は、その壁だ。為政者たちは僕らがいつの間にか設けてしまう壁の機能に付けこみ、言葉を巧みに操り相互不信を煽ることで数々の争いを扇動したりもしてきた。映画も、その歴史においてプロパガンダの「道具」として積極的に利用され、争いを煽ってきた苦い歴史がある。そして今でも・・・多くの映画が、そんな「道具」の一つに堕してしまっていると言っていい。

 しかしこの映画は違う。真の「映画の魅力」に満ちている。「言葉」では到達出来ない、映像ならではの豊かな魅力で溢れている。その違いはなんなのか。

 生きるのが上手な人たち

 まず、はじめの場面から魅了される。若い男女が農作業をしながらおだやかな表情で柔らかく微笑みかけてくる。カメラマンに向けられたはずのその表情は、映画館の暗闇から緊張しながらスクリーンを見つめる観客の心にも、いつの間にか爽やかであたたかい風を届けてくれる。

 その男女はタイに住むHIV感染者。免疫力が低下し薬を飲み続けながらの生活なのだが、この映画ではそうした側面をことさらに強調することはない。彼らが明るく過ごす日常に寄り添いながら、一刻一刻を一緒に感じ、生活の実感を丁寧に静かに切り取って行く。

 畑で農作業に精を出したり、魚や蛙を売って歩いたり。木の実を取って食べたり。生業の中にある文化の深みに敬意を示しながら、日本人である女性監督は撮影を通して彼らと親交を深めて行く。彼らの暮らしを見つめる透明な眼差しは、どこまでも素直だ。素直に見つめるからこそ、何でもない瞬間の中に潜む、たおやかな生の輝きをそのままに、映像表現として昇華することが出来たのだ。

 互いへの思いやり。決して争わずに調和する精神。

 彼らは「生きる」ということの本当の楽しみ方を知っているかのようだ。タイの田舎町独特のゆるやかな時間の流れ。生きていることの悦びをゆったりと感じている彼らの日常は、ただそれだけで「詩」なのである。

 力強く告発するよりも。観客を安っぽい言葉で啓蒙するよりも。
 もっと深い部分で共振し共鳴できる映画のあり方。
 押し付けない表現。
 押し付けないということの「本当の強さ」。

 映像とは、こんな風に使われるためにこそある。


「 Yesterday Today Tomorrow ~昨日 今日 そして明日へ・・・」
(日本・タイ/2005/90分/カラー)
監督・撮影・編集:直井里予
製作:アジアプレス・インターナショナル
主催:シネマトリックス
公式サイト
「ドキュメンタリー・ドリーム・ショー山形in東京2006」にて上映。
(すでに、この作品の上映は終了)
質疑応答での監督の発言はこちら。
自主上映会申し込み受付中。
FC2 同性愛Blog Ranking

NEWS!大阪で9/29に上映あり。
◆大阪 吹田市勤労者会館
吹田市昭和町12-1 TEL:06-6382-9121
入場料金:500円(一般可・申込不要)

【上映日程】
9/29 (金) 1回目 14:00-15:30(監督トーク 15:40-16:10)
       2回目 19:00-20:30(監督トーク 18:30-19:00)

【主催/お問い合わせ先】
記録映画「昨 日今日そして明日へ…」上映実行委員会
(代表 尾浦芙久子)E-mail:fukukooura@sutv.zaq.ne.jp

HOME | NEXT »

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。