フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2006-01
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロークバック・マウンテンで見る世界002●日本ではPG-12指定で中国では上映禁止

オーストラリアに在住のnicoさんの この記事によると、シドニーでは先週から公開が開始されたという映画「ブロークバック・マウンテン」。
日本での公開時にはPG-12指定(12歳未満の観賞は成人保護者の同伴が必要)に決定したそうです。
FLIX Movie Site『ブロークバック・マウンテン』、日本の年齢制限に監督バンザイ

日本の映倫審査のいいかげんさと権威主義は非常に悪名高いものですし、そもそも芸術表現の「刺激度」は鑑賞する個人の判断に委ねるべきものであって他人が格付けするだなんておせっかいだと僕は思います。
しかし映画制作者たちはたくましく対応し、今では「R指定」をされるとかえって刺激的な映画であるという「宣伝文句」にも利用しているほどです。
今回の指定がなにを基準にしたものかはわかりませんが、アメリカのR指定 (17歳以下の鑑賞には保護者の同伴が必要)よりはずっとマシではあります。高校生でも保護者がいないと見られないなんて、アメリカって「自由の国」だと事あるごとに政府が喧伝しているわりには、けっこう堅いんですね。

もっとお堅いのが中国の対応。なんと公開禁止だというから徹底しています。→ 山陰中央日報
「テーマが敏感」だという理由で13億人もの人が映画館で観るチャンスから遠ざかってしまうのはとても残念です。
この映画を国がどのように扱い、どの程度ヒットするのかを見てみると、現在のその国における「LGBT」の認知度・許容度・過ごしやすさが浮かび上がるバロメーターともなりそうですね。
この映画のおかげで今年の前半は世界中で「文化的成熟度チェック」が出来そうです。

関連記事
アン・リー「ブロークバック・マウンテン」●MOVIEレビュー
「ブロークバック・マウンテンで見る世界」最新記事はこちら
DVD「ブロークバック・マウンテン」
FC2 同性愛Blog Ranking


☆記事掲載後、コメント欄にアメリカの「R指定」について正しい情報を寄せていただいたため、上記記事を一部改定しました。リンク先の「FLIX Movie Site」の記述が間違っているのでご注意ください。アメリカのR指定は「17歳以下は観賞不可」ではなく、「17歳以下の鑑賞には保護者の同伴が必要」が正しい規定となっています。
教えていただきありがとうございました~。
スポンサーサイト

サザン・モリス「ジョージ・マイケル~素顔の告白~」●MOVIEレビュー

この人・・・面白すぎ(笑)

僕はあまり(というか全然)洋楽に興味を持たずに育ったので、正直言ってこの人のことをあまり知らなかった(笑)。
なぜ観に行ったかといえば雑誌「yes」での紹介記事がきっかけ。これがまたこの雑誌ならではの微妙な書き方で笑えるのだが、2ページに渡って書かれた映画紹介のどこにも「ゲイ」の文字がない(笑)。しかし文章は明らかに彼がゲイであることをほのめかしている。そして、映画の中で彼が「セクシャリティについて語っている」とは書いてある。そこまで神経質にしなくても(笑)。なんたって「素顔の告白」なのだから・・・やっぱそこんところは同士として気になるところ。

僕がそれまで知っていたジョージ・マイケルといえば、彼が以前所属していたワム!の名前を知っていた程度。
ワム!と言えばなんと言っても「ラストクリスマス」。
工藤静香主演映画「未来の想い出~Last Christmas」(森田芳光監督)の主題歌としても有名。(←そうか?笑。)
このグループはどうやら80年代の前半にMTVの勃興とともに人気を博し、世界を席巻したアイドル・グループのハシりだったらしい。リアルタイムでは全然知らなかった。

この映画では、その頃の映像もふんだんに織り込みながらジョージ・マイケル本人がとにかく喋る喋る喋りまくる(笑)。カメラの前で赤裸々に人生を振り返る現在の彼の生き生きとした「弾けっぷり」と露出っぷりが最高に魅力的だった。よっぽど今まで、世間に対して話したいことが溜まりまくっていたのだろうと思う。

しかも自らの半生がドキュメンタリー映画化されることへの喜びと高揚感に満たされ、子どものようにウキウキしている彼の気持ちが伝わってくる。そして、彼の破天荒な生き方を知るほどに、いつの間にか彼のファンにさせられてしまう強度と魔力を持った、ある意味キケンな映画だと言えるかも。

出演は他にゲイ仲間のエルトン・ジョンやボーイ・ジョージ、そしてスティングやマライア・キャリーなど錚々たる顔ぶれ。友人として、音楽仲間として、ライバルとして彼のことを褒めたりけなしたり・・・批判的な意見も含めて率直な言葉がそのまま使われているからとても面白い。この種の映画にありがちな「礼賛一辺倒」にはならず、全体的にユーモアと諧謔にも溢れているので本当に楽しい時間だった。
●2/3までBukamuraル・シネマで公開。その他大都市で公開中●公式サイト

純粋さが招く波乱万丈

彼はとにかく多面体である。歌唱力や曲作りの才能に恵まれ、ルックスも良く、セルフ・プロデューサーとしても際立った業績を残してきた。しかしその道のりは一直線で順風万帆だったわけではない。
ワム!解散後しばらくはソロとしてヒットを連発し、1988年には世界中で驚異的なセールスを記録したのも束の間、90年代には所属レコード会社ソニーと契約でもめ、アメリカ市場から追い出される。しかもそうしたトラブルの原因はほぼ、彼の「純粋な」性格が引き起こしていることがわかる。基本的に芸術家気質なのだ、この人は。

トップスターとしての曲がり角にあった頃、彼は恋人と運命的な出会いをする。そして急速に「ゲイ」としての人生に目覚め、彼の「裏人生=本当の人生」がスタートするのだ。この映画ではこの部分の証言がやはりいちばん面白い。

絶望が人生と歌を結びつけた

彼は最初の恋人に、なんと「一目惚れ」している。しかもブラジルで16万人を動員したライブでステージ右手の前の方にいた美男子に(笑)。ライブ中にステージから客席にいる彼が視線に入り、気になって仕方がなかったらしい。どうやら彼の方からアプローチをかけて交際が始まった。
しかし時代は90年代前半。恋人はHIVに感染していた。当時はまだ世界的にエイズへの予防意識が低かったため、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーを始めとしてゲイの多くが命を落とした。そして彼の恋人も例外ではなかった。

病気について恋人から告白されたときの絶望。しかし恋人との残りの数年間は、二人で努力して幸せな時間を作ったという。そして、別れ。

絶望のあまり歌手活動ができなくなってしまう彼は、しばらく喪に服した後、1995年に鎮魂歌である「Jesus To A Child」を作ったことで創作へのエネルギーが再燃する。
この曲は公式には、亡くなった「親友」への鎮魂歌だとして発表される。(しかし、歌詞を見ると恋人への濃厚な愛を歌っていることは誰が見ても明らかなのだが。)
そもそも彼がゲイであることは1998年まで公表されなかった。当時はまだ、ゲイを公表すること=スキャンダル=スターとしての地位喪失を意味していた。

やがて、スパで新しい恋人(現在のパートナー)に出会って立ち直るのだが、今度は母親が急死する。またもや絶望に暮れて歌手活動を休止。・・・なんてピュアなんだろう。そして、そんな情緒不安定な時期に、かの有名な「トイレ事件」が発生する。

トイレから世界にカミングアウト(笑)

1998年.彼はロサンゼルスの自宅付近の「公衆トイレ」にふらふらと入り逮捕される。そこはゲイが集まることで有名な「ハッテントイレ」だったらしく、警察の「おとり捜査」に引っかかってしまったのだ。この事実は容赦なく世界中に報道され、ゲイであることを結果的にカミングアウトさせられた。
その後の彼は開き直り、自分のそんな行状をパロディー化した新曲を発売。なんとPVの中には警官同士がトイレでキスをするシーンを登場させた。

イラク攻撃批判で袋叩きに

ゲイをカミングアウトしたことで吹っ切れたのか、以降の彼は「高尚なアーティスト・イメージ」にこだわらずにやりたいことをやり始めた。
イギリス政府がイラクに派兵した時には政治的な発言も積極的に行い、ブッシュとブレアを痛烈に批判した新曲「シュート・ザ・ドック」を発表。メディアに盛んに出演して派兵中止を主張した。
しかし大手メディアからは批判の嵐。「ポップ・スターは黙ってろ」と批判され、「卑怯者」「トイレで性行為してろ」などの同性愛嫌悪の嵐も再燃して窮地に陥る。そしてますます、アメリカ市場からは追い出されてしまうのだった。

この時期の一連の政治的行動について、現在の彼はこう振り返っている。

僕はそこまで病んでいたんだと思う。
一種の症候群だ。肉親との死別というトラウマ的な体験で。

英国民が気づくために少しでも役立てたならいい。トニー・ブレアは雄弁家であって、完全に矛盾しているんだ。頭の中と、口から出る言葉が。でも実際のところ、情勢は変わらない。失望したよ。最近、ニュースも見てないんだ。

基本的に、万人から受け入れられることを目指すポップ・スターが国論を二分する問題において政治的な発言をすることには大きなリスクが伴う。しかし彼にとっては、自分に貼られるそんな「レッテル」など、どうでもよくなって来たのだろう。この映画もそうした流れの一貫なのかもしれない。

絶妙のパートナーが支える現在の充実

最新アルバムのプロモーションで彼は、「マスコミ嫌い」で「販促活動も大嫌い」だった従来のスタイルやこだわりをかなぐり捨て、積極的にテレビやラジオに出演し、握手会もして販促活動に飛び回った。
ものすごく生き生きとした顔で精力的に動き回る姿には、スターとしての気取りが全くない。いわば少年のような無邪気さで、現在のパートナーを引き連れ仕事をこなす様子が映画に収録されている。

このパートナーの男性は映画の中でも度々登場して彼について発言するのだが、なかなかしっかりした性格らしく、風雲児ジョージ・マイケルとの絶妙のコンビぶりが伝わってきて微笑ましい。現在の活動の充実ぶりに、もっとも貢献している人なのだと思う。

ジョージ・マイケルは昨年12月、映画公開時のプロモーションで来日した際、パートナー同伴で日本のマスコミの前に現れた。あまりにもオープンに「ハンサムだろ。嫉妬(しっと)していいよ」と振舞ったため、日本のマスコミにちょっとしたショックも与えていた。→参照
たぶん、そのキャリアにおいて今がいちばん人間的に充実している現在のジョージ・マイケル。過去のどの映像の中の彼よりも「今」の顔がいちばん若々しくてカッコいい。そこがすごい。

FC2 同性愛Blog Ranking

イ・チャンドン「オアシス」●MOVIEレビュー

刑務所帰りの男が一人、自宅へ戻ろうとする。しかし家族は転居していた。要するに彼の帰宅は歓迎されていないのだ。
男はわざと無銭飲食をして警察に捕まり、保護者として家族は呼び出される。そんな奇妙な場面からこの映画は始まる。

「ペパーミント・キャンディー」のイ・チャンドン監督と俳優ソル・ギョングが次に挑んだのは「社会的に排斥されがちな者同士の恋」だった。
我々の常識を根底から徹底的に揺さぶろうとする野心と、社会風刺的な視線。そして鋭いユーモア感覚は前作よりもさらにパワーアップし、韓国社会の有り様に対して強烈なパンチを喰らわせている。いや~、この監督は本当にスゴイ。本物の芸術家だ。

兄の罪をかぶり、刑務所へ

ソル・ギョングが演じた主人公は、世間ではいわゆる「ちょっと頭が足りない」「知恵遅れ」と揶揄されるタイプの人。自分の欲望を抑えることができず、衝動的な行動をしてしまう。物事の計画性というものを持てない。兄からは「大人になれ」と叱られ続け、弟からは「僕の人生を壊さないで」と非難され、母親からは「息子ではない」と排斥される。それでも彼は、他に行くあてもないので家族と一緒に暮らしはじめる。
彼は表面上はいつも夢見心地で生きている(ように見える)ので「打算」があるように感じさせない。そのため他人から利用もされてしまう。なんと兄弟からも。
怖ろしいことに、映画の冒頭で刑務所帰りである理由は、実は兄が起こした交通死亡事故の罪を被り、代わりに刑務所に入ってあげていたのだ。「俺はどうせ前科があるし、兄さんは家族もあるし。」と、事故の直後に彼が機転を利かせて自ら罪を被ってあげたのだ。

被害者宅での運命的な出会い

そんな主人公はある日、花束を持ってある市民住宅を訪ねる。そこはなんと一年前に兄がひき殺した男性の家族が住むところ。ドアを開けるとそこには、重度の身心障害を抱える女性が暮らしていた。(たぶん事故の怪我によるものだと思われる。)
そして・・・あろうことか彼は彼女に恋をしたっ!
この先はぜひ映画を見て欲しいので書かないのだが・・・二人はついにはセックスまでしちゃうのだっ!(←書いちゃった。笑)。このことを「ありえね~っ」と思うかどうか。この映画を見てから判断してください。

価値の転換

彼ら二人のような「はみ出し者」を人間としては見ず、「排斥する」ことで秩序を保つ現代社会。そして「家族の名誉」という表面的な部分のみを取り繕うことが最優先される欺瞞性を徹底的に暴きだす監督の手腕は見事。

しかし、こうしたテーマを扱う作品にありがちな「啓蒙性」の押し付けがましさや嘘臭さは、この映画には全くない。なぜなら、誰も「聖人」は出てこないからだ。主人公もヒロインも、ずるい所もあれば嫌な面もある。衝動の赴くままに欲望をむき出しにする瞬間もある。ごく当たり前の、聖も俗も併せ持った存在としてちゃんと描かれているから人間描写として深いのだ。なおかつエンターテインメントとしても成り立っている。見ていて楽しいしドキドキ出来るのだ。これはイ・チャンドン監督ならではの絶妙なバランス感覚なのだろう。彼は「他者に開いて行く」ことを自己の哲学として大切にしているのだろうと思う。

演技が見事っ!

この映画の主人公とヒロインは、実は「ペパーミント・キャンディー」で初恋の恋人同士を演じたコンビ。そのイメージのあまりにも強烈な変貌ぶりには圧倒されるものがある。主人公の「能天気な男」を演じたソル・ギョングの変身ぶりもすごいが、「重度の障害」を抱える女性を全編に渡って演じ続けた女優ムン・ソリは本当にすごい!。顔を歪ませ手を反らせ、身体を硬直させながら全身を使って声を絞り出す。彼女の登場シーンでは正直、「嫌悪感」に近いものを感じた。あまりにも徹底しているので直視するのが憚られる感覚に襲われるからだ。しかし、映画を見続けると、そんなことを感じた自分の「美醜意識」も見事に反転させられる。

正常と異常

「障害者」だとか「反社会的人間」というレッテルは、見方を変えたり視点を変えれば本来的には誰に対しても当てはまるものだと思う。だからこそ、表面上わかりやすい形で表出している人たちのことを「異常者」だと簡単に排斥してはならない。誰もが聖と俗、様々なものを共存させて生きている当たり前の人間なのだ。

他人を「異常」だと言って偉そうに説教垂れたり啓蒙しようとする方というのは、いつの世にも存在して人気を得やすいものなのだが、本当に本人は「正常」なのか。「正常」な部分のみで出来ている「聖人」なのか・・・。
自分のことを「正常」だと言い切って善人ヅラする人間ほど異常な奴はいない。本当にそう思う。

FC2 同性愛Blog Ranking


DVD発売中
イ・チャンドン著「オアシス ヴィレッジブックス」発売中

イ・チャンドン「ペパーミント・キャンディー」●MOVIEレビュー

人生をさかのぼる列車に乗って

妻子と別れた。会社も解雇された。今では河原でホームレスとしての生活。いわゆる「社会から落ちこぼれて」しまった主人公ヨンホ。
ピストルを手に入れ自殺しようとするものの、やはり出来ない。だったら自分の人生を狂わせた裏切り者を殺してから死のうとするが、それも出来ない。

そこへ、見知らぬ中年男が訪ねてくる。ヨンホの初恋相手であるユン・スニムの現在の旦那。なんとユン・スニムが事故で瀕死の状態になり、ヨンホにしきりに会いたがっているという。病院に駆けつける途中でヨンホは「ペパーミント・キャンディー(はっか飴)」を買う。かつて軍隊にいた時、手紙と一緒にいつも一粒ずつ彼女が入れてくれた飴。せめて、叶わなかった恋の思い出話でもしようかと思ったのだが、時すでに遅し。彼女の意識は戻らなかった。

ペパーミント・キャンディーという「物」から連想され、過去の記憶が次々と呼び覚まされる、いわば「記憶の旅」。過去へ過去へと掘り進む過程に浮かび上がるのは、すぐに情緒不安定で暴力的になり、人間関係を壊してきてしまったヨンホの哀しい道のり。彼はいつからそんな性質を持つようになってしまったのか。

特に刑事として民主化運動をする学生たちを弾圧して取り調べる際に、彼の暴力性は遺憾なく発揮される。他人に暴力を振るうとき、間違いなくそれは自分の痛みとしても蓄積される。なぜそんなことを繰り返してしまうのか。

記憶を辿ったその先に出現した過去は、彼をこの世に踏みとどまらせることの不可能性を物語っていた。

最近「ウォンビン兵役報道に思う」という記事を書いた時にこの映画を思い出し、グッドタイミングで新文芸坐での上映があったので、5年ぶりにスクリーンで再見した。

5年前には感激のあまり2回見たので今回で3回目になるのだが、やはりよく出来ている。
特に、何度も挟み込まれる印象的な線路の風景は、韓国の牧歌的な田園風景を美しく映し出しながら実は「逆廻し」であり、この映画全体を象徴する秀逸なイメージショットになっている。このイメージの持つものすごい吸引力で、一気に映画の世界に引き込まれるのだ。映画は、一つでもいいから「その映画全体を象徴する画」を獲得した時に、間違いなく成功する。

未来から過去へと時系列を逆に辿る構成であるため、一度見ただけでは細部が繋がりにくい部分がある。だからこそ何度も見たくなるし、見るたびに主人公の心の闇への理解が増す。なにより、映画では説明されないその「本当の原因」について、観客の自発的な思考を促す節度を保っているところがいい。
主演俳優ソル・ギョングの繊細かつ大胆な演技と、イ・チャンドン監督の中に静かに燻る韓国という国の持つ偽善的側面への反逆精神が呼応し合い、奇跡的な成果を上げた。このコンビで3年後に制作された「オアシス」も、さらに過激に進化した素晴らしい映画だった。
長年いがみ合ってきた日韓の最初の文化的共同事業が、こんなに素晴らしい映画だったという原点を忘れてはならないと思う。
FC2 同性愛Blog Ranking

DVD発売中

映画「ペパーミント・キャンディー」新文芸坐で26日上映

「ウォンビン兵役報道に思う」で紹介した映画「ペパーミント・キャンディー」が、池袋の新・文芸坐での特集上映「“韓流”シネマコレクション2006」で26日(木)に上映されます。僕はかつてこの映画を見て、とてもショッキングで深い感銘を受けました。とても大好きな映画なので、パンフレットを引っ張り出して再読してみました。

この映画は、日本と韓国が共同で文化事業に取り組んだ最初の映画だったらしいです。1999年にNHKと韓国のイースト・フィルム・プロダクションが共同製作。当時としては画期的なことでした。
2000年1月1日にソウルの少数の映画館で封切られるや口コミで評判が広がり、一気に上映館が広がったそうです。何度でもこの映画を見ようという「リピート運動」まで展開され、カンヌ国際映画祭、モントリオール世界映画祭などの映画祭でも高く評価されました。

物語は40歳の男が人生に絶望し、自殺をしようとするところからはじまります。そして彼の人生を少しずつ遡りながら、結果的に韓国の現代史の闇が浮かび上がる構造になっています。映像表現としても美しく、物語としての娯楽性にも秀でた稀有な映画です。
監督のイ・チャンドン氏の言葉を紹介します。

あの映画では個人だけを描いたというよりも、韓国社会の20年間も描いたと言えます。映画のスタート地点は、1979年で(主人公の)ヨンホは20才です。韓国という国も青年時代でした。(中略)あの時代は貧しかったけれども希望があった。20才のヨンホがカメラマンになりたいという希望を抱いていたようにね。それから自己への裏切り、自己否定の時代、夢や理想を忘却していく時代になったのです。

「ウォンビン兵役報道に思う」でも触れましたが、映画の主人公ヨンホは光州事件の時、たまたま軍隊に徴兵されていたために同世代の若者たちを「弾圧する側」に立たされトラウマを負います。その後は刑事となって労働組合員を拷問する立場になり、やがては実業界で成功を修めるのですが・・・彼の人生からは大切なものがどんどん欠けて行くのです。

光州事件が起きた1980年5月、私は25才でしたが、当時の大学生は民主化運動の真っ只中で、光州のことは噂で伝わってきていました。全斗煥 の新軍部がその後の政権を握って、私は絶望しました。ああいった政権が生まれて支持されるという社会システム、人に対する不信感。純粋な自分には理解することができないほどの絶望感でした。そして、この絶望感が、のちの私の人生を支配することになるだろうと思いました。

(光州事件に関しては)報道規制がなされたため詳細は報道されませんでした。事件の真相は詳しく知らされていません。今回の撮影でも光州の場面が一番苦労しましたね。国防省の許可がとれなくて物理的な面で苦労しました。(中略)現在の韓国は民主化の時代と言っても、やはり光州のことは軍の恥部なので、協力を得ることはできませんでした。

なおこの映画は、当時まだ無名だった俳優のソル・ギョングさんを一躍有名にした作品としても知られています。彼はこの映画での演技力が高く評価され、その後「シルミド」「燃ゆる月」などに出演。3月には「力道山」の公開が控えており、カメレオン俳優と呼ばれるほどに役によってガラッと印象を変えることの出来る名優です。
2002年に彼は再びイ・チャンドン監督作品「オアシス」に出演。26日の文芸坐ではこの二作が二本立てで上映されます。興味のある方はぜひ。
●上映時間
「ペパーミント・キャンディー」
・・・12:45/5:45
「オアシス」
・・・10:20/3:20/8:15(終映10:30)
FC2 同性愛Blog Ranking


☆関連記事・・・イ・チャンドン「ペパーミント・キャンディー」●MOVIEレビュー

HOME | NEXT »

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。