fc2ブログ

フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

メゾン・ド・ヒミコで未知との遭遇001●これって・・・事件!?

先日、ミニシアター系で公開中の「メゾン・ド・ヒミコ」に行きました。なんでもゲイの老人ホームが描かれている映画らしいのですが・・・。
ふ~ん。

おっ、柴咲コウが出てる。
僕は彼女の不敵な目と、さばさばしたキャラクターがわりと好き。
それに・・・ななな、なんと舞踏家の田中泯が出てるではないか。なにぃぃ~っ!

田中泯と言えば舞踏界のカリスマ。映画に出てるとは!

かつて彼の舞台を見たことがありますが、舞台に置かれた巨大な鏡と格闘するように不思議な舞踏を繰り広げ、しまいには全裸になってしまうというショッキングなものでした・・・。終演後の場内は嵐のような拍手喝采。熱狂的なファンがたくさんいることは伝わってきたのですが、その頃の僕にとっては刺激が強すぎて唖然としたことを憶えています。
そんな彼が映画出演!?、しかも台詞喋るの?・・・いろんな意味で期待が高まったので、見に行くことにしました。
(注:田中泯氏はこの映画以前にも「たそがれ清兵衛」に出演し、日本アカデミー賞の助演男優賞を受賞してたりしたんですね・・・ノーマークでした。笑)

観客層は若い女の子か
・・・ゲイのカップル(笑)


主演が今をときめく二人だからか、開場前のロビーは若い女の子で溢れかえっていて、ちょっと浮き足立った雰囲気。

ちょうどオダギリ氏主演の松竹映画「SHINOBI」が封切られたばかりでもあり、宣伝のために彼のメディア露出が増えていることも原因なのかも。
ちなみに「メゾン~」は今後、全国各地のミニシアター系で拡大公開もされるらしい。しかもスポンサーに日本テレビが付いているということは、テレビで来年あたり放映されることも確実。

ふ~ん。それは喜ばしいことなのだけど・・・ちょっと待て。
オダギリ氏目当てでこの映画を見に来た彼女達が、本当にこれを見るんだよね・・・。
「ゲイの老人ホーム」が描かれた映画を。
それって・・・

考えてみたらすごいことかもしれない

僕のようにゲイである者にとっては、この映画でのゲイ描写は割とありふれた身近なこととして笑って見ていられました。もちろん細かく見て行けば反発する所もあるし違和感を覚える部分もあるけれど、全体的には細かく丁寧に描かれていると言えます。

ところが彼女達の多くは、今までの人生においてゲイのことなど「未知の領域」であった人が大多数だろうし、テレビタレント以外には見たことも考えたこともなかったことかもしれません。

なぜなら、社会の中でゲイというのは必ず一定の割合で存在しているにも関わらず、僕も含めて日常生活では周囲に気づかれないように細心の注意を払いながら生活しているからです。
いるんだけど、いないように振る舞っている我々。
だから出会ってはいるけど、本当の意味では出会ってはいないのです。

この映画がきっかけになって、彼女らはそんな未知の存在を知り、強く意識することになってしまう・・・これはちょっと事件かもしれません。

ボクらにとっても未知との遭遇

この映画、かなりリサーチを積んで考え抜かれた上で作られています。だからこそ、観客の心の深い部分にまで入り込む可能性のある映画であり、動員も伸びるでしょうからかなりの影響力を持ち得る映画なのです。ある意味では世間一般でのゲイのイメージを変化させる可能性もあります。

ど~いうことになるんだろう・・・。

この現象はとても一回のレビューでは語り尽くせそうにないので、連載にしていろんな人と語り合いたくなりました。
この映画のゲイ描写を率直にどう思ったのか、なにを感じたのか純粋に語り合いたいのです。
そして、僕がこの映画を見て思ったこともかなりたくさんあるので、「批判も含めて」細かく書いて行こうと思っています。

トラックバックをいつもより多めに、長期にわたって飛ばそうと思います(笑)。
これをきっかけに出会った人、はじめまして。
かる~い気持ちで構わないので、とりとめもなく喋ってみませんか?

次回は・・・「柴咲コウの目」についてです。

☆最新記事はこちらからご覧ください。

☆この連載では、映画の役名と俳優の芸名のうち、読者がイメージしやすいと思われる呼称を優先的に使用させていただきます。その際に「敬称」は略させていただきますので、ご了承ください。


FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト



リチャード・グラツァー「ハードコア・デイズ」●MOVIEレビュー

渋谷の「シネ・ラ・セット」でゲイ映画が二本立てで上映中だ。
★ネタばれを気にせず、性に関する表現も書いてますのでご覚悟ください。
ゲイポルノ業界のゆるい日常をユーモラスに

レンタルビデオで間違ってゲイポルノを借りてしまった純朴な青年が、禁断の世界を知ってしまう。自分の中に眠っていた性的嗜好に気づき、画面の中のポルノスターに魅せられて、ついにポルノ制作会社に就職してしまう・・・。

このオープニングからすると、あとはめくるめくセクシー場面の連続なのかと思いきや、憧れのスターはストレート(異性愛者)の男であり、ちゃんと彼女がいた。出鼻を挫かれた観客は、それでもそのうち出てくるであろう色っぽい場面を期待しながら、いつの間にか物語の展開に引き込まれて行くことになる・・・小憎らしい映画だ(笑)。

4年前のヒット作。かなりゴージャスな作り

この映画、かなり大掛かりなプロジェクトで予算をかけて、しっかりと作り込まれている。なんでも2001年ベルリン映画祭正式招待、トロント映画祭、サンフランシスコ・ゲイ&レズビアン映画祭で賞をとるなど、「裏ハリウッド映画」として海の向こうではとっくにセンセーショナルを巻き起こした映画らしい。
考えてみたら、日本映画で「ゲイポルノ」をこれだけの規模で性描写もあからさまに描いた作品など見たことがない。ゲイのリアルな描写を商業映画で描くとしたらせいぜい、最近の「メゾン・ド・ヒミコ」が限界だろう。映画におけるゲイ描写について、海外との温度差についても考えさせられた。

業界に巣食う、憎めない人たち

この映画には、ポルノ業界のど~しようもない人々ばかりが出てくるのだが、人物描写がちゃんとしているから皆、憎めない。エンターテインメント業界の内部に渦巻く人間模様は「表」も「裏」も変わりない。そして、勤める人たちの仕事への関わり方は、そこらへんのサラリーマンの日常と大して変わらない。

主人公の健気な「献身」

最初はポルノの出演者としてスカウトされるも、社長から身体の関係を求められたので断る主人公。カメラマンとして勤めはじめることになる。
憧れのポルノスターの絡み合いや射精場面などを自らが撮影できるわけだが、カメラ以外にも現場で妙な役割を任ぜられることになる。ポルノスターの「勃たせ役」である。

スターといえども、そういつでもアソコが元気なわけではない。何時間も続く撮影中、肝心な時に疲れきっていることもある。そこで、主人公の妙な才能が活かされる。男を興奮させて復活させることがとても上手なのだ。
物陰に二人きりで隠れて、大好きなポルノスターを「勃たせる」ことに喜びを得る主人公。しかしスターはゲイではないから自分に手を出してはくれない。スターに「献身」することで満たされようとする彼の健気な思いは、まるで演歌に出てくる「耐える女」のようで、いじらしい(笑)。

使い捨てられるポルノスター

エンタ業界というのは非情である。スターが売れている時には、ちやほやと最上級の扱いをするが、翳りが出始めたらギャラを減らして簡単に使い捨てる。
このポルノスターは麻薬に溺れてしまっていたために、生活が荒れ始める。彼女も水商売で懸命に稼ぐのだが、ある日妊娠が判明してしまう。
刹那的な生き方をしているポルノスターには、自分が父親になるだなんて想像すらできない。ますます生活は荒み、撮影をすっぽかすようになる。
そしてついに解雇される。

逃避行。そして破滅へ

金策に困り果てたスターはついに強盗殺人を犯す。ポルノ業界の社長宅で、社長を殺してしまうのだ。指名手配され行き場を無くし、主人公と逃避行が開始される。
車であちこちの町を点々としながら、主人公とモーテルに泊まった夜。二人の気持ちが通じあう。主人公にとっては、夢のような一夜がついに来る。スターの肉体を我がものに出来たのだ。
ところが明くる朝。
スターは主人公の金銭を盗み、逃亡していた。

人から愛されることでしか自分を認められない「スター」というもの

そもそも容姿の美しさを誇示して「スター」になるような人間ほど、内面はもろく壊れやすいものなのかもしれない。他人から「キャーキャー」言われて、愛されることで自分の存在を実感する。一度その味を覚えてしまうと、若さの喪失とともに薄れ行く人気の翳りを受け入れられない。麻薬と同じようなものなのかもしれない。

華やかさの裏には、底知れない孤独があるものだ。人はなにかと、「幸福」という幻想を他人に被せたがるものだが、そんなものは最初から無いのかもしれない。
そんなことを考えさせられる映画だった。

同時上映の「シュガー」についてはこちら



「ハードコア・デイズ」(THE FLUFFER)
2001年 アメリカ/配給 : S.I.G
監督 : リチャード・グラツァー&ワッシュ・ウエスト
脚本: ワッシュ・ウェスト
撮影: マーク・パットナム
 
出演 : スコット・ガーニィ
マイケル・クーニョ
ロクサーヌ・ディ
ロバート・ウォーデン
デボラ・ハリー
●ハードコア・デイズDVD発売中

FC2 同性愛Blog Ranking

冷たいッスよ

香水つけたっていいじゃないッスか
短髪は一度してみたかったから
ヒゲは似合ってると自分が思うし
タンクトップってけっこう気持ちいいッス

ジムに行くのは習慣
鍛えると調子よくなるから
日焼けマシーンは
やっぱ格好よくありたいからッス

冷たいッスよそんな言い方
「イカニモ」の一言で
オレをわかった気にならないで

イケテルかどうか
気にするのは
そんなに悪いこと?

自分が自分を好きになりたいから
もうボクには戻れないッス、オレ。


相方記事
あのさ~

FC2 同性愛Blog Ranking

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)