FC2ブログ

フツーに生きてるGAYの日常

やわらかくありたいなぁ。

2005-05
« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校時代、女の子と付き合ってみたものの・・・03

「生理的な拒否反応」というのはどういうことかというと、例えばその女の子と一緒に帰る時に雨が降ってくる。彼女しか傘を持っていなかったので一緒に一つの傘に入る。普通だったら接近できるわけだから「ラッキー」と思うのだろうけど・・・その時の僕は、なんだかムズムズして鳥肌が立った。もちろんそんなことを悟られたら失礼だから懸命に、駅までの道すがら「相合傘の恋人同士」を演じたけど。(あ~、失礼すぎて当時の自分に腹が立つッ!)
そんな調子で、いつも懸命に演じているものだから自分が疲れちゃって、毎日その子から電話してくれるんだけど、だんだんそっけない態度をとるようになってしまった。「別れ」を切り出す勇気すらない小心者だから、相手に決断をさせようとしてしまっていたのかもしれない。(そこまで意識はしてないけど、本音では。)なんてヒドイ奴。

FC2 同性愛Blog Ranking
スポンサーサイト

性教育・・・された記憶がない。02

どうして「性」には「悪いこと」という印象がつきまとうのだろう。
前回の文章に関するコメントをもらってからも、なんだかこのことを考え続けたくなった。
人はこの世に生まれてきた以上、必ず「男」か「女」かの「性」を持っている。精神的な面は別にして、肉体的には。
僕の場合は思春期の成長過程で自分が他の人と違うんだと自覚してからは、自分がそのどちらにも属さないような不安に駆られたことがあった。男としてアソコは人並みに成長しているのに、どうも「男」が「女」に感じるという感覚がわからない。男友達とHな話をしてみても、どうも嘘っぽい(だって嘘だもん・・・笑)。だから余計に、両親や友達と性について話すことを避けがちだったのかもしれないなぁ。だって、性の話に踏み込むと自分でも深く考えたくないことに触れることになるわけだし。傷つきたくなくて逃げてたのかも。
今日わかってしまったこと。「性」を悪いこととしてタブー視する人たちと同じような精神構造を、僕も持って成長してきたのだということ。・・・人のせいにするのはやめましょうってことですね。(自爆っ!!)。
・・・とりとめもなくなりそうだけど、しばらくはこのことについて、思いついたことを書いてみようと思う。ある程度吐き出してしまった後に、なにかが見えてくるのかもしれない。

FC2 同性愛Blog Ranking

HOME |

無料ホームページ ブログ(blog)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。