FC2ブログ

フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

映画を見るということ/語るということ

自分が今、求めるから見る。

映画体験というのは、人それぞれに違っていい。たくさん見ている人、あまり見ていない人・・・。たとえ同じ映画を見たとしても、その人の積み重ねてきた人生の記憶によって感じ方はバラバラであり、語り方もバラバラであるはずだ。

そこに正解はない。優劣もない。


僕がいちばん嫌なのは、シネフィルによる自閉した映画評論の世界。
専門用語や作品名、監督名などに詳しくなければついて行けないような会話や議論をこぞって展開したがる方々を今までたくさん目にしてきたけど・・・そういうのは「閉じている」ような気がする。

マニアがマニア同士で集まって語り合っても、「自分たちの詳しさ」を自慢し合うことは出来るだろうけど、ただそれだけ。
しかも大抵「○○監督がこの前のシンポジウムで言ってたけど・・・」とか「○○に書いてあったけど・・・」とか誰かの言ってた言葉に詳しいだけ。「それはわかったけど、じゃあお前はどう思うんだよ」と突っ込んで喧嘩になりかけたこともある。そういう知識ばかり詰め込んで理論武装している人たちに限って、実際の行動には移せない。なぜなら「頭でっかち」になると理想ばかりが高くなりすぎてしまい、いざ作品を創る時に自分の行動が追いついていないことに落ち込み、挫折感を味わいやすいからだ。

本当に映画が好きなんだったら、誰にでもわかる言葉で「開いて」語るべきだ。
マニア以外の声を謙虚に聴き、取り入れてこそ新しい世界は開けてくる。
本当にすぐれた評論家や監督は、そうしたことの出来る謙虚さを持った人だと僕は思う。

このことは、映画の世界に限らず、学問など他の分野についても言えることだ。
世の中のあらゆることは、本当はいくらでも簡単な言葉で語れるはず。昔から劇作家や宗教家たちは、文字の読めない人々にそうやって物語を伝えてきているじゃないか。

わざわざ難しい専門用語を好き好んでこねくり回す人って・・・
「簡単な言葉に翻訳する能力がない権威主義者」なんだと思う。

僕は、権威主義者をなによりも憎む。

FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト



HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)