FC2ブログ

フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

大学時代、ゲイを演じることになり・・・07

どうしてキスをする必要があるのかというと・・・物語を説明しなければなりません。

僕が演じるのは、平凡な高校生。仲のよい男子と女子の3人組でいつも行動を共にしています。
ある日、男子から恋愛の相談を受けます。その女子に告白したいんだけど手伝ってくれというのです。快く協力することを約束はするのですが・・・その時に気がついてしまうんですね、男子のことが好きだということを。
僕は本心を隠しながら見事に二人の恋のキューピッドを勤め上げるのですが・・・二人が仲良くすればするほど、自分が辛くなって行きます。だんだん元気をなくし生気を失う僕(の役)。高校も休みがちになってしまいます。もう以前のような仲良し3人組ではいられなくなってしまいました。
すると、今度はその男子が、胸騒ぎをはじめます。女子とうまく付き合えるようになったのに、なぜか楽しくなく、気持ちが冷めて行くというのです。僕との関係がおかしくなった途端、男子は気がつきはじめるのです。僕のことも実は気になって仕方がない・・・むしろ好きだということを。
ある日その男子は、学校を休んでいる僕の家に見舞いにやってきます。僕は、男子と女子がその後もうまくやっているかどうかを聞きます。男子は見栄を張り、うまく行っていると嘘をつき「お前も早く彼女つくれよ、俺が見つけてやるからさ~」と言い、帰って行きます。帰りながら嘘を後悔するのですが。
僕は男子が嘘をついているとは知らないので、自分の思いの行き場を失くして、さまよいます。
そしてある日。
フラフラになりながらも登校する途中、男子と女子が並んで歩いているのを見かけます。
男子が僕に気づき「ひさしぶりだな~、こっち来いよ~」と道の反対側から呼んでいます。
言われるがまま、ヤケっぱちになりながらフラフラと道を渡ろうとするのですが・・・そこへちょうどトラックがっ!!
はねられた僕はそこで死ぬことになるのです(笑・・・少女マンガみたい。)

「大丈夫かっ!」と駆け寄る男子。僕を抱きかかえます。
「駄目だと思う・・・」と死を悟った僕。
そして、愛される者に抱かれながら綺麗に死ぬはずだったのですが・・・
ここを、キスシーンに作り変えやがったんです、あの演出家がっ!
(しっかし、ベタベタな物語だな~・・・笑)。

FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト



HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)